休憩タイム・夜話

私が前記事「休憩タイム」で最近まで流れていたNHKみんなの歌の 「hana」を取り上げたのは、実はさる2月24日の未明に、もう何度目か になる故母の夢を見たからである。(その前の母の夢は宵戎の日、その前は年末の28日だったか ら、少し間があることになるが、母存命中はほとんど見たことが ないから、すごいペースだ)
それはこんなふうだった。
けっこう長い前置きのある夢で、憶えているのは、母と旅行に行こうと二段にフェリーを乗り継ぐ予定で、どこか分からない目的地に向かおうとしているところだったこと。遠距離なのでたぶん二段構えなのだ。
場面は、一段目の近距離フェリー乗り場だった。通勤時らしく、サラリーマンやOL風の客がたくさん階段を駆け下りてきており、母と私は座席を確保すべく、一番後尾にあったえんじ色の革張りの二人用の椅子を倒して、母にまず座らせ、私がその隣に座ったのだった。
と、その途端だ。母のスカートが前開き(今の流行にそんなものはないが)だったせいで、ぱらっと開いてしまい、そこから見えた素足が二十歳そこそこのまぶしいものだったため、「うわー、冗談よしてくれよ」と顔をそむけたすぐあとで目が覚めてしまったのだった。(たわけた夢ではある)
少し経ってから、hanaを何気なく見て、hanaの映像の列車に同席する思 う人との情景が夢のフェリーでのビジョンと似通っていたので、この映 像をYouTubeに探し当て、前記事に据えたような次第だった。
むろん hanaには、現在生きている最愛の人がメインとしてこめてある。この人との縁は不思議の連続であり、8年前に花の写真を贈ったことに始まり、フラワーセンターでいっそう思いが深まり、今は最初に贈った写真の実物の花の鉢を手に入れ、花を咲かせてから贈ろうと思っているようなことだ。
では、どうしてこの夢のことを特筆したのかといえば、「おい、冗談よしてく れよ」と目をそむけたほどのまぶしい肌だったことによる。
顔は仏壇の上に掲げている今ぐらいの母の顔。楽しそうな顔でもなかったのはなぜか分からないが、素肌はまったく若いという印象だった。
以前、故祖母故母共演の夢を紹介したことがあった。このときも祖母 は顔こそ祖母としてのそれであったが、肌は透き通り皺一つなかったのをまじまじ見ていたわけだ。
ただし、坊主頭に黒地の、寂聴さんが着ているような僧侶服を着て おり、それはまたそれで、私が祖母をイメージして書いた童話「たつえ おばあさん」の説法する祖母のイメージ像に近かったことに驚いている。(祖母の夢はこれが最初だったが、二度目はまた間もなしに見ることになる)
となれば、夢は見た者の願望の反映ともとれるが、私がむしろ持ったの は、死後の世界とはこのように、みんな若返ってそれぞれの思い通りに 活在しているものなんだという思いであった。
しかも、我々の認識している世界とは、ほんの薄い壁ひとつ隔てただけ の(意識を浅い睡眠に落とした「浅き夢・酒に酔ったような」)ところに あると思ったようなことで、これもまたhanaのイメージにあって、私の心象風景とは絶妙のシンクロ映像となっていたわけである。
こんなことを思うようになれば、あるいは生者よりも死者の夢ばかり見 るようになれば、もう先が近いというのも道理かもしれないほどに、最近は眠りが摂りにくく心臓が弱っている感もある。
しかし、死は私にとってなんら怖いものではない。生前の記憶をなくし て、すっとフェリーに乗っていたりして、続きのビジョンである旅を夢 見ているのではあるまいかと思う。
冒頭の()内の昨年末の夢には、なんと祖母とさらに28年前に亡くなった 父まで登場。しかも、農家の旧家のような広い間取りの畳敷きで、それ ぞれが明るい別の部屋でコタツに入り、テレビなどを見ていたようなビ ジョンだった。
どうして生者の夢をさほど見ないのに、死者の夢が多いのか。
これも何かの知らせかと思い、ジュセリーノなどの話なども総合して、直後に田舎物件でも探そうかと情報集めしたようなことだった。
少なくとも生前立派に生きた祖母や父母にとって死は、巷に噂のアセンションではなかったかと思える。
噂には、アセンション後の世界は、死者との交流もできるという。
多少奇想天外な世界になるかも知れないが、私は夢見でそれを先取りした気分に浸っているような次第だ。

