桜はすべて借景で

ここはゴルフ場との共用道路のため、このシーズンの桜並木には力を入れています。
P1010005.jpg
P1010004.jpg
P1010026.jpg
で、拙宅からといえば・・・お向かいに桜が。
P1010012.jpg
私とこといえば・・・自然の植生が花をつけておりました。
P1010014.jpg
本日は早くも夏の様相。ずいぶん気温が上がっています。
これから夏に向かい、いったいどこまで暑くなりますやら。

「桜はすべて借景で」への14件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人さん
    ただいま戻りました(^^)/
    今回はちょっと長めで・・・心身リフレッシュできました♪
    さきほど、メイさんの書き込みを拝見しました。
    (いま、消えているのが謎です)
    奥人さんの良寧庵がパワーある古い神社の趣があるという
    見識になるほど・・・と感心しました。
    喘息ということ、お大事になさってください。
    呼吸は人にとっては大事なことですものね。
    わたしも気功を学びながら良い気を体内に流すようにしています。
    季節の変わり目です。
    皆さまもお体ご自愛くださいませ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    身内さん、お帰りなさい。無事でなによりです。
    あれ? メイさんのコメントも、続けての私のコメントも消えていますね。いったいこんなことってあるのかな。
    いや、ここのところ、アダルトサイトに誘導しようとするおかしなアクセスがありまして、アクセス拒否しても入ってきます。もしかするとイルミ系のハッカーか、いよいよ露骨に悪さをしだしたようですね。定めの時が短いので、こんな控えめなところの中でも暴れているわけでしょうか。
    メイさん、コメントが消えちゃいました。えーん(>>;;

  3. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    身内さんおかえりなさい。
    その前に奥人さんのコメントが消えていたので、迷いながらのコメントだったので、(ご心配をおかけする投稿だったので)私の分は消しました。
    ほんとうはもっと早くに 近況報告というか・・・
    今の重圧からの依存心も手伝ってコメントしたい衝動でしたが、時折こちらのブログがオープンになっていたので控えていました。
    すみません ご心配をおかけして。
    いつもありがとうございます。
    最新の記事は かなり響きました。
    そのとおりだと思いながら、微妙な立ち居地に今いるんじゃないかと思える私を省みていたところです。
    すみません~~もうすこし がんばって立て直します
    状況は引くに引けないような現実、不本意さと同居でおそまつなことです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    メイさん
    いただいたメールへの返信をしときました。返信のような事情ですので、誤解なきよう願います。
    引くに引けない現実とは・・いったいどうしたの?
    いつでも相談に乗りますからね。

  5. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    またご心配をおかけするコメントですみませんでした。
    眠ることですこし落ち着きました。
    大丈夫です。
    最近見た夢で出てきたもの。
    九曜紋 そして空飛ぶブルートレインまるで銀河鉄道か999(スリーナインみたいですが)
    今朝は 何か大きな舞台の裾でこれから始まる大舞台がいよいよはじまる前に皆集合しているところでした。
    わくわくしながら待ってました。
    夢はいいです。
    夢の世界は違う次元のようですね。
    こうして朝起きてこちらの世界に戻りますが、眠ることと死ぬことは似ています。
    夢の次元と似ています。
    毎日死の次元と生の次元を行き来しているような感覚。
    だから死は決してネガティブな世界ではない、ただ違う次元だという感覚しかありません。^^

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    違う次元。そうでしょう。
    死に似ていて、どっちがどうなってるのか分からないわけですが、生が果たしてほんとうに存在していた次元なのかどうかは、我々の身体の特性を見れば分かる気がします。
    眠らねばならないこと。生の時間の1/4以上はそれに費やし、しかも無防備な時間です。
    弱肉強食の世にあって、太古の昔から眠りが必要なわけは、この次元がいまだ未完成品だからです。
    というより、この次元にやってくるのに、潜水服か宇宙服もしくはロボットを被ってきているのです。そのメンテナンスに定期的な時間がかかると。まだその課題がクリアーできていないと。科学者たちはその研究をしているのでしょうが、動機が不純すぎました。そのため、このマトリックスを取り巻く世界では革命が起きようとしているのです。
    ロボットはいずれぼろぼろになり、使えなくなります。それを死といいます。
    となれば、いったいほんとうの世界とはどこかがおのずと知れることになります。

