講釈・・・未来を変える

詳しいことを事細かにする時間はあまり残されていないように思う。
何となれば、黙示録の神が自ら地上世界の支配を告げたこと。(これはシナリオだからいつかくることになっていた)
そしてジュセさんの警告のタイムリミットが間もなくであること。(これは警告しても見込みのないことの前提に立っている)
そしていくつもの兆候が出揃ったこと。(三千年に一度の優曇華(神の目)、桃の実(UFO)とイザナギ出現など)
さて、今回は奥人流未来変更ノウハウについて語りたい。といっても、何か現世利益が得られるというものではないし、信憑性の保証も何もないから、特許も新案登録もするつもりはない。(著作権は主張する)これはいけると思った人は、これで企業化でも宗教化でもなさればよい。それよりも個人努力が必要であって、時間つぶししている間などないと思う。
さて、それでは、眉唾的講釈をいっぱつカマそう。なに?臭い? それは芋食って腹が張っていた後の私の屁じゃ。どうじゃ、白檀の香りがするじゃろ。なに?タクアンの香り?
プログラム時空論は、予め言語により作成されたプログラムが存在しているという前提であった。この宇宙に限ったとしても、そのブート部の開始から最後を締めくくる命令語まで変更の利かないものとして、予め作られているわけである。
ところが、そのプログラムは、未実行分も含めて、選択肢として分岐していくべきあらゆる場合を網羅している。
よって、プログラムの実行方向が慣性方向にあるのみなら、先の未来に破断があるとしても、進行方向を変えることにより、破断のないプログラムへと進行先を変えることができるわけである。
逆を言えば、我々は、もう少し以前であれば、先行きの問題ないプログラムを慣性的に実行していたかもしれない。それをわざわざ方向を変えてまで、いずれ先の破断する(アボートする)プログラムへと舵を切ってしまった可能性もあるわけだ。(アボートとは流産のこと。あんたら嫁さんに無理させて流産させようとしとるんじゃ。馬鹿モノが)
そう気が付いたならば、どこかでレールの架け替えをすればいい道理であろう。
しかし、ふつう、人はそのような方法が分かるわけがない。万能とされる科学は逆に無知で教えることができないからだ。むしろ科学は、安全神話と隠蔽による安心の演出にやっきになるばかりで、これでは突然、アボートしそうな局面にきて、いきなりパニックを引き起こしてしまうだろう。そんなときに専門知識を持ち出されても役立つことはない。
そこで、観測界面のことしか教えない科学に成り代わって、本質を扱う真の科学によって、どんなふうに鮮やかに未来を変えてしまうかについて語りたいわけである。(本質を扱う科学??ああ、わしがするものはみな眉唾にキマットルわい)
仏教に、小乗と大乗の二通りの救済法があるという。小乗とは、個人の努力で個人単位で救済に預かる方法だ。この方法について、ジュセリーノ氏は、自ら未来を担うに相応しい精神資質の獲得によって可能であると説いているふうに見受けられる。(バロメーターの地球温暖化阻止というのは比喩じゃ)
心の性向が変われば、突然周囲の環境まで変化したような気持ちになることがある。このとき、人は自らの観測するプログラムを変化させた可能性がある。それをそのまま安定的に維持できたなら、レールが完全に変わるだろう。維持できずふらつく時は、また元のレールが相応しいものとなって戻ってしまうようなことにもなる。