「休憩タイム・夜話」への25件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    奥人様 おはようございます
     なるほどそういう経緯があったんですか。いい歌・・というより、愛の歌を通じて、何かさらに大きなストーリーを感じる歌です。最近結構増えてきていますね。どうとも取れるので、フィルター掛けづらいみたいな高度な手法かも(笑)
     自分も経験があります。いわゆるあちらの?世界を見せてもらったような夢経験です。若くして病で逝ってしまった前の会社の知己が、ある施設のような?食堂?のようなところで、多くの人と一緒に、そこに生きているという、夢を見ました。その時私は「なーんだ生きているじゃないか!」と実感したわけです。(ここでは夢を夢と捉えていないわけですが・・)
    これを2回も見たわけです。実はもう1人やはり病気でその後亡くなった知り合いがおりました。前の夢と同じ夢を再び見たときには、なんとその知己も、一緒にいたわけです! その時再び「なーんだ2人とも生きているじゃないか!」と実感した次第です。場所も同じような施設のような、大勢がいる食堂・部屋のようなところに腰掛けて談笑している。ここでもまだ、夢を夢と捉えていない自分がおり、夢から目覚めてやっとそれがわかったわけです。
     夢の映像はやはり何かの映像ソースがあるわけで、中身は顕在意識の気にかかる部分や、潜在意識のものや、それを超える意識などが混ざったものになっているような感じで、こちらで馴染んだ「論理性」が欠けている場合が多いですね。但し、夢を全てを脳内神経作用で済ますのは無知といえるものでしょう、脳という変換作用を使用して現われる、意識的な波動ソースの表れなのだとも思っています。脳は存在界のあらゆる波動を変換出来る装置という位置づけとも考えられます。人間に備わった高度な機能とも考えられます。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    そうですね。あちらからの何らかの情報を受け取って、こちらの頭の中で分かりよいように変換しているのだと思います。
    しかし、いったいどちらがよりホンモノなのかと考えたときに、あちらのほうがむしろホンモノに近いのではないかと思うのです。
    夢の場合は、そのビジョンを客観的に見ている自分がいることが分かります。といっても、夢に干渉するほどの介入は通常できていないわけですが、可変性ある様々な場面を予感させるものがあります。
    ところが現実は、まず視界を客観視している自分を認識することが困難です。自我の意識はその場面の存在になりきってしまい、場の中に埋没しています。
    そして可変性の実現は、場の中の道具を意識して使いこなす以外に、意識の切り替えによってごときでは困難です。
    つまり、重い、動きづらい、可変的ではない、労力大で功少なしであるなどの性質が世の特性で、もし我々に魂とその存続があるとなら、この世は監禁の場でしかないのではないかの感があるわけです。
    それを経ることを修行というのかも知れないわけですが、ほんらいの性質が損なわれていることを以て、ホンモノではなく虚仮と考えるわけです。
    虚仮はその性質を理解することができますが、虚仮の虚仮による上塗りで、理解そのものが虚仮である可能性もあります。
    よって、私は世の科学のアウトプットを表象としては見ても、真実のものはないだろうと考えています。
    では夢が真実かというとこれも自分のフィルターで偏光して認識しているわけで、やはり虚仮ですね。
    その元になる情報(波動という言い方もいいかも)がよりホンモノであり、それを知るのは表象として現れた夢の雰囲気に手がかりを求めるしかないように思います。
    私に求まったあちらの雰囲気は、若さ、平穏、見守っている優しさなどでした。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    厳しく自己管理しているつもりでも、過度のトレーニングは、良くないようで、風邪の初期症状的なだるさがあります。今日は早く帰って寝るつもりですが・・・。
    夢・死・アセンション 死をアセンションと置き換える考え方は、穏当で地に足がついているように思います。(今時点の世界では)ただ、可能性として人間の意識が生きている内に変われば、現実世界も変化する可能性はあるのかなと思ってます。少なくとも個人の内の健全なる目標意識とその達成は、今でも可能なのですから。
    リーマン様の著作、伊勢-白山道著 内在神への道 を購入しました。なかなか良い本でした。基本的には、2ちゃんねる・ブログの再構成ですが、よくまとまってます。本当に久しぶりに精神世界系の本を購入しました。最新の記事でも、太陽について大胆なオリジナルの情報発信をされておられて興味深いです。
    それにシンクロしたのか、昨日は早朝より絶好の晴天で、雲海に浮かぶ朝日の写真といつも感謝申し上げている「蓬莱神」の写真がとれたので、別途送らせて下さい。太陽の輝きが我々の意識を良き方向に変容させることを祈念します。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    送りました朝日の写真は、雲海の上に浮かぶ太陽で、琵琶湖も垣間見えます。奥人家御先祖の行かれた世界と我々の向かう世界がこのような世界であることを祈ります。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    この雲海上の朝日の写真はどこで撮られたのでしょうか。
    母を送る夢を見たのは、まさにこのような光景だったのですよ。
    付け加えるに、太陽の下まで移動道路がつき、母が四人の導師に付き添われて向こう側に着くと、こっちを振り返り手を振りました。すると、こっちからも私を含め大勢が手を振りました。
    とにかくホテルらしいところの宿泊客すべてが屋上に上がると、目の前が雲海で、ご来光がでていたわけです。
    母の左に僧形の導師がいて、振り向いた顔にメガネが。体格とメガネで蓬莱道龍和尚と分かりました。先生の名前も蓬莱ですよ。
    きっとここではないでしょうか。蓬莱島は。
    ああ、さざ波のような振動が背筋を伝っていきます。
    ありがとうございます。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    いつもの、修行道場「蓬莱山」です。日によって様々に表情を変えるのですが、昨日は言葉を失う美しさでありました。どういう加減か、琵琶湖の上にうっすら雲が敷き詰められ、所々に湖が出てそこが朝日の反射する筋道となって、あのような光景に・・・。こんなに素晴らしいシンクロに私も嬉しい限りです。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    もはやシンクロもウルトラC級です。
    ぜひとも次の記事に取り上げさせてください。
    朝日が湖面に反射して筋道。夢に見たのはエスカレーター風のムービングロードで、何段かの段差として見えていました。こちら側まで繋がっていましたが、こんなふうでしたよ。
    昨日の撮影なのですか?
    写真に起こして母の額の横に飾らせていただいてもよろしいでしょうか?

