水耕アラカルト

水耕レタス、少し葉が茶化したのが出てきたので収穫とした。
20080529_6.jpg

水耕栽培に必要なのは根に養分を供給することだが、レタス側から根を盛んに伸ばして肥料液を求めているくらいだ。
20080529_7.jpg

これは上から下からと、液肥のやり方に多様性を持たせたに加え、ネットハンギングも可能にしている。ここでも根が養分を求めて盛んに伸びている。
20080531_2.jpg

翌日も次のを収穫だ。(右:前日分)
20080530_1.jpg

というのも、ネキストバッターズ・サークルで出番を待っているのがいるからだ。
20080531_1.jpg

シュンギクのある風景。切花にも使えるとは、私のマルチユース精神に則していてとてもグー。
20080529_5.jpg

以前に葉の出ていたたまねぎを分割して植えた。そのときはこんなふう。
saien2_04.jpg

それが葱坊主を作るまでになった。しかし、肝心のたまねぎはどうなっているか不明。
20080529_3.jpg

同様に、家にとろろ芋があった。芽が出てこんなに伸びていた。
20080529_1.jpg

こんな風に分割して、四つの場所(露地)に植えておいた。あとはジネン流。
20080529_2.jpg

コマツナは露地では虫穴だらけになるので、やはり水耕がいいか。次の世代を育成にとりかかる。
20080525_10.jpg

いっぽう、シュンギク、ネギは虫害が少ないので、露地、プランター向きと言えるか。
それでも水耕やってみよう。
20080531_3.jpg

20080531_4.jpg