私が高説をぶっている時空は、未だにレールは変わっていない。私が説教じみたことを書かなくなっていれば、レールが問題ない方向に変わったに違いないと、目安に思ってくれたらいい。(おいそれと謙虚になるつもりはない)
ぜひ、個々人レベルで、破断のない時空に逃れていただきたい。(個別でいい。早うこの列車から下りな。まだ途中駅はよおけあるでな)
さて、もうひとつ、大乗の救済法がある。これは、現在の人類が保持している破断に至ることを必然とする集合無意識を、問題ない性質のものへと変えてしまうことによる。今は集合無意識が人類全体の未来を滅びへとレール付けしてしまっているからである。
古来から多くの人々によって累積されてきた、”人類はいずれ滅びねばならない”という抑圧された意識が存在している。多くの場合、犯してしまったことの罪の意識。それがいずれ償われるから、今現在どんなに不完全でも良いという精神によって、滅びへの必然性が熟成されてしまっているのである。それをサポートし、誘導しているのは、神話だ。
我々には、人口の大半が発し続けてきた集合無意識へのインプットの流れを変えることはできない。なぜなら、あまたの予言は神話を裏打ちするように、いっそう人類の滅び志向を印象付けつつあるからである。それを逆回しにすることなど今さらできようか。もはや大衆教化という方法で太刀打ちできたりしない。(これは崩壊する相場の流れに対して、逆張りで応戦するようなもの)
ところが、人類の心を初動付けし、滅びの路線に導いてきたマニュアルである神話のほうを換えてしまうことはできる。つまり、火の元のガス栓を止めるわけである。
幸い、神話は、人々の理解するところではない。むしろ神話は、神々への捧げものであり、神々が神界においてどのような歴史顕現の舞を踊るかを規定するものである。このため、誰知ることない神話によるシナリオの書き換えによって、神々の側から下界の歴史を変更することが可能になるのである。すなわち、神に頼むのではなく、神に仕事をしてもらうのである。
神話のうちでも、聖書はずいぶんと人々の理解するところとなった。そして、その中に盛られる滅亡志向の思想を合理的かつ陶酔的なものとしてしまっている。滅亡への必然は、みなの心に希望の火として点灯しているほどだ。これを変えることはすでに無理である。
だが、数の論理が通用する部分はそれほど大きくはない。人間のする支離滅裂な思考形態は、ノイズばかりで力がほとんどないからだ。
日本の古事記について、ほぼ理解する人がいないのに、そこに書かれるシナリオどおりに歴史が進行しているのはなぜか。
歴史顕現の神話の舞を踊るのが、神々だからである。古事記がメインの神話として奉納されただけで、それが神々を図書館書士にして、相応しいプログラムを引っ張ってきて、実行のタイムテーブルに載せているからである。
古事記に書かれることなど、おそらく神職も知りはしない。だが、神々は神名と筋書きの言霊が理解できるから、古代の時点で全体のシナリオ載せが完了されていると見てよい。
それを今頃になって、別の新しい神話を奉納する効果があるのかどうか。ある。ただし、神々の目を覚まさせることによってのみ、新神話は生きてくる。
神々にとっても目の覚めるような啓発に満ちた新神話は、すでに完成しており、ご上覧いただいて、オーソライズが済んでいるという具合である。
誰知らずにする大乗の救済法。最も合理的かつ効果的に運ぶのではないかと思いつつ、事態の進行を見守っているところである。
稀有壮大な独りよがりにすぎる眉唾講釈。天晴れ天晴れ。むふふ