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    失礼しました。昨日の写真と重ねて書いてありましたのに。
    なぜ琵琶湖周航シリーズの記事を書いてきたか・・・こんな導きがあったんだということですね。
    新神話もこのようなシンクロに導かれるようにして成りました。
    そこでは蓬莱島が大きな役割を果たします。
    この出来事も、新神話の一ページに取り入れねばならなくなりそうです。
    また続けるのたいへんだけど、嬉しい限りのシンクロでした。
    ありがとうございます。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    昨日の早朝です。
    どうぞ如何様にも使って下さいませ。記事でも、御自身の使用でも結構です。そうだ、プリントアウトされるなら、もう少し大きいデータのものを送りますよ。縦のものもありますから。皆さんにも見て頂き、御自身を太陽で照らして、霊的に覚醒してもらいたい願いもあります。太陽をまともに撮影するなんて初めてですが、最近、いつか良いのを撮影させてもらうぞ!と思ってましたので。ではメールします。
    それにしても蓬莱の神は、私が修行をさせていただく二日続きで、快晴の天気を下され、感謝しても足りないほどです。
    南無蓬莱神ソワカ
    南無蓬莱神ソワカ
    南無蓬莱神ソワカ

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん、これは大迫力で、すごいです。
    ぜったいに霊験あらたかな掲載写真になると思います。
    瑞祥の写真として、天象カテゴリーで取り上げたく思います。
    記事掲載をご期待ください。

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ウヒョー!! まださらに大きいのが・・・高精細画として写真化できそうです。ありがとうございます。

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    今日は時間に余裕もあり、そして奥人様の夢にシンクロの写真も届けられ言うことなし!です。ちょうど今、朝からの雨も上がり、美しい晴れ間もさして、このシンクロも吉兆吉兆また吉兆です。
    自分もデスクトップの背景写真にしました。太陽はやっぱい良いですね。ありがたいですね。毎日当たり前のように我々を照らしてくれている・・・。自然に手を合わせたくなりますね。
    それはそうと、奥人様の夢の中ではこんなに綺麗な映像が出てくるのですか?素晴らしいですね。自分もちょっと前にどでかい富士山の映像が出てきたのですが・・・。

