禽獣には禽獣にとっての名医あり

この記事、あまり人気がない。いや、たぶんみなさん意識を遷移されたのかもしれない。消息確認のための黄色いハンカチやから、もしまだ生きているなら、合図してよ。
ご存知、たまちゃんと接触するようになって、いきなりいただいてしまったのが彼女のきつい皮膚病だった。
ほっぺに接触されたところが痒くなり、赤いマークが次第に茶変、そこから痒みは広がっていくような次第だった。(マグマの熱によるものかと思ったが、実は人類の出した有毒物質によるものだったとは)
さらには股間にも飛んで痒いのなんのって。(むかし病態の世相を自らの身に映した惟摩居士という人もいたとか。しかし痒いのは我慢ならんで)
そこでB.J先生に尋ねたら、これはたまちゃんの病気がうつったというわけで、何と処置してくれたのが、これからたまちゃんに施そうという手術の縮小版だったんだなこれが。
こうやって殺菌すればいいんだ、と熱湯の入った瓶を患部に押し付けた。(フィクションに付き良い子は信用しないでね)
ぎゃあーーっ。
何箇所かに飛んでひどい痒みを発していた病巣に、こんなことするんだから、終わったあとはさすがに痛んだが、このほうがよほど我慢できると、むしろ快感となった。
皮膚下1Cmまで結節を作ろうとしていたものも、普通の皮膚の厚みに変化し、皮膚表面は火傷で赤変していたが、治癒に向かっていると想像できた。
ところがだ。これで病菌は死滅したりはしていなかった。
それはもう、何度失敗しても懲りない拝金主義者のような菌だったから、すぐに体制を立て直してくるわけだ。
何度繰り返したことか。
ところがついに、病菌のほうが暴発を起こした。問題のなかったところに、勢いよく攻め込んできたんだ。耳全部が腫れだし、たいへんなことになりそうだった。
そこでついに、B.J先生一辺倒をやめて、毒舌でこき下ろすが、言うこと聞いていれば治ると噂のある医者へと向かった。年は90近くという。そんな年までできるのか?
初対面して、ふといきなり感じたのは、この先生、チャボの化身だということだ。
何となく親しみに変わり、むちゃくちゃこき下ろされつつも、顔の茶変したマークから、先生のリクエストに応えて、あそこの穴まで見せたよ。
すると老チャボ先生、「こんなことなるまで、よう放っといたな。わしの手で治せるかなあ。治せる自信全然ないわ」と大声で言い放つ。あのお、待合室には若い女性がいたんだが。聞こえてるよなあ。
しかし、噂ではそう脅しておいて、みごと治す名医とのこと。
「ここまで水脹れができてんのは、初めてや。何でこんなひどいことになるんやろ」と仰るので、熱湯殺菌をかけた経緯を話すと、「阿呆なことしてからに。治せるもんもよけい治せんようになるわ。火傷でずるずるやないか」との激しくもまた頼りがいのある叱責をいただく。
「一週間飲み薬飲んで、軟膏つけとき。痒みがなおっても、痒み止めがはいっとるだけやで、治ったと思わんと、薄うてええから引き伸ばして一日何回でも塗りな。しかし、治らんかったって、知らんからな。こんな患者見たん初めてや」と、まあここの患者なら誰しも通過したであろう、同様の洗礼を投げかけられて、帰ったわけだった。(同様?こんな変人おらへんわ)
さて、どうだったか。
ひとたび薬を飲み、塗っただけで、あっという間に痒みは引き、翌日には耳の腫れも結節も解消し、まるで魔法使いに治療してもらったかのようだった。市販薬の数々は何やったんや。あんなもん、よう売っとるわ。
来いと言われていた一週間後、喜び勇んで先生にお礼を言うと、椅子に腰掛ける前に、「軟膏がなくなったらまたおいで」と、わずか20秒ほどで診察終了と相成ったのであった。
軟膏はけっこうたくさんあって、半年以上持つかなというとき、今度はどうやら疥癬にかかったらしく、ぶつぶつができて痒くなった。
また先生のところに行こうかとしたとき、痒みだけでも軟膏でとったれと塗ったところが、またもぶつぶつからして治ってしまったのだ。
きっとこれは皮膚病の万能薬かも。
つらつら思うに、ほとんどの場合、まともに治せぬ薮医者ばかりのところ、トリ系だと思うような先生にかかると、みごと治してくれる。
決して評判がいいという先生でなくとも、的確に処方してくれるというのは、やはり相性の問題が大きいようだ。
ピロリを根絶してくれた以前の医師は、けだかい志の雷鳥だった。
思えば大過去に皮はがれ赤剥けの兎に、蒲の穂で治せと教えたオホナムチも龍蛇。
禽獣には禽獣相手の名医あり。
私はたまちゃんをB.J医師のもとから転院させて、老チャボ先生の、といっても人間次元ではスケールが違い対応がとれないので、老チャボ先生のハイラーキー、グランドパ老チャボ先生に頼むことにした。
きっと、身体への負担の軽い軟膏と飲み薬で治療してくれるのではないかな。とにかく人間が延長したようなのは、いくら評判が良くてもだめだと分かった。
こういうわけで、せっかくの数十箇所への温熱治療の予定は、取りやめになちった次第。
ドクトル・グランドパ老チャボ医院に連れて行ったので、ま、よろしく願いたい。
このドクトルもかなりの毒舌らしい。
たまちゃん、がまんしいよ。
勤勉すぎて無理した者ほど、きついこと言われるからな。

