ウエサク祭は今晩

19日19:00から鞍馬山のウエサク祭が行われるそうな。
鞍馬天狗ことサナートクマラのお祭りとのこと。
サナートクマラは金星王、孔雀王、大天狗、大魔王とされている、とても有力な神であるとのこと。
金色太子(毘沙門天)とも同定され、またルシファーとも同定されている。
ウエサク祭は満月を祝う祭りでもあり、その源流に古代イタリアの月神ディアナと太陽神ルシファーの古信仰、ペイガン(虐げられた民)の祈りがあるとみられる。
-------------
 (リーランドの伝えた)「アラディアもしくは魔女の福音書」に書かれている神話によると、主神はディアナと呼ばれるグレートマザー、大いなる女神である。ディアナは「あらゆる創造の以前に最初に創造され」、「彼女の内に全てがあった」という。やがて彼女は自分の内から光と闇を分化させた。光がルシファーで、彼女の兄弟であり息子である。そして、彼女自身は内部に闇の部分を保有した。
 注意すべきは、この「闇」は悪ではない。むしろ、陰と陽のそれに近い、相互補完的な観念と唱えるべきだ。
 そして、光と闇は分化したままではなかった。「光を掲げる者」のルシファーは地上に落ちたが、ディアナは彼と再び一緒になろうとする。ルシファーは地上の生命の中でも最も美しい「猫」を愛していたので、ディアナは猫に化身し、彼と交わった。こうして生まれたのが、アラディアである。
 ディアナとルシファーは万物を生み出すものとなった。
 やがて地上に人間が増えると貧富の差が生じ、富める者は貧しい者を虐げ残酷に扱った。富める者とはキリスト教徒であり、貧しい者とはペイガン(異教徒)である。貧しい者(ペイガン)達は都会を追われ、田舎へと居住する。
 この状況に心を痛めたディアナは、娘のアラディアを地上へと送り込む。
 こうしてアラディアは、「最初の魔女」となった。
 彼女は抑圧される貧しい者(ペイガン)達に魔女術を教えた。彼女は貧しい者(ペイガン)には保護者となり、富める者(キリスト教徒)には恐るべき復讐者として働いた。
 やがて、アラディアは天に帰らなければならなくなる。この時、アラディアはペイガン達に伝える。もし困ったことがあったら、満月の光の下に生まれたままの姿で集い、大いなる母に救いを求めよ、と。彼女はこれを「ベネベントの遊戯」と呼んだ。ペイガン達は、この儀式のあと、三日月の形をしたケーキとワインで食事を取る。これはディアナの肉と血、魂を象徴するいわゆる聖餐式である。これこそがサバトであるという。
 ここにおいて、「アラディア」では、こうしたサバトは断じて悪魔崇拝の儀式ではなく、被抑圧者の祈りであるとされていることだ。
-------------
あるいは
-------------
ペイガン (pagan) とは 「非キリスト教徒」 や 「異教徒」 という意味を持ちます。今でこそクリスマスはキリスト教の行事として定着していますが、その起源はキリストの生まれる遥か昔まで遡ります。キリスト教が布教される前のヨーロッパでは、人々は自然の中の神々を信仰していたのですが、彼らはキリスト教の布教につれて、ペイガンと呼ばれて圧迫されるようになって行きました。キリスト教はペイガン達を改宗させるために、ペイガンのお祭りをキリスト教の中に取り入れて行きました。季節ごとに自然の中の神々を祭るペイガンにとってのクリスマスは、もともとは冬至のお祭りでした。太陽の照る時間が最も短くなるこの日、ペイガン達は、火をともして太陽の復活を祈り、常緑樹を飾って来たる春の豊作を願ったのです。常緑樹の枝や粘土で作った人形をプレゼントし合ったりする慣習もありました。キリスト教はこうしたペイガンの慣習を取り入れつつ、この日をイエス・キリストの生まれた日として祝うことにしたのです。 キリスト教のもうひとつの大きな祝祭であるイースター (復活祭) も、もともとはペイガンの春分を祝うお祭りでした。
-------------
古信仰では太陽神であったルシファーを、ひとえに僭越な光を放つ金星の座に貶めたのはキリスト教であり、キリスト教はこの神を排除することによって、キリストを神の座につけたことが見て取れる。
こうして太古神の封殺の態様は日本のみにとどまらず、世界の習いとなってきた経緯があるというわけだ。
そしてその弊害は、いまや世界の滅亡、人類文明の破綻として目の前に表出しようとしている。誤った信仰は必ず破綻や破壊をもたらす意図を孕んでいる。それを信仰の持つ預言の側面として容認してはなるまい。現代のこの時点でも、さまざまな世界の破局を語る予言者が鳴り物入りで輩出されているが、彼らがどこから認可を得ているか見極めたほうがいい。
さらにキリスト教のいかなるものかを白日の下に置くビデオを。少々長いが最後までご覧あるよう。
あらゆる既成概念の虚像が吹き飛ぶことであろう。

カバラのカゴメ結界に封印された正神
111-2.gif

鞍馬とは「暗・間」であり、カバラのセフィロトにおける「ダアト」にあたる。
ダアトはセフィロトの上に仮想されるのみで表に出てこないセフィラである。
鞍馬山を含む三国山系は、畿内にしつらえられた巨大セフィロトのダアトの位置に存在している。
たまたまダアトの位置ゆえに、ここを鞍馬(暗・間)と呼び、最深奥にあるべき神・サナートクマラを奉祭したと考えられる。しかし、それは奉祭ではなく、地下奥深くに封印したということである。
もしも伝承に言うように、サナートクマラの降臨があったとなら、カバラの持つ神話によって誘導されたシナリオであったことになる。シナリオ(神話)でこの神を封ずることによって、この神の影響力をカバラの管理下に置き、神の復活を阻止しようとした可能性ありと考えるのである。
しかし、いつの日にかは神々の交代も行われる。
大魔神はじめ太古神の復活には、人々の真の理解が結界を氷解させることによってでしかない。
もしくは周到な幾何学性でなるカバラの結界が、物理的に崩れることによるしかないとすれば。
人々が歴史の矛盾に目を向けて、正義の見識を掲げることでこれが達成されるならそれで良し。
不可能なら、巨大地震。それでかなわずばポールシフトの地殻大変動によってとなるのか。
-----------
   崇高偉大の 魔王尊
   地軸を傾け 磁極をば
   おきかえ移し 気候をば
   一変したまう 魔王尊
   移る磁極は 大地震
   大洪水の地変をば
   まきおこせども大前に
   ひれふす者を助けませ
-----------
世の終局がまるで魔王尊のせいで起きるようにされていることも、
どこか不本意なことのように思えてならない。