「講釈・・・未来を変える」への19件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    森人様
     当然勝手な意見でありますが、地球・太陽系を含む銀河のサイクルがあるようです。物語を面白くするため、よく起・承・転・結の4ステップが利用されます。地球でいうなら、1つは約6.5千年×4ステップ=26000年といってもいいでしょうか。
     この地球舞台にもセットされている起承転結のルールを知っていた古代の種族の知恵が、神話などとして現在にも伝わっているのでしょうか。1サイクル前または各ステップの激動の移行期の記憶の断片を持っている多くの種族の言い伝え、ギリシャ、日本、ネイティブアメリカン、マヤ、アステカ、(シャンバラ・・?別格)は大枠で予知が出来るでしょうし、その舞台で演技する存在、主に人間の意識進化も想定できるのでしょう。
     ここで言われる古代からの神話は、前のサイクルの記憶・反省・経験知から出たもので、次へのサイクルの予測・希望等を示すものでもあるかもしれません。当然そのシナリオは本来演技者が意識的に随時変更していくわけですから、書き換えなど当然OKといえます。逆にいえば、気がつくのが遅いなどともいえるかも・・。
     以上他愛ない勝手な思いつきであります。
    森の賢者の壮大な講釈とのずれがありそうですが、どうかお許しください。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    [絵文字:v-91]マッチョマンさん
    善悪の葛藤と優位性の交代劇がなくては舞台の演技も面白いものにはならないとよく言われます。
    RPGゲームもそのような造りになっていますね。
    誰がそれを観測して楽しんでいるかに思いが至れば、それは意外と知られざる自己なのかも知れません。
    自分と仮定したキャラクターを無常の中に置いて、それを楽しんでいる。
    やっている演技者は、目まぐるしい戦闘で重傷を負っているかも知れないのに、それを観覧して悦になったり涙している者が意外と自分であったりしたらどうしましょう。
    演技者の立場からすれば、人ごとと思いやがってと、見えない者に恨み節をぶつけるかも知れません。
    意識をキャラクターに封入するほどに進化したRPGゲーム。
    それを愛でて楽しむ心が止まない限りは、無常の世界は在り続けるのかもしれないと推測できます。
    それを前提的な仮説として話を当てはめますと、
    >地球舞台にもセットされている起承転結のルールを知っていた古代の種族の知恵が、神話などとして現在にも伝わっているのでしょうか
    神話は、観客を楽しませるためのシナリオを概観させたものと言えるでしょう。
    パンフレットには概略が書かれていますが、詳細は舞台での神々の演技を見ながら、如何に下界に詳細が展開するかをご覧願いたいといった次第かも知れませんね。
    古代の種族の知恵は、演技者間で引き継がれるでしょう。演技者が意識的進化を果すことも、古代の叡智を身につけることも、観覧している自己が”スキル”を必要と思うからです。
    演技者全体にスキル的進化があれば、次の時代を形成する神話はレベルアップされたものになりえます。より高度になった冒険ファンタジーが次に待っているとすれば、心ときめくものにもなることでしょう。
    知られざる自己が、次に何を欲しがっているか。それによって、次がどうなるかが求まるわけでしょうね。
    観測主体は、我にあり。あなたの中にあるのです。
    私のした新神話は、世界のソフトランディングと、延長的な発展です。UFOも応援に駆けつけます。それが弱者にとっての理想かと思うゆえに、現在適用されている神話のシナリオが崩壊する時点を狙って、逆転更改を図ってやろうというわけです。強いトレンドに対しては、順張り狙いでなくてはというわけです。
    しかし、個々人に自己があり、思いも希望もそれぞれ別です。最後には一者に帰命するとしても、それまでは自由なのです。
    たぶん私は、ひとつの祖形を提示することになります。世界を誘導する神話が無用となるように設定しました。私はそこに仕事場を移動します。
    他の人は自由になさるべきであり、行き先を強制されることではありません。それぞれが、起動する世界を持っていることこそが真理であると考えます。
    神話による再創造の仕組みを思い至ったのは、古事記が日本の歴史を規定していたからです。天武天皇の思い付きが(とは思わないが)日本の未来を決定している。
    人は預言だと言われるかもしれません。ではそれが単に心をよぎっただけで消え去ったものだったとしたら、核兵器の登場はあったかどうか。
    カタカムナやホツマがメインになっていたなら、別の展開もありえたでしょう。
    シナリオの書き換えが随時に可能というのは、そういう意味です。
    そこで、もう一歩突っ込んだことを申しますと、たとえば、世界の終末的ビジョンを見たとしましょう。
    これがもし、夢見に長けたインディアンの部族の中で、良心あるシャーマンの元だったなら、未来の世界がそうならないために、目が覚めてから対策を立てて、不吉な夢を見た者にもう一度夢見に入らせて、夢をコントロールし、世界を救ってくるようにビジョンの立て直しの援助をしたのではないでしょうか。
    まだ夢のうちになら、変化させ易いわけですから。
    ところが古今、預言者というものは、その夢を大事にして広宣流布して定着させ、神話化してしまいました。
    ほとんどの場合が、そうではなかったでしょうか。
    みごとに嵌められたのでは?という思いを持ちますね。
    私のところに、もし預言夢を持ってくる殊勝な天使がいたなら、それを握りつぶして、天使もしょっぴいてやるでしょうが、それが分かっているからか、警戒してやってきません。(^^;;
    意外と色っぽい天使は、牛魔王[絵文字:v-45]だったりするんですよね。
    いやいや、これはちょっと孫悟空になりすぎましたか。
    賢者どころか、アルツ君[絵文字:v-10]になりかけと思って、赦してやってください。

