琵琶湖周航の歌6・・・琵琶湖湖底遺跡の謎

琵琶湖湖底遺跡の箇所は非常にたくさんあるらしい。
そのほとんどにおいて地すべり説が有力視されているようだ。
というのも、湖底にある砂の層の上に生活圏の土地が乗っかっている状態で見つかっているからだという。
それだけ水辺の土地は緩んでいるから、地震防災に気をつけねばならないとまで言われている。
果たしてそうなのだろうか。それなら、海岸べりにおいても同様だろうが、町や村ごと海中に滑り落ちるほどの規模になった例があるだろうか。
琵琶湖の水は容易に土木工事で疎水を作り、抜くことも、塞き止めて満たすこともできるわけである。
水のないときでも湿地帯の状態に長くあったに違いない。すると生活するとなれば、干拓するときのような方法で盛り土を行うのではあるまいか。つまり湖底の砂の層の上に生活圏の土砂が乗るわけだ。
ここにも弥生人ごときに何ができるという先入観があると思えてならない。
そもそも、竹生島、沖島、多景島は人工島であると私は考える。
水の中に土砂を運び込むことは不可能に近い。
だが、水のない間になら、土木工事は可能だ。
古墳をも造り出すエネルギーを弥生人といえども持っていた。
当然そのときには、いま水深の浅めのところには、都市集落もあったことだろう。
稲作の集落と土木事業のための都市集落があったはずだ。
その頃には、都市の間を川が流れていて、大阪湾まで繋がっていただろう。
そして政策的に水を塞き止め、満たす段になると、集落はおのずとせりあがっていく。
より新しい集落が岸辺近くに長く留まり、あたかも地すべりでそうなったかのような様子を呈するに至ったのではなかったか。
もっと琵琶湖中心部の泥の堆積の下を詳しく探ってほしいところだ。