琵琶湖周航の歌4・・・神々の能舞台

いよー、ポン
いよー、ポン
ここはあふみの能舞台
永くかはらぬ風情なれ
四季おりおりの作り物
揃えてみなを楽します
思ひをまねく春霞
舞台に映える神々の
舞ぞ近くに見えるとぞ
夏の高津日逢ひ引きの
男神女神の吐息ゆへ
暑き光と気吹きなれ
四海波の頂に
おのもおのもの神坐す
はやす囃子の秋祭り
冬のおろしははや来たり
時改めの伊吹神
かける神世の白装束
春の芽吹きのふきのとう
土手に佇むねこやなぎ
廻る出会いの季節なれ
かかるあふみの豊かさよ
神は神話の舞を舞ふ
愛でる心ぞ豊かなれ
能の何たるかも知らぬ下手な構文でありますが、万葉人の心にあやかってみようとの思いから、一席ぶってみました。
Pさん、メイさん、琵琶湖関係の記事の制作への写真面、発想面の協力、ありがとうございます。

「琵琶湖周航の歌4・・・神々の能舞台」への23件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    拍手!拍手!拍手! 万来の拍手です。
    神・仏、変幻自在界、森羅万象、極微細、時空の裏から表まで、・・・隅から、すーみ~まで、鳴り響いています。

  2. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    森野さん!!
    神界の神政なる山々の共鳴文で森上がっておられるので、興味深く、また森野さんの独特な論説と皮肉まじりのするどい見解にはいつも関心しております!!
    さて、昨日武良さんと電話をして、僕のこの前に体験を連絡しまして、あまり派手にやらないほうが良いですヨとアドバイスを賜りました。
    どうやら間違いないようです。
    以前に米国国防省からのメールと日本政府からの足跡があったとお聞きしましたが・・・
    それで、先般、御知らせした、日本の月探査衛星「かぐや」の月の映像でUFOと宇宙人の基地を日本の大臣が確認した情報ですが、実は武良さんからの話で、先月に阪本さんから同じ情報を聞いていたと言うのです。
    この情報は違うルートからの情報ですが、その事実を裏付けるものでもあるようです!!
    マージナルに匿名で(別名で個人名はイニシャル)で他人を装い投稿致します。
    では、この変で失礼します。
    でも、強烈なマイクロ波にはまいった。
    まるで昔にあった白装束のなんとかウエーブの報道と被ってくる内容ですが、もしかしたらあの報道もなにか?裏があるのかもしれませんネ