  3. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    森人様
     いつもながらの真摯な対応、本当に感謝致します。
     なるほど・上昇しかない波には順張りしかありません。自然なやさしい勝負のしかたですね。
     天使は人間の経験を愛深くサポートすることで、今度自分が自分を忘れる経験をする場合の、深層意識の力にする・・なんてのもあるでしょうか。上下などありません。
    全て1から∞へ。∞から1へ。(・・)

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    なんと暗示に満ちた表現でしょうか。
    じっくりと思慮することの大切さを教えていただいております。

  5. SECRET: 0
    PASS: abc5daf97cf0b01d0a549d55473c08e7
    集合無意識と未来予言、関係があると思います。
    ジュセリーノも、「破滅的な予言の回避は人々の意識変化によってなされる」
    と言っているようですから。
    ちゃんと終末的な予言を外す方法も言及していると言う点で、ジュセリーノは象徴的に新たな神話の語り手になったのかもしれません(古代ギリシャなら悲劇の語り手とも言えるかも)。
    そして、「神」と呼ばれるものが人々の集合無意識に変化をもたらすなら、オカルト的(異端的)に言えば、神々は人間ひとりひとりの心の奥に宿っているのかもしれません。そして、神々は集合無意識領域ではネットワーク化されて繋がっているので、それらをまとめて一つの「神」と単数形で表現できるかもしれません。
    やはりココログのトラックバックはうまく行かないようなので、
    例の記事の後半はまたもやコメント欄にて失礼します。
    http://aya-shumi.cocolog-nifty.com/heya/2007/08/post_15af.html

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    AYAさん
    TBがうまくいかない原因かもと考えられることがありました。
    (言及リンク)が含まれているかチェックする制限設定
    をしておりました。
    もしかして該当あらば、事前に受け付けてなかったかもしれません。
    いちおうどんなTBも事前承認することにしていて、アダルト系もいったん手元で止まっているわけですが、もしかしてそれまでに・・。というわけで、申し訳ないです。
    もう解除してますので、お手数ですがテストしていただけたらと思います。よろしく。m(__)m
    AYAさんの洞察力ある記事からは、得られるものが豊富です。
    読んでいて、こんなことをふと思いました。
    カタルシス願望が生じる源があるとすれば、意識の催す「現状と理想の乖離」ではないでしょうか。それが具体化したひとつの形としてカタストロフがあるといったことかと。
    たとえば、目の前の現実と理想があまりにもかけ離れていれば、その人はまず心を閉ざし(鬱)、さらに進めば自らの脳や存在を故意に破壊したり(インプリシットな痴呆化(さらには癌もそうか)、イクスプリシットな自殺)するようなことかと思います。
    これが集合無意識に投影すれば、まずは模擬(代償行為としての予知夢、映像的シミュレーション化、科学者などによる未来予想)に始まり、それでなおも満たされなければ、世界のカタストロフへと進行するような気がします。
    そこで、大いに模擬でカタルシス願望を昇華しておく必要があるように思うのですが、集合無意識がそれさえも失望したとき、具体化を要求してくることも考えねばなりません。
    つまり、どうしても乖離の源を改善する努力が併せて必要になるというわけで、世界で今求められていることなのではないでしょうか。
    いっぽう意識の変化とは、意識の潜在的に持つ復讐心の解除であり、模擬による昇華もそうですが、悟りや心情の和らぎなども含まれるように思います。
    現状の改善と、意識の変化。この前門後門の二手から講じていくことをジュセリーノ氏は言っているようでなりません。
    AYAさんのされるような心理学的な分析があってはじめて、いろいろ理解されてくるように思います。
    すばらしい考え方に感服です。