  7. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    とてもしっくりと行きます。
    幽体離脱で戻る時、まさに肉体という殻に頭 そして体 手(最後にいつも手でした)に着地していくのがわかりました。
    生まれた時は、その肉体と意志が結びつきにくいです。
    感情はすぐ肉体に結びつくのに、意志が生まれそれにより思うように肉体を操れるのは3歳以降です。
    5歳くらいでも、感情で手や足が出るこどもには、手や足をさすって意識させることで着地していくのが上手になります
    スペシャルニーズ(肢体不自由なかた)は、この肉体とアストラル&エーテル体?がぴったり合わさっていないということを以前に聞きました。
    ほんとうは もっと自由で 永遠であるのが 中身みたいな感じでしょうね。
    それだけになること これが半身半霊ということなんだろうと想像します。
    軽くなれば、必ず上昇するのが常です^^
    ありがとうございます

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    このロボットは胚から育成されていくものなので、五体揃うまで乗りこなし難いこと。また、老化という劣化が伴うため、使役する寿命も短いわけです。間に眠りや栄養摂取を含むメンテナンスを滞りなくしなくてはなりません。
    科学者たちは、長寿のロボットの開発にも成功していて、人間の原型として保存しています。が、邪悪な科学者たちは、この世の実験炉の中で、わざと短命にし、わざとストレスを与えて、上位次元から地上次元までに及ぶいろんな実験をしていたのです。それはもう人権蹂躙もいいとこの実験でした。
    ストレスがひどいと、そう、ぴったり合わさらない歪が出てきますから、先天的には五体満足でも、痴呆症や癌や筋萎縮症や鬱病など、主として難病に分類される、本態的には生命エネルギーの枯渇もしくは循環不良の症状が出てきます。
    科学者にしてみれば、モルモットを扱うようなものですが、恐ろしいことに、すべてのモルモットに神の火花が宿るので、必然的にこの科学者たちは討伐されることになるのです。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます。
    皆さんお集まりなので、こちらへ来ました。
    メイさん、幽体離脱したのですか?
    変な言い方ですけど、行動範囲が広いですね。その分、リスクもあるのですね。
    森野さんへの回答です。(少しづつ質問します)
    Q Mさんに野菜作り集お奨めですか? A 試験運用 
    (表見出し) 周辺 新型防犯カメラ設置 
       ※「カメラ」がシンクロしました。
    Q Mさんからの質問①雨水の取水、浄化装置は上手く行きますか?
     A 堅持を確認 早期再開へ連携
    ※「連携」というからには、誰か手伝ってくれるのでしょうかね~。
    野菜作りは、苗の売り出しや種まきの時期が限定されているので、
    是非「試験運用」をお願いします。実際に育てないと試験になりません。
    それと、孤独を癒してくれます。生き物ですから。
    いつか、森野さんの山荘にて全員集合してみたいですね。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    質問してくれて、ありがとう。
    試験運用とは、とても明快です。今年はそのつもりでいたので、ぼちぼちでいいやと思っていたのですが、あなたに発破かけられて、これもあなたを通じての異界の助言なのでしょう。プランターを昨日から何個か用意しているところです。しかし、土が良くないです。土になりにくい腐葉は積もってるんですがね。
    誰か手伝ってくれるというのも、昔の職場仲間が建築もやっていて、材木などの調達に当たってくれることになっています。みごとあたりですね。カメラがまさに仕掛けられているみたいです。CIAのGoogleストリートビューのカメラからは逃れたけど、異界はすぐお隣にあるからねえ。
    明晰夢というのは、たぶん幽体離脱による異界経験と思います。
    いっぱい見て、異界に慣れておけば、きっとためになると思います。
    この山荘に全員集合!! 
    そう言えるように間口を広げておくつもりです。
    そのときは、良寧庵が梁山泊に名を変えるときになるのかもね。楽しみです。

  11. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    いつかきっとさんおひさしぶりです。
    幽体離脱は私は、意識的にできません。
    臨死体験をしたかたは、意識的に幽体離脱しやすいらしいですが、私は夢だけで(眠っている間だけで)充分です^^;
    一度は死にそうだったとき、
    はっきりとかなりのところまで飛び無・空の次元から戻ったのは臨死の時、そして2年前に一度なかなか体に合さらなくて 焦った記憶です。
    三度はしっかりすべて意識がはっきりとありました。
    2年前のなかなか体に合さらない時は、眠っていて
    目ざめる時でした、その時 奥人さんがおっしゃるように、明晰夢は幽体離脱して見ていると思いました。
    だから・・・それが続くと 朝起きた時に、疲れた~と思います。
    どこかで何か仕事をしてきたようだ・・と夢をよく観る方はおっしゃいますが、そういうことのように感じます。
    脳がフルに活動しっぱなしのせいかもしれません。
    脳という宇宙を案外飛んでまわっているのかもしれません。
    脳は宇宙のようです。