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/234.html より
    現在の地球に関する高い意識体からの情報
    きくちゆみさんの旦那さんである、
    森田玄さんのブログにて、とても興味深い記事を
    発見しましたので、こちらにもご紹介致します。
    玄のリモ農園ダイアリー
    http://moritagen.blogspot.com/
    月曜日, 2月 04, 2008
    マシュー君からのメッセージ
    http://moritagen.blogspot.com/2008/02/blog-post.html
    先日、コスタリカの友人から送られて来たメールに書かれているメッセージに目が引きつけられました。そこにはいま世界で起きつつある政治経済社会問題の内面が、異なる次元からの視点で克明に説明されていたからです。
    いまの世界の混乱と苦悩は、人類史上でもかつてない規模で世界中を覆っていることは明らかです。これが単なる社会現象ではなく、背後にそれを操る巨大な闇のパワーが存在していることに多くの人が気づいています。
    このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、じつは1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。
    どうやらマシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体のようで、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えていると考えられるので、その内容の真実性はひじょうに高いと言えるでしょう。
    以下、訳文です。
    ***************************************
    January 27, 2008
    アメリカ大統領予備選挙、経済変動、イルミナティ・グループ支配の崩壊、インターネット、音の重要さ、三次元世界の混乱と暴力と宇宙次元での意味、世界変革への宇宙からの支援
    1. これは私マシューから2008年初頭のあなた方への挨拶である。今年は驚くべき決定的な年になるであろう。
    2. 世界の目と耳がアメリカの大統領予備選に注がれているが、それはサーカスにすぎない。ヒラリーはイルミナティの指名する次期大統領候補である。
    それは彼女が世界のイルミナティ・グループの中でもっとも影響力を持っているからだ。かれらは不正な投票操作で、自分たちが選んだ候補が各地域でトップ当選するように仕組んでいる。
    これらの候補が各党の有力指名候補であるかぎり、かれらはイルミナティが満足する話題だけをとりあげ、本当のことを語らないであろう。
    このように大統領の一般教書演説は本当のものは隠され、かれらの意向にそったものになっている。
    アルカイダたちによるテロの世界という無慈悲な宣伝文句に、投票者たちはいったい誰を信じ、大統領の権力を任せていいのか分からなくなっている。
    イルミナティの意向に逆らう候補はメディアから外されることは自明である。
    しかし11月の大統領選挙前に、候補者たちの正体が光明エネルギーによって暴露されるだけでなく、投票も正確な数が数えられるだろう。
    イルミナティはホワイトハウスに自分たちの候補を送り込もうとするだろうが、地球人類と慈悲深い地球外生命体(ET)の協力で、その悪の計画を挫くための強力な動きが進行中である。
    さいごにはあらゆる国の指導者は正直で賢明で能力ある者たちになるであろう。
    3.全世界を揺るがしているアメリカの経済不況についても同じような協力体制が存在している。
    銀行が巨大な負債を抱え、住宅ローンの破綻、クレジットカード負債激増、株式証券の乱高下などビジネス体制が大変化するであろう。
    4. アメリカを中心としたグローバル経済はすでに破綻している。
    イルミナティは必死でそれをコントロールしようと躍起になっていろいろやっているがすべて無駄であろう。
    増大する光エネルギーが問題の禍根を照らし出し始めているからである。
    腐敗した金融システム、連邦準備金とIRSの私物化、不正証券取引操作、自然資源の略奪などだ。
    かれらの何世代にも渡った世界経済支配が、かれらの足下から崩壊しつつある。
    5. イルミナティとは「光明を受けた者」「啓発された者」という意味の名前であり、あなた方の世界を何代にもわたって支配し真実を隠して来た悪意の輩たちである。
    別名には、陰の政府、闇の結社、エリート集団などと呼ばれているが、そのような会員制のグループではなく、むしろ世界中の権力ある個人たちが大勢集まったものである。
    かれらこそ、政府、司法組織、王族、宗教、マスコミ、金融、教育、医療、エンターテーメント、国際企業、つまり、地球上の生命をコントロールするあらゆるビジネス、組織、機関を実質的に動かしているのだ。
    あまりにも幅広くしっかりとこの闇の権力のネットワークが世界中に張りめぐされているので、ひとびとは長年に渡って簡単に支配されて来た。それ自体生命体である地球は、闇の権力の気ままな乱用によって引き起こされている地球人類と動植物そして惑星本体の苦しみにもはや我慢するわけにはいかない。
    そこで地球は、その住人たちが深く捕われている虚偽、腐敗、欲望、専横から自由になれるように宇宙からの助けを求めてきた。
    要するに、自由解放プロセスがいま世界で起きているのだ。
    6.これから数ヶ月は経済的大変動があるだろう。これは夜明け前の闇といえるものである。多くがしばらく苦しい経験をするだろう、だがイルミナティが考えていることに比べれば比較的軽いものである。かれらの計画では、数十億人が飢える一方で、闇の権力者たちはかつてない不法な富を得ることになっているのだ。
    ブッシュ大統領が石油依存を軽減するという目的で再生エネルギーよりもエタノール生産計画を押し進めているが、それはトウモロコシを人びとや家畜の食料生産にではなく燃料に使おうというものだ。
    ブッシュはイルミナティの有力者たちに言われたた通りにやっているだけだ。
    その計画も実施されることはないだろう。経済とビジネス管理に精通した霊的に進化した魂がいつでも介入できる態勢にあるので、金本位経済体制にもどるまでの経済的空白はないだろう。
    7. これまで政治家たちの楽観的公約やバラ色の経済的予測を額面どおりに受け止めて来た多くのものは、いまだに期待感をもっているが、だんだん慎重になって来ている。
    真理があきらかになるにつれ、とくに宗教が教える教義の起源と目的が明らかになると、このような気づきが起きてくる。
    光明エネルギーがさらに強くなってより高い意識と霊的理解が可能になっても、何世紀に渡るイルミナティ支配の真実暴露を信じる人たちがすべて宗教の何世紀にも渡る支配にかかわる真実を受け入けられるわけではないであろう。
    8. 真実の歴史とニュース速報について言えば、こんにち最も信頼置けるニュース源はインターネットである。
    誤った情報も伝える可能性もあるが、主要メディアが伝えない情報や相反する情報を知るもっとも信頼できる情報源である。
    インターネット上で事実が飛び交う事態になれば、新聞もテレビも無視するわけにいかなくなるだろう。
    インターネットを使ってマインドコントロールをしようという闇の連中のもくろみは、それにすぐに気づいたものたちによって解決されたが、いまだこれは偽情報を流す目的で使われるので、その内容と発信源につては注意が必要である。
