写ったのは

身内さん、今度は14日の夜が満月というわけで、例のデジカメで満月を撮ったそうです。
すると、満月以外に六角オーブやその他のオーブがいっぱいではないですか。
aubu3.jpg
部分拡大
aubu3_1.jpg
普通の人だったのに、高野山以来・・・如何なることでしょう。
何かの役割に目覚められたのかな。
UFO乗りの候補生なのに。(UFOを操縦する夢を見ているから)
宇宙人系UFOではなく、心霊系UFOとはこれ如何に。
私の得意とが逆になってきているので、どうしたことかと思えるのです。
はい、またポクポクポクポク・・・ピーンと明解をだしましょう。

「写ったのは」への7件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >私と領分が逆になっているのが、くまっ多ことのように思えるのです。
    くまっ多ことなの?
    森のくまさんが多くなったのですね(笑)
    ぜったい同じ領分ですよ!
    なぜこういう現象が今わたしに起きるのかは謎です・・・が、
    わたしは心霊系とは思っていないのです。
    カメラで撮影しようと画面を見ているときは何もなく
    シャッターを押した瞬間にフワッと顕れ出るのを
    しっかり確認しました。
    デジカメのCCDは人間の可視帯域よりも
    広い範囲の波長の光に反応するので
    肉眼では捕らえられない存在を写すことが可能といいます。
    奥人さんがUFOと一緒に追っていた
    「スカイフィッシュ」のような
    電磁場生命体のような気がします。
    多倍神社のオーブにの右半分は青い光を放っています。
    生きているようです。
    人の思考を感知する生命体じゃないかなぁ~と。
    高野山の時は鶴の絵を写したくて
    あの屏風絵を写すんだという意識でカメラを向けました。
    多倍神社の時はナニカ印になる存在を期待しました。
    できれば同じ神紋オーブがわかりやすい・・・など
    考えながら写真を撮っていました。
    あれは・・・未知なる知的生命体じゃないでしょうか?
    奥人さんらしい論理的解明をお願いします。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    身内さん
    ごめん。同じ領分です。しかも確かに知的生命体であり、分け隔てして考えるべきことでありませんね。
    いずれあらゆる構造的どん帳が取り払われれば、彼らが何者かも分かってくるし、新しい視力と新しい言語で交流が始まります。昔はこうだったんだという世界が広がるでしょう。そこまでの道のりがまだ少しあるということです。
    満月を背景のオーブは、あなたが高野山で子供を守っていくと決意してから、この世での顕し先としての「うつしき青人草」のあなたに期待が集まっているのかも。おそらく援軍と思います。そろそろ役割名に合った動きが出てきているのかもしれませんね。六角オーブは国津神の誰かでしょう。六角の中身を見て、どこの神紋か調べてみましょう。
    さて、多倍神社の半六角オーブは、中身が「劔」の象形文字に見えます。そのうち向かって右の旁が立体的に明るくなり励起状態であることを示しています。つまり「鶴」を示す旁が励起し、本来六角だったものが膨張して丸くなっていると考えられます。
    時間経過に伴って、顕われる兆候が進化しているようです。それもけっこう矢継ぎ早です。
    これが「かごめ歌」の「籠の中の鳥はいついつ出やる」を象徴しているのでしょう。それはもう間もなくの感があり、その殻を破って出てきたとき、後ろの正面に弥勒が立つということではないでしょうか。
    夜明け前に「鶴と亀が総べる」事象があり(これは完了している)、夜明けとともに鳥が最強の結界である籠目結界(六角)から脱出してくる。そのとき連なるように、結界に封じられていた国津神たちが大挙して出てくる、と解読できました。
    地上の楽土は国津神の治世によるしかありません。善良な天津神が協力に訪れるというオリジナルの神話が用いられることでしょう。↓
    http://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/dan-p.htm
    しばらくの後に、この宇宙は完全に建て直されて、故郷の土地の連なりと等しくなります。それが新神話なのです。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    さすが、異界の探偵さん。 
    奥人さんの解読で点と点が繋がって
    ひとつの方向へ真っ直ぐな線で結ばれます。
    示されるのは奥人新神話です!
    いつかきっとさんの異界チームも高く評価し期待されている新神話です。
    >夜明け前に「鶴と亀が総べる」事象があり(これは完了している)、夜明けとともに鳥が最強の結界である籠目結界(六角)から脱出してくる。そのとき連なるように、結界に封じられていた国津神たちが大挙して出てくる、と解読できました。
    多倍神社の半六角オーブの意味も理解できました。
    これからも自然体でアンテナを張っておきます♪

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    六角の中の鶴がもたもたしてなければいいんですが。とにかく六角はベンゼンリングでも示されるように安定性があります。
    誘導する必要が出てくるかもしれませんね。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    上の写真の六角オーブはクラオカミかも知れません。「亀甲に久」かと。水の神で千と千尋に出てきた川の神です。

  6. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    「よきかな」とひとこと言って、千尋に魔法を解くにが団子をくれた
    能面のようなお顔の黒い龍のお姿でしたね。
    あの場面好きです。
    すべての神様総出で大歓声のなか飛んでゆかれましたね。
    そんなすごいものを写されていたんですね。
    ありがとうございます。
    なんかありがたいものを見せていただいて、そして謎解きもすばらしくてこころが潤いました。
    この場にいさせていただいてほんとうに感謝です。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    クラオカミは龍神ですね。
    もうひとつ六角オーブの候補として思ったのは多加牟久神社の「亀甲に多」です。この場合はオオナムチ、コトシロヌシで、やはり龍神とみていいでしょう。つまり国津神系はほとんどが龍蛇神なんでしょう。地球にもとから居た生命体ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です