バッファロー正義に燃えて臆病を返上

お盆の時期にもけったいな情報的なシンクロがやってくるので、敬虔な人類のみなさんには申し訳ないが、ちょっと書いておきたい。
先祖供養とは遠くかけ離れているため、今は読まずに、お盆が終わってから読みたい人は読んでもらいたい。
まず、見終わるまで長くかかる映像をお送りする。
要点を言うと、群れから外れて、ライオンの襲撃から逃げ遅れたバッファローの子供が、まさに食べられる寸前で、戻ってきた親たちの反撃によって救出されるというものだ。

弱小な一般市民たちは、遺伝子に刻み込まれた種族の臆病さを克服して、ついに生贄を要求し続けていた抑圧簒奪者を追い払った・・・ようなことを象徴しているような映像だ。親バッファローの、及び腰ながらも果敢に攻撃する勇気に心を切り替える場面がミソだ。視聴者数1000万を超える空前の大ヒットとなっているのも頷ける。
自然界の「弱肉強食」の掟からすれば、致し方ないことのように思われていることがたくさんあるが、これは「自然界でさえも、随所でその節理自体の是非が問われている」シーンであろうと思われる。日テレの報道番組で流れたために、探したところ見つかったものである。たまたま、次のような記事を思いつくままに書いていた矢先のシンクロとなった⇒ https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-359.html
自然界においても義憤の反撃があるなら、人間界においては言うに及ばずであろう。
そのようなとき、またびっくりするような話を見つけた。
https://alternativereport1.seesaa.net/article/50333133.html
私からすれば、背後のことは自明の理だったようなものだが、よもや聖書の原型がこのようなことを語っていたことまでは知らなかった。
-------------------
ローマ・カトリック教会の用いる聖書(旧・新約聖書)よりはるかに古い(8000年前)、最古の聖書である、古代シュメール語版聖書の中には、こう記されている。
神は天から金塊等の貴金属の採取のために地球に訪れ、人類に貴金属の蓄積を命令した。神は人間を家畜として育て、人間の肉を食べ、血液を飲み、食事とした。神は、「一部の選ばれた人間達」に貴金属採取を任せ、地球を去った。「選ばれた人間達は」貴金属採取のために、神の命令の下、全人類を奴隷とする権利がある。この奴隷を使い金塊を蓄積し終わった時、不要になった奴隷の全人類を戦争で絶滅させ、神の来訪を待つ。人類の絶滅と金塊の蓄積を確認した神は、地球を再び来訪し、地上に「神の国」が実現する。神に「選ばれた人間達」は、他の人間達を支配する権利を確認するために、「神を真似し、神と同一の行動」を取る。神と同様、選ばれた人間達は人間を殺害し、その肉を食べ、血液を飲む儀式を定期的に行う義務がある。
------------------
これは本当のことなのか???
よもや戯作しているということはないのか?
私としては単に、マトリックス主催者とはこういう存在として捉えるだけでいいと思っていたのだが、ここまで出揃うと、私の今までの仮説はもはや真実と言っていいだろう。
この神の意向を汲む者は、「選ばれた人間達」つまりエージェントとして動いていることになる。貴金属とはモロにその意味なのか、それとも象徴なのか。(人間の意識体験、感情、真理の発見といった、彼らにも啓発になるような美味しいもの、あるいは勤勉の労力、血と汗といった)
そこで、あのバモイドオキ神の絵柄を思い出す。酒鬼薔薇君はとんでもない神と対話していたことになるが、むしろ素直に神の実像を見ていたことになろう。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-100.html
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-291.html
そうした邪神含めその代理人的ヤカラは、地球の自然界に住む立場の我々からすれば、インベーダーつまり寄生虫でしかない。我々もかのバッファローがやったように、勇気を奮って追い出すということも必要ではないのか。そのためには、まず根本を知ること。目覚めることしかない。
だが、今は残念ながら人類そのものが洗脳されていて、寄生虫扱いの上、全滅させられつつあるようでならない。それは支配神の思う壺、シナリオ通りでしかないことになる。
また、これはUFOや宇宙人の問題、予知夢など含め予言の根幹にも関わることだ。善良一辺倒神話は見直すべきであるし、慎重な見極めが必要になるだろう。すなわち、残忍なエージェント側に着いた者の工作である場合のあること。これからの忠実な手下として、危急時に救うUFOもあるということを見越さねばならない。
私が生き延びよ、桃の実の救いがあるからと声を大にしていたのは何だったのか。もはや、何が何やら、さっぱりだ。
サバイバル後にもカンが必要とは。いやはやたいへんな時代になりそうだ。