    9. あなた方の判断力を高める点で、少なくてもラジオやテレビについて言えば、音が重要である。
    あらゆる音源は、精神とからだにとって有益なものと害になる周波数を発している。
    いま地球には、より高い周波数が行き渡っているので、あなた方はまわりの音にさらに増して影響されるようになっている。
    闇の権力者たちはこのことをよく知っていて、耳に聞こえない音波であなた方を攻撃しているが、これは防ぎようがない。
    しかし通常はラジオやテレビやステレオの音を選ぶことができる。
    最近の音楽やプログラムは危険な不協音や音量でいっぱいだが、これらの雑音は避けることができる。
    モーツアルトやベートーベンなどの音楽家の作品が重症患者を癒したり、植物の成長を促進したり、動物を落ち着かせる効果があることが科学的実験で明らかになっている。
    クラシックがだれにでも好まれるわけではないことはもちろんだが、この素晴らしい利点をおぼえておくと良い。
    できるかぎり自然に親しむようにしなさい。
    それが提供する音をよろこび、すべてとひとつになることのエッセンスを大いに楽しみなさい。
    そして、沈黙の音(Sound of Silence)のやすらぎ感を見落とさないように。
    それこそ黄金の音!そしてできるだけ多くの機会をつくって、自己の回復と高揚のために、静寂に浸りなさい。
    10. さて、光エネルギーが増大していると再三われわれが言っているのにもかかわらず、あなた方の目には暴力がさらに蔓延り、戦争から個人的なレベルの暴力や殺人まで起こっているのを見て、どこにその証拠があるのかと思うかもしれない。
    しかし、これはより高い周波の波動はあらゆる特性と行動を拡大誇張させる、つまり、「よいもの」はさらによく、「悪いもの」はさらに悪くなるという効果を生むという意味で考えて欲しい。
    世界中で指導的立場をねらう者たちが殺されるのはこの増大したエネルギー力の部分的影響であり、身内や知合いの暴力や無差別殺人も同じである。
    このような事件は、それを引き起こしている闇の触手のエネルギーが燃え尽きるまでつづくであろう。
    怖れてはいけない、それこそ闇のパワーのもっとも恐るべき力を増長させる道具になるからだ。
    増大した光エネルギーはいまや中心においてより強さを増しているが、精神面での恐怖はそこに割れ目をつくり、そこが闇の触手が入って来る入口になってしまう。
    光はつねに強いことを念頭におきなさい。光は愛と同じであり、宇宙でもっとも強力なエネルギーである。
    しっかりと自己の光を維持することが、闇も崩すことのできないあなたの砦になる。
    11.われわれの見た限り、通常の霊魂契約を考えると、われわれは光明エネルギーのおどろくべき進展に喜んでいる。
    また、われわれが共感する、そうだ、同情するだけでなく共感するのは、地球変換のこの段階での混乱、悲しみ、苦悩を経験している魂たちである。
    前世からの契約でおおくの魂が地球を離れているが、さらに多くがあまりにも苦しい地球での状態を避けて契約を変更し地球を早めに離れ、魂からの光明プロセスに参加して地球のマイナス・エネルギー解除の手伝いをしている。
    よりよくなることがより悪くなることよりはるかに早いスピードで起きつつあることをとりあえず言っておこう。
    12.まず、三次元での文脈で、世界でもっともメディアに取り上げられている国について言おう。
    イラクとアフガニスタン:ひきつづく戦闘と 混乱と米国傀儡政権
    イラン:闇のパワーの次なる目標、そのための核兵器開発阻止というレトリック
    パキスタン:深刻な政情不安、イスラエルとパレスティナの60年間にわたるシオニストたちによる紛争問題
    そして今レバノン。この地域全体での自殺爆弾テロなどによる暴力行為はイスラム過激派のせいにされているが,ほとんどはそうではない。平和と自由の新しい敵はイスラム教だというプロパガンダのひとつにすぎない。
    「反乱者」というラベルは、外国の占領から自国民を解放しようという者たちに付けられたもので、以前は外国の抑圧者から母国を解放しようという「愛国者」たちのことであった。
    爆弾自殺テロを含む死と破壊のほとんどが、実際はイルミナティの息が掛かったCIA分子の仕業であり、マインドコントロールされた個人がよく利用される。
    全体的にいえば、暴力行為はすべて偽りの「対テロ戦争」を押し進めるためのバネになっている。
    この戦争の拡大こそがイルミナティの本心である。
    それは市民の基本的権利をさらに奪い、世界支配のための征服と占領を維持するのに必要な人的資源確保の宣伝文句である。
    しかし、最下位の三次元エネルギーに捕われている妄想観念を除けば、これは起き得ない。
    13. 宇宙の連続性と生命の輪廻経験という意味では、これらの国々でいま起きていることは、はるか昔に始まった三次元エネルギーカルマの清算であり、これはこれまで幾世代にわたって繰り返されて来たことである。
    前世での契約によって、地球の現居住者たちは自己のカルマのバランス調整に関わることと、暗闇の第三次元の温床からの地球のアセンションを助けるためにそれぞれの地へ戻ることを選んだ。
    より遅く始まってはいるが、専制政治と流血が長い間日常になっているアフリカ諸国においても同じ真理がある。
    当然のことだが、そのような重いカルマの清算を必要としない国々に比べると、これらアフリカ地域のすべての抑圧と死の終結はよりゆっくりになるであろう。
    このような被害を受けているひとびとにとって、意識レベルでの人生はやはり厳しいものであるが、かれらの生と死をカルマでの意味でとらえれば、光エネルギーが強くなっているのになぜこのようなことが続いているのか理解する助けになるだろう。
    14. 最近のパレスチナ人が、食料や生活必需品のためにエジプトとの国境の壁を乗り越えて流出している件は、 三次元の文脈でみればその目的は自明である。抑圧された人びとが自己の生存のために自ら乗り出したということである。
    より高い視野から観れば、すべての魂の統一意識が高まり人や国の境がなくなりつつあることの象徴的事件である。
    15. 情報操作で言えば、悲劇が起きるごとにそれが大きく取り上げられることで恐怖と暴力と悲しみが繰り返される。
    だれでもこれほどの人類の苦しみを受け入れることはできない。闇の人間たちは、この圧倒的な数に対して、何をしても変えられないから結局なにもしないという人びとの無関心な反応を利用しているのすぎない。
    なんと人びとは騙されていることか!しかし何百万という人間が小さな組織から国際的運動にいたるまで大胆な行動をとって創造的な変化を起こしつつある。
    世界中のこころに浸透している増大する光エネルギーはだれも止めることは出来ない。
    どうか、指導者たちだけが重要だと思わないで欲しい。すべての魂が重要である。あなた自身の光を輝かすだけで、あなた方ひとりひとりが世界変容に貢献するのだ。
    16. これはあなたの世界だからだこそそうなのだ。霊的に進化したものたちからのメッセージがいくどとなくあなたがたに間違いないと伝えている。
    無数のあなたがたの宇宙家族が一歩一歩手助けするためにあなたがたの中に存在していること、地球のまわりを囲んでいることを。愛と畏敬とをもって、かれらはあなた方の素晴らしい世界ビジョンを顕示する手助けをしようと来ている。
    そして、どのような時にでもわれわれが心の中であなた方を愛で抱擁していることを忘れないように。
    原文:http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=84&z=2

