全戸緑化計画

近い将来、全人口が自給自足に陥り、飢饉に瀕するようなことが起きてくるに違いない。
そこで過去の名君に学んで欲しい。
上杉鷹山公は、藩内の領民のすべての家々に、食べられる実のつく木々による垣根を作らせた。少し敷地があれば、菜園も作らせたであろう。
当時の民は、蓄えするほどの余裕もなく、もしその年が不作であれば、たちまち飢饉に瀕した。そのようなときのためにと、代用食物の生産に力を入れさせたのだ。
それを現代に当てはめるなら、もっとアイデアは広がる。
ビルというビル、あるいは一戸建てという一戸建ての屋根、壁、小さい公園の敷地に、なるべく食用植物を這わせながら育てる工夫をする。
これによって、建物内部の温暖化が防がれ、省エネが促進される。
蔓性食用植物なら、かぼちゃやきゅうりが筆頭だ。
蔓性でなくとも、プラスチック成型した縦長型の水耕栽培装置を並べれば、建物を食用植物で覆うこともできる。
これからの産業は、なるべくなら工業であるべきではない。それは時代の流れに逆行となるだろう。
第一次産業かそのサポート産業への展開が必要になる。その方向を向いたリフォーム産業もいい。食料自給率を高めるのに、いつまでも沈滞した政府など頼るべきではない。先行きに目覚めた各自が取るべき避難行動として、まず自分の家、家族を自衛的に守ること。そして、余禄で地域を、国を守るという方向かと思う。
地域で一人始めたら、いいなと見ればみんなやり始める。ノウハウを出し惜しみするなかれ。そうして、いざというときに備えることがだいじなのだ。
20年ほど前は、まだ健康だった。その頃、意識して夢をコントロールして行きついた先の世界のことを話そう。
そこでは家がビルのような四角形だった。ところが、すべて植物もしくは土壌で覆われているのだ。屋根に人がいたので尋ねてみようとして驚いた。その人は私であって、画家のようなベレー帽をかぶって、植物を屋根に植えているのだ。
そこで、質問を変えた。「あなたはいつ頃からここにいるのですか」と。
するとその人物は、「ずいぶん前からここにいます」と笑顔で答えた。
そこで目が覚めた。
この人は、私なのか?もしそうなら、過去の?あるいは未来の?
空は夕方でもないのに、濃い群青色。小川に沿って赤い花が咲き、小川には月のような光がきらきら反射していた。
いったいどこの世界だったのだろう。
あのような平和そうなところ・・・未来であってほしい。