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今朝早くから神戸のほうに行き、夕方に帰りました。コメント拝見が遅くなりました。
    メイさん
    幽体離脱については、私はもう20年近く前によくありました。あれはたぶん環境によるところが大きいように思いました。マンションに住んでいて、よく起きたのです。木造家屋では起きることがほとんどなかった。ちょうどその頃、SRF(ヨガナンダの作ったアメリカのヨガ団体)から通信教育をとり、瞑想を習慣にしていたこともありましたね。
    瞑想が深まったとき、ほんのちょっと心を動かして、意識の波長をこの世からずらすんですね。すると脳内に爆音がこだまして、金縛りが起きます。ああ、またきたなという感じです。その爆音のことをインドでは、宇宙原動機の音と言ってますね。それが起きたら、一般的には身動き取れないのが当たり前で恐いということなのですが、私の場合は、無理やり身体をすっこ抜くんです。これにはマニュアルがなく、自分で経験するしかないです。
    いちばん抜きやすいのは腕です。といっても、肉体の腕は微動だにしていません。幽体(夢見の身体)の腕が抜けるのです。それができたら、いろいろ腕や手を使って試します。壁を隔てた隣の部屋の畳を触ってくるとか、天井からぶら下がる電灯の裏側の埃だらけの感触を得てくるとか。まるでスパイダーマンか、ゴームズですね。そして最後に、全身をすっこ抜きます。そのとき、まるでゴム糊をはがすようなバリバリっという感覚が(音さえ)します。そして原色の夢の世界に・・・。あとコントロールが容易でなく、すぐに成り行き任せの展開になって、普通の夢になっていきました。それが課題だった。
    結局思うのは、あっちの世界のほうが真実だとすれば、恐がることはないということです。呼吸していないので、死なないかと恐くなるのですが、呼吸の要らないのは夢見の身体のほうであって、肉体はちゃんと呼吸していますから大丈夫なんです。まあこのときは、確かめるすべがないんで、やはり恐いわけですが、意識が完全に夢見の身体に移行しているという証拠でもあるわけですね。
    夢見の身体は、呼吸も食事も要らない。当然、お金も必要ないし、あくせくお金のために働くことも要らない。お化けにゃ学校も、試験も何にもない。ほんに理想的な身体なわけです。ただ、コントロールしにくいことがあります。だから、慣れなくてはどうしようもないということなんですね。
    臨死という触媒作用的な経験があったなら、それは恵みとも言えるでしょう。恐がることが、せっかくの発展を妨げるということもあるので、もっと自信と目標と熱意を持ってはどうでしょう。インドの瞑想は異界の接点と仲良くする方法かも。

  13. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    詳しくありがとうございます。
    死に対しての恐怖も不安もないことが むしろこの世で普通に死に対して不安を持つ方とのギャップが大きいことがいつも私の悩みとなります^^;
    生きることのほうが 余程しんどい・・・
    そう言ったり、死ぬこと あちらの世界に逝くことがそれほど恐怖や不安でないなんてこと言うと
    自殺したい願望の人や 生きることに懸命になっているような病と闘っている人には毒ですね・・・
    生きるのは意識的にならないと出来ない。
    がんばらないといけないわけです。
    その上に生きながらに 次元の行き来を意識的にするということ。
    それも なんと・・・完全なる肉体のリラックス状態でないと起こらない。
    もう行きっきりでもいいのに・・・ちょっとヤバイです^^;
    でも、生きてないとこの味わいもない 違う次元はいつかきっとさんがおっしゃるような「たいくつな世界」ということはなく、退屈と思うほどの時間の観念や空間やそこを移動する感覚が、この三次元とは全く違います^^(感じですが)、生きている時に湧き上がる 
    喜び感動や愛の感情が 熱や涙や・・・そういうエネルギーを肉体で感応することはないわけで、そういう時は やっぱりいきていてよかったとこころから思うわけです。
    泣いたり笑ったり悔しがったり悲しがったり そういうの全部味わいつくす為に なんかいるんだろうなと ばっかみたいとも思いながら、人間演じてル感じです。どんどん冷めていってます。
    いつかきっとさん 44番でしたが、私の人物評もお願いできますか?

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうですね。あちらの身体はこちらのものとは性質が異なるということでしょう。
    こちらではアイデアや思いを供出して利益しあう場の趣がありますが、あちらでは創造力に富むため独尊の場になるのでしょう。
    ほんらいは向こうなんですが、こちらの場が必要になった事情があったということかと思います。しかし、ここまで腐敗させる必要はなかった。この世はこの世なりに永続の道もあったはずです。
    この世の性質と目的に相応しい、それなりの楽しみ方をしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です