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様、メイ様
    色々ありがとうございます。
    白髭神社のことまで、ご紹介いただきました。実は、いつも横を通り過ぎるだけで大変失礼をしております。一度参ろうと思ってます。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    どうもありがとうございます。
    みなさんのどよめきと拍手が私の糧でございます。
    はて、どっかの職業にこんなのありましたね。
    >2さん
    そうそう、大きくなると照射されちゃうのかもね。
    なら、赤井さんのCMの逆をいけばいいんでしょ。
    不真面目にやってきたからね。くらいがいいかも。
    立ち読み人さん
    たくさんの項目がありますが、まさにそうやと思いまっせ。
    ばーんとよく出してくださいました。
    9への返礼歌一首
    敷島に男神女神の雅楽鳴り ハープの邪音みな消し尽くす
    本日ジュセ川崎地震予言タイムリミットですが回避でしょう。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    このブログもあなたやメイさん、さらにはマッチョさんやMさんたちのお陰をもち、にぎやかな飾り付けもできておりまして、いつも感謝にたえません。
    序でにといって勝手を申してすみませんが、白髭さんにお参りされる折あらば、湖上の鳥居から沖島を望む眺望をひとつ写真にお願いできますでしょうか。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >序でにといって勝手を申してすみませんが、白髭さんにお参りされる折あらば、湖上の鳥居から沖島を望む眺望をひとつ写真にお願いできますでしょうか。
    お安い御用であります!
    奥人様の神聖幾何学に触発され、調べていたところ、三上山は、伊勢神宮から見て丁度戌亥(いぬい)=北西方向ですね。これは恵方(えほう)じゃないのかなぁ なんて思いました。この三上山に登る前後から猛烈に伊勢神宮に行きたい衝動に駆られ、しかもそこに第二名神が2/23に完成!三上山登頂が2/20なので、シンクロした上に、「行け」と言われているような気がして成りません。伊勢神宮は、外宮に参拝予定ですが、これは伊勢-白山道の「リーマン様」の影響であります。最初は、よくわかっていなかったのですが、最近は「生かして頂いて ありがとう御座います」と唱えることの意味が、体と心の心底から湧き上がってきます。ちなみにリーマン様は、本を執筆されたそうです。私も奥人様とリーマン様の最強神業タッグに触発され、深く入っていきそうです。ちなみに本の紹介をさせていただきますと、
    http://www.amazon.co.jp/%E5%86%85%E5%9C%A8%E7%A5%9E%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93-%E4%BC%8A%E5%8B%A2-%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93/dp/4903821269/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1203928499&sr=8-1
    であります。
    あっちこっち行きたいところ、読みたい本が出来て幸せです。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    全部が繋がっていく・・・
    以下は、リーマン様 2007/6/6記事で、今日になって気づきました。
    【君が代は、千年も八千年も、細石(さざれ石)が大きな岩になって、それにさらに苔が生えるほどまで、長く長くずっと続きますように。 歌自体に私は何も拘りが有りませんが、さざれ石 に霊的なものを感じました。さざれ石とは、細かい石・小石の意であり
    それが巌(いわお)となった状態のものが現在、さざれ石と呼ばれています。日本では滋賀県・岐阜県境の伊吹山が主要産地です。過去記事大祓詞で出てきた伊吹山です。明治時代の神道家・大石凝真素美(1832~1911)は
    琵琶湖を舞台に人類が発生したと幻視しました。2種類の人類が居り、1つは石から、もう1つは土から人類が発生したと霊視しました。この琵琶湖周辺から人類が誕生して、日本の地から世界中へ人類が散ったと主張するのです。私は、琵琶湖に面する伊吹山から出る希少なさざれ石が、大石凝が人類の元と観た石だと感じます。この荒唐無稽な話の真意は分かりません。ただ、琵琶湖は人体の子宮の形を現し、無から有を出す場所と霊的に感じ、淀川は産道であり、生まれ出た赤子が淡路島と私は感じます。大石凝さんの霊覚は、私には非常に高度なものを感じますので、たんなる戯言と切り捨てる気になりません。太古の地球に、伊吹山が重要な場所でありその背後には 白山 が控えているのは、大きな意味が隠されています。】
    マザーレイク滋賀 とは、滋賀県のオフィシャルキャンペーンの言葉ですが、琵琶湖=子宮というのが本当なら、この言葉はリンクしており、淡路島が赤ちゃんってのも可愛いらしくて最高です。