「禽獣には禽獣にとっての名医あり」への11件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pです。
    生きてますが、会社がピンチで緊張状態です。ミニカタストロフィーに足を突っ込みかかっておりまして、余裕がないのです。悪しからず。尚、掲載されていた記事は楽しみにしていたので再掲していただくと嬉しいですが。昨日は、意識が低くなって彷徨って家で読めませんでした。すみません。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    そうでしたか。
    9月から多忙になるとのことでした。
    あえて書き込もうとされずとも、よろしいからね。私も励みになるような記事を目指します。
    ご無理だけはなさらないように。なるべく心にゆとりを持っておいてください。
    みなさん力をあわせて、難局を克服されるように、心から祈っております。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pです。
    依然として、毎日このブログを最初に見てますよ。奥人様は、皮膚疾患に苦しんでおられるのですか?自分も乾燥肌で苦しんだ経験があります。今も少しそうかな。宇宙意識への道 や このブログに出会ってから、「気づき」もあり大分緩和されました。飲み物に少し気をつけると良いかなと思い、自分的には、水や緑茶(還元作用)を飲むようにしております。自分の場合、前世・今生のカルマの問題もあるような気がしてます。病も、イマジネーションふくらみますよね。忙しいときは、無理をせず短めに書き込みますので、宜しくお願いします。お祈り頂戴し、ありがとうございます。

  4. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    Pさん
     何か胸のあたりがどきどきで、重く苦しい感じかもわかりませんが、今までのこと何事も感謝・感謝を発振してくださいね。
     目の前の有象無象も必ず何かの魂の成長になる為であることを感じて、できるだけ客観的なマインドと直感を大切にして頂けたらと思っております。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマン様
    直接会話は初めてですね。いつもありがとうございます。「胸のあたりがどきどきで・・・」その通りでございます。意外に冷静ではあるのですが、やはり明日食べる糧がないと・・・という思いで。しかも、経営側におりますので責任を負っております。と言っても年齢的には若輩なのですが。前の文章と言い。④と言い、いつも参考にさせて戴いており、まことにありがとうございます。感謝想起、これは大事ですね。
    胸のどきどき感は、実は会社のことが3割とすると、今後起こると警告のある未曾有の自然災害の方が7割という感じです。胸のどきどきスペースもしっちゃかめっちゃかの忙しい感じです。
    今後とも末永いお付き合いができますよう宜しくお願いします。というか前世ではいろいろありがとうございました、来世でも宜しくという不思議な感じもありますが・・・。このブログだけで通用する会話ですね!
    とにもかくにもありがとうございます。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさんは経営者なのでしたね。
    一人だけではない責任を背負っておられるということで、心労も並々ならぬかと思います。
    カルマですか。そのようなものは、今のあなたには関係ないです。日々刻々只今誕生。模範たろうとする新しい生に過去の障りなどどこにもありません。
    もし業態の転向が利くようなら、予言なども参考にできるように、何がこれから求められるかを見て、順張りで進むことがよいかと思いますが、そのようなことは熟考されてますね。
    勝手書きました。
    まずはソフトランディングに導かれますように。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >今後起こると警告のある未曾有の自然災害の方が7割
    おられる場所のことがありますね。
    私も危険ラインどっぷりです。
    M総合さんもでした。
    こうした方向に関心があると、余分に気を回すことにもなります。
    知った者は知ったなりの役目と思って、有効活用するしかありません。
    手に届くことの中で、できる限り誠意を尽くすということでしょうか。