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    ブログへのファイルアップロードは1ファイル500KBまでですので、中サイズになりますね。といっても、今までのものよりおおきいです。
    大サイズは、むろん写真化に。(^^)
    さて、3月17日に彼岸の法要に蓬莱和尚が来られます。
    このとき写真を見せながらこのたびの経緯を話したく思います。
    すでに昨年にこの夢の話はしてありますので(そのときも相当驚いておられました)、もっと驚かれることでしょう。
    思えば昨秋の彼岸に見た夢でした。廻って春の彼岸にこんな話ができるとは。
    ああ、もう感慨無量であります。
    私もデスクトップの背景に据えます。
    そうです。こうしたスケールの大きなきれいな夢でしたよ。いつになく明るい(太陽が出てるので当然ですが)夢でした。
    Pさんは、どでかい富士山の夢ですか。
    正月ならば、縁起がすごくよろしいとのことですね。
    山の神々のネットワークに参加されたのかも知れませんね。
    やはり瑞祥だと思います。

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    >3月17日に彼岸の法要に蓬莱和尚が来られます。
    >このとき写真を見せながらこのたびの経緯を話したく思います。
    >すでに昨年にこの夢の話はしてありますので(そのときも相当驚いておられました)、もっと驚かれることでしょう。
    何とっっ!グッドタイミング!蓬莱山ご来光写真に蓬莱和尚とは・・・。
    自分の場合は、夢より現実に晴れのタイミングが多いです。
    次の記事を楽しみに待ってますので。
    >山の神々のネットワーク
    最近、本当に山に「はまり」そうです。ちなみに元々自分は、親爺や知り合いの付き合いで、山登りも結構する人なんです。
    奥人様に喜んでもらえるので、デジカメで常に瑞兆なる写真のシャッターチャンスを待っております。今後も続けていきたいと思います。

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    私からすれば、夢の光景がまた再来といったことなもので、またまた夢でも見ているのかと、ほっぺた叩いているようなことなんです。
    痛いけど、この痛みも夢の綾ではないかとかね。どうやら大丈夫みたいですが。
    この世界は、こうした不思議さがちらほらあるんですね。
    虚仮なんて言って悪かったような。
    こうだから、すばらしいんですよねえ。
    ああーっ反省。
    山登り。しんどい目をさせますね。
    山の神さまは自然に撮らせてくれると思いますから、無理をなさらず、足元に気をつけて登山してくださいね。

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    立ち読み人様
    え?理解しずらい文章ですが・・・。
    このリーマン氏ってあのリーマン氏とは別人では?と思いますが。

  17. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    そうでしたか。
    されはそうと前々からお伺いしたかったのですが、@チュリーの通称ハッカーのグループでパーマン2号だか?ピーマンだかなんだか知らない存在が面白いことを書いていたサイトがあってお仕事が保険の代理店業務をされていたグロープが南極マザーの情報に精通されていたのですが、あのグロープは確か?現在は情報の会員制のサイトを立ち上げるとか?でその後ポータルが何処にあるのか?さっぱり分からなくなっていますが、Pさんはご存知ですか?
    また皆さんはご存知ありませんか?
    ご存知の方がおりましたら教えて下さい。
    宜しく御願いします。