  9. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    森野さん!!
    今日また僕を応援して下っている方を見つけましたヨ!!
    http://mystudies.blog.shinobi.jp/Entry/344/
    それが?この方は?もしか?して森野さんところのレギュラーメンバーではないか?と思われる節があるのですが?
    また、非常に興味深いことをUPされております。
    http://mystudies.blog.shinobi.jp/Entry/368/
    あっああ!!
    それとマージナルの中津川昴さんが匿名の僕とは知らず、かぐやの件でマージナルに質問されてきましたヨ!!
    http://6105.teacup.com/nick/bbs/42
    でも、彼も事前に月の真実とオープンコンタクの準備について知っている様です!!
    M総研はオープンコンタクトは今年中にあると私の直感で感じます。
    その裏づけは以前、M総研のブログにもUPした政木博士の見解があります。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    リーマンさんのパワーはすごいですね。
    一貫性ある発想力はまさに内在神の働きなのでしょう。
    琵琶湖をマザーのシンボルとして・・・はあーっと唸りますね。
    そしてPさんも淡路島を赤ちゃんに見立てられたこと。すごい発見だと思います。国生みの地と神はさらにその前、母なる淡海から産み出されたんですね。
    そこで思うのは、日本のこの局部と相似形のイスラエルのすでに取り上げた場所は、産道が長くて至る先が死海とは・・後世にそう名づけられたとはいえ、あの国の姿を暗示していると思えたことでしょうか。
    やはり日本が世界に冠たらねばなりません。

