捨身養蜂の図録

外で作業をしていると、小用を外でこなさねばならないことがありますが、私は定位置を決めてやってます。
昨日、また小用をこなそうと、ふと定位置を見れば、ハエ?アブ? いやいやミツバチなのであります、それが一生懸命、湿ったところにくらえついているではありませんか。私が近づこうが、一物を取り出そうが、いっこうに見向きもしてくれません。その彼にひっかけまいと、少し外してポタポタやったのですが、彼は一心不乱でありました。はて。
しばらくして後、見ますと、4,5匹いて、チューチューやってるではありませんか。
ああ、ミツバチですから、巣に戻って仲間を連れてきたんでしょう。
ミツバチ3匹一心不乱吸引の図
P1010002.jpg
今の時期、ツツジなどの花があちこち咲いていて、行く場所に事欠かないと思うのですが、よりによって私の分泌品をお選びということで、例によって私の謎解きとなるわけですが、
答その一
最近のミツバチは、蜜を採らずに、尿素を採る、もしくは塩分やミネラルを採るようになった。
  ⇒本能の動作間違いを起こしているなら、ミツバチ激減の原因になっているかもしれない
答その二
私の分泌品の中に、ローヤルゼリー、プロポリスもしくは同等以上品が含まれていて、手っ取り早いのでここで摂取している。
  ⇒若返りの成分が湧出しているため、疲れたミツバチにとって恩恵となる
答その三以降なし。
その昔、御釈迦さんは、身を捨てて虎の命を救ったという故事にならい、掲題のようにいたしました。


トーニョーではありませんよ。アリやハエがまったく寄り付きませんから。検査紙も陰性。蛋白はわずかに出ているのですが、それに関係しているのかも。
私がこの定位置でするのも、通路にあたるからで、鹿や猪が来ないようにマーキングしているつもりなのです。
そうしていたところ、本日、ベランダの外郭の物見台を作ろうとしていた場所に、でっかい濃緑色のうんこが3,4個に分けて落とされていました。そこには大型のハエがいくつも群がっていて、私の尿場とは好対照なこと。きっと昨晩、ベランダ越しの明かりを眺めてライバル意識を燃やしながら、もののけ側もこいていたんでしょう。今日の作業は、その威圧感のお蔭で、捗らなかったですから。
それにしても、縁の下にあったトマトやピーマンの鉢が荒らされてなくて良かったです。うんこから数メーターしか離れてなかったのに。

「捨身養蜂の図録」への5件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 72f4a6cb770e34a6f1b0f24941eba3f1
    >ミツバチ3匹一心不乱吸引の図
    ああ、ここでも「3」。
    奥人さんの濃密エナジーを補給して
    動けるのかも~(*^o^*)
    ぶんぶんぶんミツバチはここにいたのね♪

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    アリは甘いものに、ハエは腐りものに、ミツバチは効率いい栄養源に本能的に向かうものです。とくに私のは「気」のエネルギーで、彼らの体内で高品位の栄養素に変化しますから、元気が出るんです。
    最近のミツバチは環境ストレスで「気」を損なって元気がありません。良寧庵にいらっしゃい。みんなにパワーを分けてあげましょう。

  3. SECRET: 1
    PASS: 72f4a6cb770e34a6f1b0f24941eba3f1
    2009.05.15交信
    Q.奥人さんはわたしにゾッコン? 可愛いと思ってる?
    A.かれん薄紫の花 希少植物オチフジ開花 西播磨 
    なんか、嬉しいです(*^^*)

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    希少植物●●○○開花 で ○○をンチに代えたらドンピシャ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です