  18. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    立ち読み人様
    全然わかりません。本当にすみませんです。最近は、あっちこっちもう見てないもので・・・。一見活発そうに見えても実は忙しくて、4~5のサイトを見て終わりにしております。陰謀暴露系のサイト及び文章につきましては、興味がなくなり、それらをしでかしている者に対しては、親鸞様と同様の心境になってきております。つまり彼らは、要するに「搾取」がしたい 子供の魂=泥棒 であって、石油も欲しい穀物も欲しいと言っております。我々は、ああこれも欲しいかね、あれも欲しいかねと、彼らに施し、さらに着る者も一切合切あげるよ と思えば良いです。さらに命もぎりぎりまで大切にして、欲しいというならくれてやる と思えたら、キリスト意識になるのでしょうが、まあ命ばかりはぎりぎりまで大切にしたいと思っておりますが・・・。子供は、何でも欲しがります。彼らの欲しいものは全て与え、後は、彼ら次第でしょう。恐らく冨を収奪しないと不安な魂ですから、ますます不安により「貪り」の心を増幅させるでありましょうが、きんきんにカルマの法則(=メグリ)により、御自身に返っていくことでしょうし、特に最近は世界が一体となって繋がっており、相互依存で成り立っている、打てば響く社会に変化しつつありますので、カルマは思いの外早く彼らに作用するでありましょう。私は、この3次元世界も含めて、特に自分の内在神を中心として全幅の信頼を持って進みたく思っております。また、当たり前と思っていたもの(エネルギー・食糧)をなくしてくれて、「生かされているありがたみ」を教えてくれている搾取集団たる世界金融エリート「様」たちに感謝の念を捧げます。
    「生かしていただいて ありがとう御座います」と。

  19. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうですね。
    彼らは、私は邪神レベルからと言いますけど、ちょうど千と千尋のときの坊やのようなものと思います。
    もし彼らのレベルに立って喧嘩したなら、子供同士の喧嘩になってしまいます。
    物語では、千に従っていくうちに物事をわきまえるようになるというシナリオが組んでありました。迷惑だらけで難儀かもしれないが、これが大人のやり方でしょう。
    これも新神話であるに違いない物語だと思いましたよ。

  20. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    有難う御座います。
    そーでしたか。
    Pさん
    森野さん
    のご見解に同感です。
    日月神示の悪をこらしめるのではなく改心させる考えと同じものになると感じます。
    戦うのではなく「改心」させて従わすところに本当の愛があると感じたことがあります。
    これは究極論の例え話でもありますが、例えば自分の愛する家族が殺された時に、自分はその犯人を許すことができるのか?
    と考えたことがあります。
    最終的に「許す」ことが出来ない状態のままだと「憎しみ」の憎悪だけが残るのではないか?と感じます。
    客観的な部分ではありますが、実際にその立場にならないと本当の気持ちは理解できないものが事実です。
    過去の悲惨な戦争がよい例題でしょうか?・・・
    しかし、本当に重要なのものは、その「戦争をビジネス」として「お金儲け」の為に、戦争を「創造」する存在がいる限り、「憎しみ」は続きます。
    ここが一番重要な部分ではり、決して「陰謀論」ではないことを理解されない限り、「光と闇」の問題は解決されません。
    ジュセリーノもそのことを重要視されています。

  21. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    立ち読み人さん
    死の商人の心がどうなっているのか考えてみたらどうでしょうね。
    洗いざらい考えられるだけの「彼らの考え」をいちどここででもいいから、書き出してみてはどうでしょう。
    そしてそのひとつひとつの考えの行き着く先をシミュレーションしてみてはどうでしょう。
    そのシミュレーションを、ときおり童話などで当たり障りないように書くのはよくどこでもなされているわけですが、もうためらっているステージではないでしょう。
    マスコミは潰されたら困るから何もできませんが、我々個人レベルでは言いたい放題も可能でしょう。
    ちょっとやってみましょうね。
    人のレベルでは、地球温暖化などで首が絞まってくると、彼らも札束の山を見上げて、おいこのままだとどうなるんだと考えるようになります。彼らは、考えを改める可能性を持つ人々です。
    しかし、単にゲームとして楽しんでいる者がいます。彼らは金をかき集めて、人には施しません。これは世界が終わろうとしても、改まることはありません。面白く生きればいいだけなわけですから。
    さらに、自分の銅像を歴史上に打ち立てておくためにしている、いわばギネス的長者もいます。彼らは歴史が終わると分かれば、あわてます。といっても、彼らもトップ取りゲームのとりこであるだけに改まりません。
    次に、世界を終わらせれば天国に行けると思っている人々がいます。彼らはたとえ人に迷惑をかけないでいるようにしていても、改める人に手を貸すことはありません。もうまさに終わろうとするのに、ブレーキするようなことはしたくなく、世の退廃を憂うふりをしながら、これも神の計らい、当然のことと受け取り、改める側にはつきません。
    まだあります。いろいろな人為的不幸を受けて、その原因者を憎み、いつでも仇を討つ覚悟にある人々。自民族以外を動物レベル以下と見なすことを当たり前にしてきた人々。
    以上の人たちは、すでにゾンビ化していると言えます。つまり洗脳を解くしかないわけですが、そのためには途方もない時間をかけての教育が必要になります。
    そう、つまり彼らは長じるまで、そうなるように教育されてきたのです。
    だから原因はもっと上、違ったものに行き着かねば、またぞろこうしたゾンビ兵卒が生産されるだけです。
    罪を憎んで人を憎まず。その罪とは何かをもっと突き詰めて具体化しなくては、改善は望めないでしょう。