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様、マッチョマン様
    こういう現実的な悩みに対するご両人の文章からは、海千山千の苦労を知る者しか出せない、他人を労(いたわ)る気持ちが顕れており、改めて御礼申し上げます。事業には借金はございませんが、売り上げの減少から持続可能性が厳しくなってきている状況です。それほど深刻な状況ではございませんので。
    奥人様
    奥人様は、兵庫あたりですか?
    私の方は、琵琶湖=断層湖。
    我が家は、琵琶湖の東側の丘陵地で、切土なので何とか・・・とは思っておりますが、警告の地震は、超度級っぽいのでテントでも買おうかなと。一次防災対策しかしていないので、兵糧とか、エネルギー系を強化した方が良いかなと思い始めております。信用している地震予知体感の数値は、数日間の不気味な平穏期から上昇に転じております。個人的には、今週末本格対策するか否か検討中ですが、皆様や如何に?

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pさん
    貯蓄者すら、いつこけるや分からない時代。
    臨機応変な身軽な態勢も必要となることです。
    従業員諸氏とも考え方が分かち合えるようならいいのですがね。
    なんとも申し上げられません。
    私は兵庫です。
    きっと震源から東西分かれて同じぐらいの距離では? 湖が近いとなれば、標高が確保されればと思うわけですが、丘陵ということなのでいいかな。
    私のところは150mくらいですかね。
    こちらは山崎断層がかかります。
    テント。ベーシックなそれがいちばんでしょうね。あと、ワンボックスカーなどは、避難先の事情によってどうか。逆に地震の時は危ないかも知れませんね。
    兵糧は玄米一年分(家族分)は最低限。電気は復旧が早くとも、ガスは長く無理。当面、炭や薪で火を使える道具が要りますね。避難所がOKなら、食事には困らないかも。しかし、阪神の比じゃないからねえ。
    その頃の日本がどんなか、によって食料備蓄はもっと考慮されねばならんのでは。
    いや、たいへんですね。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Pです。
    会社ピンチの割に、書き込み量NO.1は、どうなっとるんじゃとお叱りを受けそうな勢いです。
    六朝文化とまで言われた、本ブログの気品も実際に避難とかサバイバルの戦術面を内容に取り上げると、味気がなくなってしまい、原因者としては、恐縮至極です。とは言え、万が一にも現実となったときのことは、本気で考えないと。備えあれば憂いなしと言いますが、文明末期の本気モードの災害のことを考えると、備えても備え切れぬ思いもありますが。最後は根性で草の根を喰ってでもという世界になりそうで。
    本当に大変ですね。

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    会社ピンチというのも、日本や世界ピンチの縮図としての意味があるのではないでしょうか。
    救えても救えなくても、おおきな教訓が得られるのでは。
    何度も遭遇せねばならなくなるホンバンに備えましょう。
    もう少ししたら、次の記事を出します。ワタクシ事のような感もありますが、後半にちょっとためになる(ならんかも)話を少しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。