賽の河原

賽の河原は、誰しもが死の直後に渡って行かねばならない三途の川にある河原のことで、
Wikipediaによると---
賽の河原は親に先立って死亡した子供がその親不孝の報いで苦を受ける場とされる。そのような子供たちが賽の河原で、親の供養のために積み石による塔を築くと、鬼が塔を破壊し、再度や再々度塔を築いてもその繰り返しになる。このことから「賽の河原」の語は、「報われない努力」「徒労」の意でも使用される。しかしその子供たちは、最終的には地蔵菩薩により救済されるとされる。
-------
とのことである。
さて、六道輪廻はこの世にありとする説によれば、死後の手続きもいっさいがっさい、この世の経験の中で満たされると考えることができよう。
そうしたときに、賽の河原の意味するところとは・・。
私流に仮説させてもらうなら、人の個々、あるいは人類が、これは正しいと思いながら一生懸命積み上げていった諸々のことが、河原の積み石に置き換えられて、それがある程度築かれる度に、鬼のような不条理な節理の侵襲に見舞われて、元の木阿弥から出直さねばならないことを語っているように思われる。
つまり、三途の川、賽の河原という説話も神話の手続きとなっていて、人の個々の一生から人類の一生、さらにはそれらの死後世界まで幅広く懸かる定型的パターンとなっているわけであろう。
その是非はここでは問うまいが、いかにも人間の置かれた立場はかくなるものなるかと、諦観を以て眺めねばならないような陰鬱な気分にもなるわけである。
個々にも、全体にも、突然の事態の発生により、築いてきた正しいと思われてきた価値が転覆したりする。そこにカタストロフィ理論を当てはめるというのもいいかも知れない。
これは賽の河原の一側面だからだ。しかし、賽の河原は違った側面も持っている。それは、徒労を繰り返す子供を救いにくる地蔵菩薩の存在だ。
だが、この場合は、親不孝したことの罪の報いではない。良かれと思ってしたことのことごとくが、果たしてそうだったのかという、むしろ大人に通用する話となる。
人類の突き進んだ高度物質文明社会の無限成長路線の幻覚。図らずも、宇宙船地球号の限界の中の幻影でしかなかったことに、今ようやく気付きつつあるわけだが、もうすぐそこまで鬼は足音を忍ばせて来ているようなことか。そんなときは・・・
おーい。地蔵さんやーい。
なに? 浮世へ散歩に出かけた?
仕方ない。帰宅されるまでとりあえず、彼と十王配下の鬼の脱衣婆の武勇伝を伝えておくとしよう。衆生は恐ろしさのあまり、目を剥くかも知れんが。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/story/tatsueba.htm