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >9さん
    今年中となら、いい成果になるのではないでしょうか。
    長くなると、良くないことが起こされてしまう可能性が増えますから。
    それに彼らはインベーダーの正体を知っているはず。
    外から来たものは外からつまみ出してもらうのもまた原則のはず。
    世界人口の多数決をとったりして考えているわけにはいかないでしょう。

  12. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    今日は、クライアントの指示待ちにて
    かなり神話の世界を彷徨わせていただきました。
    伊吹山の真東、岐阜側に
    「さざれ石公園」なるものを地図上で発見しました。
    伊吹山と出雲大社が同緯度(他のサイトから)
    京都あたりから北東に見ますると
    比叡山 伊吹山 白山 立山 月山 まで
    見えてきました。まっ ぴったり
    斜め45度じゃないですけど
    今日はこのくらいにしておこうかな・・・。
    イスラエル! また地図見ておきます。

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    さざれ石公園。こうなってました。
    --------
    国歌「君が代」に詠まれているさざれ石は、日本の七高山、伊吹山のふもとにあり、学名を石灰質角礫岩と言います。これは石灰石が長い年月の間に雨水で溶解され、そのとき生じた粘着力の強い乳状液(鍾乳石と同質)が次第に小石を凝固して、だんだん巨石となり、河川の浸食作用により地表に露出したものです。
    --------
    http://www.town.ibigawa.gifu.jp/kankoujyouhou/nature/sazareisi.html
    見れば、さざえのような。(^^;;
    年季の入った姿をしていますね。
    御所-比叡-沖島-伊吹山頂 その延長線上に白山や月山も乗りましたか。それは新たなリンクとなります。
    唐図(カラス)も尾張で終はりとしてしまったのは早計だったのかも。
    調べてみたく思います。

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様~
    凄いものを見つけて頂きありがとうございました。こんな岩 というか 石なんですねー。
    伊吹山ってかの日本武尊様も手負いになったほどの荒神が居ると。奥人様の奥津論が身に浸みて理解できたのでした。
    近江一宮 建部大社が産土神的なPでありますので、果たして伊吹山に登ったらどうなることやら・・・。ですが、スキーは麓にてさせて頂きました。横浜から滋賀に戻ったばかりの年に・・・。

