禽獣には禽獣にとっての名医あり

この記事、あまり人気がない。いや、たぶんみなさん意識を遷移されたのかもしれない。消息確認のための黄色いハンカチやから、もしまだ生きているなら、合図してよ。
ご存知、たまちゃんと接触するようになって、いきなりいただいてしまったのが彼女のきつい皮膚病だった。
ほっぺに接触されたところが痒くなり、赤いマークが次第に茶変、そこから痒みは広がっていくような次第だった。(マグマの熱によるものかと思ったが、実は人類の出した有毒物質によるものだったとは)
さらには股間にも飛んで痒いのなんのって。(むかし病態の世相を自らの身に映した惟摩居士という人もいたとか。しかし痒いのは我慢ならんで)
そこでB.J先生に尋ねたら、これはたまちゃんの病気がうつったというわけで、何と処置してくれたのが、これからたまちゃんに施そうという手術の縮小版だったんだなこれが。
こうやって殺菌すればいいんだ、と熱湯の入った瓶を患部に押し付けた。(フィクションに付き良い子は信用しないでね)
ぎゃあーーっ。
何箇所かに飛んでひどい痒みを発していた病巣に、こんなことするんだから、終わったあとはさすがに痛んだが、このほうがよほど我慢できると、むしろ快感となった。
皮膚下1Cmまで結節を作ろうとしていたものも、普通の皮膚の厚みに変化し、皮膚表面は火傷で赤変していたが、治癒に向かっていると想像できた。
ところがだ。これで病菌は死滅したりはしていなかった。
それはもう、何度失敗しても懲りない拝金主義者のような菌だったから、すぐに体制を立て直してくるわけだ。
何度繰り返したことか。
ところがついに、病菌のほうが暴発を起こした。問題のなかったところに、勢いよく攻め込んできたんだ。耳全部が腫れだし、たいへんなことになりそうだった。
そこでついに、B.J先生一辺倒をやめて、毒舌でこき下ろすが、言うこと聞いていれば治ると噂のある医者へと向かった。年は90近くという。そんな年までできるのか?
初対面して、ふといきなり感じたのは、この先生、チャボの化身だということだ。
何となく親しみに変わり、むちゃくちゃこき下ろされつつも、顔の茶変したマークから、先生のリクエストに応えて、あそこの穴まで見せたよ。
すると老チャボ先生、「こんなことなるまで、よう放っといたな。わしの手で治せるかなあ。治せる自信全然ないわ」と大声で言い放つ。あのお、待合室には若い女性がいたんだが。聞こえてるよなあ。
しかし、噂ではそう脅しておいて、みごと治す名医とのこと。
「ここまで水脹れができてんのは、初めてや。何でこんなひどいことになるんやろ」と仰るので、熱湯殺菌をかけた経緯を話すと、「阿呆なことしてからに。治せるもんもよけい治せんようになるわ。火傷でずるずるやないか」との激しくもまた頼りがいのある叱責をいただく。
「一週間飲み薬飲んで、軟膏つけとき。痒みがなおっても、痒み止めがはいっとるだけやで、治ったと思わんと、薄うてええから引き伸ばして一日何回でも塗りな。しかし、治らんかったって、知らんからな。こんな患者見たん初めてや」と、まあここの患者なら誰しも通過したであろう、同様の洗礼を投げかけられて、帰ったわけだった。(同様?こんな変人おらへんわ)
さて、どうだったか。
ひとたび薬を飲み、塗っただけで、あっという間に痒みは引き、翌日には耳の腫れも結節も解消し、まるで魔法使いに治療してもらったかのようだった。市販薬の数々は何やったんや。あんなもん、よう売っとるわ。
来いと言われていた一週間後、喜び勇んで先生にお礼を言うと、椅子に腰掛ける前に、「軟膏がなくなったらまたおいで」と、わずか20秒ほどで診察終了と相成ったのであった。
軟膏はけっこうたくさんあって、半年以上持つかなというとき、今度はどうやら疥癬にかかったらしく、ぶつぶつができて痒くなった。
また先生のところに行こうかとしたとき、痒みだけでも軟膏でとったれと塗ったところが、またもぶつぶつからして治ってしまったのだ。
きっとこれは皮膚病の万能薬かも。
つらつら思うに、ほとんどの場合、まともに治せぬ薮医者ばかりのところ、トリ系だと思うような先生にかかると、みごと治してくれる。
決して評判がいいという先生でなくとも、的確に処方してくれるというのは、やはり相性の問題が大きいようだ。
ピロリを根絶してくれた以前の医師は、けだかい志の雷鳥だった。
思えば大過去に皮はがれ赤剥けの兎に、蒲の穂で治せと教えたオホナムチも龍蛇。
禽獣には禽獣相手の名医あり。
私はたまちゃんをB.J医師のもとから転院させて、老チャボ先生の、といっても人間次元ではスケールが違い対応がとれないので、老チャボ先生のハイラーキー、グランドパ老チャボ先生に頼むことにした。
きっと、身体への負担の軽い軟膏と飲み薬で治療してくれるのではないかな。とにかく人間が延長したようなのは、いくら評判が良くてもだめだと分かった。
こういうわけで、せっかくの数十箇所への温熱治療の予定は、取りやめになちった次第。
ドクトル・グランドパ老チャボ医院に連れて行ったので、ま、よろしく願いたい。
このドクトルもかなりの毒舌らしい。
たまちゃん、がまんしいよ。
勤勉すぎて無理した者ほど、きついこと言われるからな。