北海道は道なんだ

昨今のテレビ報道でも盛んになされているように、温暖化の影響で縦に長い日本列島の季節が大いに北にずれてきているもようです。
土地土地の農作物にも気候変動の影響は現れて、かつて南でしかとれなかった作物が北でも十分にとれるようになり、また南では栽培できなくなってきているとのこと。
私もこの夏の酷暑のときに発生した病害で水耕トマトが立ち枯れてしまうという事態になりました。
順調に行ってこその実験でしたが、病気に関しては想定外。無農薬栽培には強みと思っていた水耕があっけなかったのにはびっくりしました。これも微細な羽虫の侵入を許したことによる病気の伝染かと思われます。
昨晩のテレビでも、日本列島南方の農業が困難になってくるとの予測がされてました。問題は病虫害の発生です。もう東北地方などでもカメムシが多く発生し、米粒を食害しているとか。
南方の魚類も、魚種によっては強い毒を含むため、市場にも出されていないとか。シガテラ毒といいます。
漁業関係者には暗黙の了解となっていて、およそ釣り人に釣られ食べられて発症。今後北のほうにどこまで広がってくるやら。
https://www.miyagi.kopas.co.jp/JSFS/JSFS-kids/minkan03.html
しかし、発想を変えれば、農作物はかつての作物の農耕地を北に移動して行けばいいわけで、単純に先を見越して北海道にでも移住しておけばいいではないかとなるわけです。漁も伝統漁を変化させて捕る魚種を換えたり、魚場を北に移動するとか。
しかし、誰が仕組んだか、国民はみな土地に定着しなくてはならなく強制され、それが美徳であるかのごとく人は牛馬のごとく働いて、猫の額ほどの土地を一生かけて手に入れるよう強要されてきました。
特に日本人は、その立場から動くことに強い抵抗感があります。糊がべっとりついているかのように。
現状維持を何事にも優先させてしまいます。まるで目の前に一本線を描かれて凝り固まった鶏のように。
発想の柔軟な子供たちは発想の転換をすればいいと思っても、大人に養ってもらっているので文句も言えず、言ったとしてもお前に何ができると、やがて諦めて社会人になり、また子供たちを酷するということのサイクルに入ります。またそれを日本の伝統とか美学とか呼び習わすわけです。それほど苦の民の歴史が愛しいのか。涙する美学に酔うというか。日本人は特にそうです。それをカルマのせいだとか言ってまた自分を慰めていたり。ありもしない糊を作って、催眠の接着力をいっそう強固にしています。
しかし、その因習から、心の底から抜け出そうとする動きが今目下出てきています。それが潮流となれば、地上世界のパラダイム転換が始まるわけですね。
地縁よりも同士どうしの結びつきが強くなります。そうでなくては目標に向かえなくなりますから。
否応なくやってくる温暖化や経済システムの崩壊などは、席を立つための促しとして、あるいはへばりついた糊をはがす役を担う意味で、吉凶混交の事象になるというのが私の観測です。
さて、私の好物は野菜と魚肉です。環境変化が今後あったとして、地産地肖のレベルでなくとも、家産家消ではありたいと思います。
ところが、そのような好条件下には今目下ありません。このため、今回私は北海道への転進を考えた次第です。
先の北海道旅行は、物見遊山や観光目的ではありません。条件を満たす良好な土地を探す旅でありました。実際それはありましたから、手に入れるつもりです。
いちおう、その合間にあわただしく撮影してきた写真(ビデオとデジカメの両方からの)を掲載しておきたく思います。
往路機内から羊蹄山/ホテルから支笏湖方面
2008091001.jpg
2008091016.jpg
支笏スカイロードと恵庭岳
2008091018.jpg
2008091017.jpg
有珠山と歩如
2008091027.jpg
2008091028.jpg
洞爺湖と弁天島
2008091024.jpg
2008091025.jpg
駒ケ岳と噴火湾
2008091021.jpg
2008091020.jpg
社台スタリオン
2008091005.jpg
2008091004.jpg
2008091009.jpg
市街地にあるウトナイ湖
2008091002.jpg
2008091008.jpg
2008091003.jpg
2008091010.jpg
2008091012.jpg
2008091013.jpg
市街地横の原野の中に、こんな湖があるんだね。
時期がまだ早かったせいか、白鳥があまりいなかった。
北海道はでっかいどう。
道の広さと交通量の少なさは言うことなし。
いたるところ原野また原野で原初の様を思わせてくれる。
厳冬の時期は冬篭りのオプションと思えばいいか。
スローライフ。