  15. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    春(名前にあります^^)来ました~奥人さますてき拍手喝さい!
    またまた・・はい 岐阜育ちです^^;(実家)
    以前に日本列島を龍体と見たときに、琵琶湖は子宮だとお聞きしました。
    Pさま冴えてますね~!
    伊吹山のスキー場は狭いですけど、そこから西の眺めはすばらしいですよ。
    日本武尊(景行天皇の子^^;奥人さん~(^1~)しぃ~)
    でもPさまこんなお話がありますから、行かれるのなら
    ご注意くださいね
    >尾張ではまだしなければならないことがあった。それは伊吹山の神を征伐することだった 。ヤマトタケルは素手で戦うからと草薙の剣を美夜受比売に預けて出かけることにした。伊吹山を登り始めてしばらくすると,白く大きなイノシシが現れた。山の神の使いが変身しているに違いないから大したことはないと先に進んでいった。ところがこのイノシシが山の神自身が変身していたのだった。山の神はヤマトタケルに大氷雨を降らせため,大きな痛手を被ってしまい,やがて病にかかり伊吹山を下りた。
    このときの病気で命を後に失くしたヤマトタケルノ尊は白鳥になって大和の父の元までとんでいったそうな^^
    おっこと主にお会いになられても素手では無理です~^^もちろんスットックでもね^^

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いや、驚きました。
    Pさん、メイさんご両名の話がシンクロしてしまってます。
    私は今朝先ほどお二人のコメントを開けたところ。
    これはきっと、今朝はこの話題をやれという催促なのかも知れませんね。
    そやけど、こんなときに限って思い浮かばんのも困り者でして。
    Pさん、メイさん
    伊吹の山の神はとりわけ荒神。荒魂のエネルギーとはこのようなものかというほどの厳しさ、猛烈さを象徴していたようです。
    日本武尊の話は生身の人の身を以てして、異界に挑むことは不可能ということでしょう。
    それでも人間は限界に生きることを余儀なくされたりします。日本武尊は天皇の命に拠ったわけでしょう。
    東北、甲信越のマタギも、過酷な山の自然との闘いをつい近年までしていました。山の神を畏敬し、しきたりや掟で聖域を侵さないようにしていました。
    ついこないだ熊谷達也の邂逅の森を読んだところなもので。
    自然を相手にすれば、究極的に人は現実と異界の間の域に踏み込まねばなりません。そこで異界ともおりあいが必要だったと思いますし、ときとして異界に挑んだのも人の心です。
    しかし異界は、挑戦する人を異界に誘い、そこに入ってきた者には胸襟を開いたと思います。むろん人は世を去るわけですが。見送る人の目には白鳥に映ったわけかと思います。
    しかし、白鳥にはもはや挑戦する者の面影はありません。現実に縛られ翻弄された者に死後与えられた羽ばたく自由を感じてしまいます。
    それでは英雄らしく思えなくなります。まだしも攻撃性を秘めた朱雀火の鳥であれば、異界にも果敢に挑んでいく姿が感じられたかと。新神話の主人公は朱雀になってなおも挑んでいきますよ。
    異界の脅威に晒され続けたのが人間です。多次元の座標軸の一点に存在しているかのような人間。様々な要因によって影響されています。異界からも、大地の本能からも。そこに宇宙からの干渉まで加わったら、てんやわんやの存在になってしまいます。
    いっぽう人間は科学万能の砦を構築して、こうした異界の匂いを現実の生活から排除しようとしました。やはりそれは、自然やその背後にある異界が恐かったという側面があります。
    しかし、異界的な部分を併せ持つのが人間ですから、科学だけではやがて精神的に逼塞します。
    Pさん、メイさんのようにバランスの取れた心で両界を感受していくのが望ましいわけで、古来から人はみなそうしてバランスをとってきたわけです。
    その先轡を踏まえることが、現代人には肝要でしょうね。

