いつかきっとさんの空飛ぶ蛇に関する異界交信のまとめから

空飛ぶ蛇に関するまとめ
Q 「空飛ぶ蛇」の正体は何ですか?    A 震災備え
Q →大きな地震が起きるということ?    A 予告
Q 来年1月後半、関西地方に何か起きる計画ありやなしや  A 届け出 骨子案
Q →ジュセリーノの予言にあることから、ハープ製の地震のことですか?
                          A 足元 働き盛り 増加 
Q →あるなら、それに対していかなる行動を勧告?   
                          A 「…なぜ?」 疑問解け
Q →森野ブログの解読では不満ですか?何が不満ですか?
                     A 「きょうだい死んじゃう」
Q →森野さんが解読を変化させれば、予定も変るの?
                     A 13世紀にも大震災
Q →なぜそこまで森野さんに委託するの?天界存在の証明のため?
                    A 将来へ思い新たに 尊厳ある生
Q ハープは北極で何をしてますか?       A 人員削減
Q →原因不明の故障することは無いのですか?  A アメリカ・の管理 交渉・辞退
Q →ハープは故障しないと?             A 是非の判断見送り
---------------------------------------------
空飛ぶ蛇を撮ってしまった武良氏の撮影日は2008.10.19でしたが、私・奥人が空飛ぶ龍と玉を撮った1994.10.9から100日目が1995.1.17阪神大震災であったことから、もしかすると100日目の2009.1.27に新たな大震災があるのではないかと推測していたのでありました。おりしも、ジュセリーノが2009.1.25大阪大地震を予言していたので、なおのこと迫真性があったわけでありました。
そんなとき、いつかきっとさんが異界交信してくれたのが、いちばん最初の質問でした。
その回答は、昨今震災の話題が乏しくなっているにもかかわらず、「震災(備え)」とのメッセージだったというしだいです。そしてそれは、「予告」であると。
もう、何の曲折もなく、震災への警告を発していると見られたわけです。
さらにいつかきっとさんは、来年1月後半に・・・と時間を絞りました。すると、ジュセ予言として「届け出」られている「骨子案」すなわち、基本計画案であるとの答えだと見られます。しかし、そこには案であるとの但し書きがあり、未だ可変であることを示唆していました。
そこから、いつかさんは深いところを聞こうとしていきます。そして、森野神話でコントロールできないかどうかの域に踏み込んまれたわけです。大阪大地震では非常に多くの人が亡くなる見込み。それを異界もいっしょになって、新神話への願いとなっていったと見られます。
「きょうだい死んじゃう」から、何とかできないかと。
ところが、ハープの精度が悪いということを言っていましたから、それが新神話として作用したのか、「13世紀にも大震災」という、同世紀に二度起きた南関東の大震災に異界は振ってしまいました。
つまり、もしかすると大阪でなく関東になる恐れがあるというわけです。気をつけていただきたい。
なお、ジュセリーノによると、関東に大震災が起きるのは2010年と言っています。大阪に起きても、翌年には「骨子案」として決まっているとみて、気をつけていただかねばなりません。
*追
では新神話では災難を防げないのか。きょうだいを助けられないのか。
そんなことはありません。
ただ、現在の間違った人類文明のあり方が正されなくては、人類こぞって心豊かになれないのです。
目前のきょうだいには目をかけて、もっと多くのきょうだいを搾取しているというのでは、本末転倒なのです。
だから、人類の多くが目を覚まして、自らの力で意識を改め、それが世の邪悪なシステムを排除して一掃してしまうまで困難な葛藤は続くというのが、ほんとうの行程です。しかし、洗脳されて思考回路のタガが外された人々に、変革能力など見込めません。こうして、地球人類には赤子同様、事態解決能力はないと判断され、ようやく外部からの干渉を要求する下地が出来上がります。
邪悪がどこからきたかとしたときに、地球発ではないことが重要です。地球の外から請われもしないのに邪悪な者たちがやってきて、植民地化しようとして今日があるのです。責任は地球外にあるわけですから、ほんとうなら地球外の責任によって取り締まられなくてはならないはずのものです。
そういう論理は至って単純明快。誰も問題にしないはず。
よって、新神話の最終章における細目的な新展開として、宇宙文明による、破綻した地球文明の収拾という過程を置いています。すなわち、地球政府を標榜する極悪国家とその背後にある邪悪のインベーダーの掃討過程があることにしています。
そのとき、場所によってはすでに廃墟や荒野や砂漠化しているでしょう。なおも地球政府の黄泉軍が電磁兵器を使って懸命に防戦抗戦するでしょうが、そのとき都市部は真っ先に戦闘地帯となり、ここで命を落とすきょうだいが多く出るでしょう。なぜそうなるか。動物なら本能的にも危機を察知して安全地帯に逃げますが、人は洗脳されていてそれができなくなっているからです。むろん宇宙文明の力しだいで、犠牲の軽重が決まるでしょう。
宇宙文明が地上を席巻して、最初に敷くのが地球でただひとつの社会主義政府です。為政者となる者がじゅうぶんに教養を積むまで、宇宙文明が地球を代理統治します。
無駄と浪費と老廃物ばかり生産していた過去の体制は完全に撤廃されます。歴史の教訓が背景となった知性の暗黒時代の真相とともに万民に教育され、人々は何が真理か知ります。必要物資が必要量、人々に回ります。適切な能力の人が適切な仕事に就くようになります。完全なリサイクル社会となります。国土計画が進展し、物流の基盤が定まれば、人々は新たな創造活動に能力を広げていきます。
地球文明はこうして宇宙文明の仲間入りをし、もっと広範な叡智が流入するようになります。
ふぐり玉々さんによれば、どうやら邪悪な勢力は事を急いでいるようです。新神話を書く私も、いっそう急ぐ必要が出てきています。筋を書いているだけではいけないというわけで、いよいよ天上人との折衝に望もうとしています。来年は、ふぐりさんを超えてキチガイになろうと思っています。
ご清聴ありがとうございますた。