  22. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    立ち読み人様
    >これは究極論の例え話でもありますが、例えば自分の愛する家族が殺された時に、自分はその犯人を許すことができるのか?
    >最終的に「許す」ことが出来ない状態のままだと「憎しみ」の憎悪だけが残るのではないか?と感じます。
    自分の考えを少々述べますと・・・。
    長い輪廻の中においては、殺したり殺されたりする立場を繰り返して、既に大半の魂においてはその学習が、「済み」であるように思います。皆、殺された者や殺された者の家族の気持ちを魂の経験上、潜在意識下で痛いほどわかるので、そういうことをしでかさないように戒めるのだと思います。
    未だにそうした局面に遭遇する場合は、それはまだ過去の因縁が切れていないことの現れであろうと思います、究極的には・・・。そうした状況下で、加害者の相手を許せるか許せないかという問題よりは、むしろ被害者の立場を生きる・生ききることに人生の意味があるように思います。苦しみの期間、総量は、自分が為したかつての罪(・・・それは前世も含めてですが・・・)があって、それらが消えるまで続くように思います。
    戦争が何の為にその存在悪を許されているのか、また戦争に関わる商売をする方々はどうなのか・・・具体には神の創造の領域の事柄でわかりませんが、善とか悪とか立場を越えて様々に立場を演じて、究極的には全ての魂に学ぶチャンスが与えられているのが「この世」と理解をしてますが・・・。答えにはなってないですけど。日本の60年の平和という世界史上希に見る状況も、他国の軍事的犠牲と均衡の上に成り立っていることもよーく認識したいと思っております。つまり間接的には、加害者でもあり被害者でもあるわけです。
    善とか悪とか、因果応報の類(たぐい)は、皮相ではなく真理(二元論を越えた世界)を見るような視点を持ちたいといつも思っております。それら全てを包括する概念が、全ての生きている間に起こる全ての人や事柄への「感謝」だと思い、その実践面に傾注している次第であります。

  23. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    スゴイ!!
    また、ずしりと来ましたヨ!!
    輪廻転生のカルマにも関する部分まで入り込むとは!?
    お主もなかなかやるの~
    ってか。
    とチョケルのは大変失礼な表現とは承知でしたが、でも本質に触れる非常に重要なことでもあります。
    そのチョケた表現の理由には、「宗教」と言う概念を壊すのにはチョケルのが一番かと感じたのでそのように表現しました。
    また近い将来には「宗教」と言う概念や壁がなくなるのではないか?と感じます。
    それは地球外の存在を公式に公開し認めれば、その概念が崩れ落ちるのは必然ではないかと・・・

  24. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    立ち読み人様
    あくまで、私の「見て」「聞いて」「知った」中の真理を話しておりますので、立ち読み人様のご存知の真理はそれを上回るかもしれませんので、悪しからず、ご了承下さい。
    確かに人々を集合的にある世俗的法則で結びつけている「宗教的組織」は解体する方向でしょうか、「宗教の開祖が伝えようとした宇宙の真理」は生き続けるのだと思っております。それが、カルマの法則であったり、「輪廻」だと思います。ただ、「輪廻」という仏教的な1個体の魂が変遷を繰り広げるかどうかについては、諸説ございますので、言い切らない慎重な立場をとっております。つまりあるグループの中の一部分としての自分の魂の実在(=グループソウル説)である可能性もあり・・・。
    いずれにせよ、今地球上にてPという1個体として、「生かされている」ことは稀有なことであって、こんなに有難いことはないのだという実感が益々高まります。
    地球外の存在については、それを今のところ「次元交錯」と解釈しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です