  17. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    メイ様
    表現を端折りましたが、ご指摘の点、認識しております。日本武尊は、制圧に行ったからまずかったんだろうと思います。山を尊び、登らせて下さいと言っていたら、また違っていたかも・・・。もちろん、そういうこともわかった上で任務として行かれた日本武尊は、建部大社の主催神であられますので、尊崇申し上げております。荒ぶる正神は、カルマの法則もダイレクトに人に伝え、それをもって大慈悲としたのかもしれません。人を討つ者は、討たれると。慢心すれば、足許をすくわれると。この説話を体現した伊吹の荒神と日本武尊に改めて感謝と尊崇の念を持てば良いのかな・・・と思いました。
    奥人様
    スキーや冬山登山がそうなのですが、とかく我々は、人間の自我からくる予定を優先させ、それがしばしば、天気の神=龍神=ナーガ神 や 荒ぶる山の神 の御心と合致せず、場合によっては、遭難したりしております。先週も土日が、強風の為にスキー場が閉鎖になったりしました。それに奥人様のコメントなどもシンクロしますと、そこには何かの神意が感じられます。人はもっと 自然=宇宙=神 を感じ、傲慢さを捨てろとの教えではないかと感得しました。先日スノーボーダーが多数遭難したが、無事帰還しました。「命までは奪わないが、よくよく判断せよ、己を知り、宇宙を知れよ」との天の声かとも受け止められます。現実世界をよくよく見れば、神の教えに満ちておりますね。

  18. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人さまお邪魔してます。
    いっぱい書いて申し訳ありません^^;
    整理されてきます。
    Pさまのコメントを頂き、まさに<(_ _)>今回のこの神話は私自身への大慈悲でお知らせいただいたシンクロかも^^;
    お調子者ですぐふわふわ浮き足立ってしまって
    いや~Pさまありがとうございます。^^
    御心のままに。あ~ほんとうにすばらしい~
    無駄なく必然!感謝です。

  19. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん、メイさん
    >「命までは奪わないが、よくよく判断せよ、己を知り、宇宙を知れよ」との天の声
    おっしゃるとおりです。邂逅の森にいたく感銘を受けましたが、小説の最後はそのような山の神との邂逅を果たしたところで終わっておりました。
    素通りすれば何も見えてこない日本神話ですが、いろんなことが次々と分かってくるものですね。
    今後は、日本神話が語ろうとしていたことをもっと掘り下げてみようと思います。よろしくご協力お願いしますね。

  20. SECRET: 0
    PASS: 232bb414ac833709157dd1f449037ec5
    奥人さん皆さん初めまして、いつも興味深く読ませてもらっています。
    いつも目を通してるブログがあるのですが
    今日それに立ち読み人さんが紹介してくださったマシュー・ワード君のお話が出てましたんでちょっと紹介しときます。
    http://yaplog.jp/koubousan-333/archive/1335
    オーブ関連でネットで探っているうちに辿り着いたブログのひとつですが
    このブログの管理人さんは一般人には到底及ばない世界を見聞きしてるようで人知れず邪神退治のようなことをなさってる方のようです。
    空海さんからアドバイスを受け取る場面などよく登場してきますね。
    最近は色んな如来様を紹介してるようですが最初から読むと面白いお話しも沢山出てきますよ。
    それではまた寄らせて頂きます。

  21. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    白燕さん
    驚きます。
    オーブがこれほどまでと思うほどたくさん撮れてます。神呪寺の大師堂にたくさん出たオーブ以上です。やはり導きを頼ってきているのかと思いますね。
    この方は実効を写真で証明しながら、啓蒙を進めていくやり方をされてますね。
    また、マシュー・ワード君は異界にあって地上との間で交信する役目を持たれたのでしょう。
    得手な方法をそれぞれ携えて、この世界に懸命に働きかけている姿は、まさに菩薩と思います。

  22. SECRET: 0
    PASS: 232bb414ac833709157dd1f449037ec5
    奥人さん、どうもです。ご覧になられて嬉しいです。
    この方普通のオーブ写真とは明らかに違うレベルのモノを写されているので私も驚いてしまいましたよ(汗、汗
    これからのマシュー・ワード君との通信が楽しみです(笑

  23. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    白燕さん
    発光が強くはっきりしているのはエネルギーの強い生霊レベルの霊体、形がいびつになっているのも生霊だと思います。
    どこから来ているかというのは、私には分かりません。
    それが分かるというのもすごいです。
    今後、マシュー君との交信を載せられるとなれば、楽しみですね。
    さて、いつかきっとさんは頑張っているみたいかな。
    彼女も異界との交信を独自の方法でやっていて、けっこう的確な回答をもらっているんですが、マシュー君のように地上に生きた霊なんでしょうか。聞いてみたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です