  7. 予言とカタルシス願望2

    ※非科学的なお話です。        ※お好みでBGMどうぞ(右クリック別窓)。 ジュセリーノの予言とカタルシス 「ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース」という

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    テストしました。今度は成功した模様です。ありがとうございました。
    鬱屈の理由は人それぞれとは思いますが、理想と現実とのギャップが鬱屈のもとになる人も多いと思います。また、その人の「理想イメージ」自体が現実逃避の目的で作られている場合もあります。そうなると、現実世界で自分を上手く生かすことが出来ないことが原因で鬱屈するでしょう。こんなつまらない現実世界は壊れればいい、というカタルシス願望になるかも。
    けれど本当に「壊したい」のは、自分を現実世界で生かせないようにしていた今までの自分自身や自分の作った制限(理想イメージが自分の本当の可能性を覆い隠してるケースも)だったりするわけで、それに気付かなければカタルシス願望はとどまることを知らずどんどんエスカレートしていくかもしれません。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    AYAさん
    ズバッと袈裟懸けにという感じがしまして・・・。
    殊に私の場合は、その理想と現実のギャップから来てるんです。
    自分を調べて全体を推し量るという癖もあるものですから、この理由しか見出せなくて・・。
    その点、ネットでの発信は、いい解消法になっています。
    読者の皆さんもお相手してくださるし、感謝もいいとこです。
    鬱屈の原因はいろいろとあるんですね。
    心理の領域はとても奥行きがあるような。
    またお閑なときに、教えてください。

  10. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    森人様 AYA様
    <けれど本当に「壊したい」のは、自分を現実世界で生かせないようにしていた今までの自分自身や自分の作った制限(理想イメージが自分の本当の可能性を覆い隠してるケースも)だったりするわけで>
     横からついでにで、なんですが・・、
    私もバサッと肩口から(+。*)・・なんて感じで・・・・。
    変な反応で申し訳ないですが、感謝致します。(__;)

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさんもそうですか。
    <けれど本当に「壊したい」のは、自分を現実世界で生かせないようにしていた今までの自分自身や自分の作った制限(理想イメージが自分の本当の可能性を覆い隠してるケースも)だったりするわけで>
    まさにこの通りだと思うものですから。
    持病持ちの初老の私には、相場するぐらいしか能がなくて。ところが、小さく勝って大きく負ける。もう何をしてるやら。そこに、自分は聖なる稟質ゆえ、勝負事には自ずとドヂるのだという意味づけを与えてしまったんです。これは制限もいいとこ。以来、買えばそこが天井。逆張りすれば津波のように掻っさらわれる阿呆の繰り返し。手も足も出せなくなって、ついには相場の神を呼び出して、戦うような始末。かつての勘の良さはどこへ行ったやら。えんやらやーほっほいーってわけです。
    AYAさんはお見通しだと思ったことでしょうか。
    優れた占い師どころか、もしかしたら魔法使いかもしれないと、勝手に喜んでおります。(^^;;
    しかし、相手(作った制限)はかなり手強いのですが・・・。

  12. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    森の賢者様
     メッチャ、メチャ おもしろすぎますーっ! (*^▽^*)

  13. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    んもーっ、何ぼ損したとおもとんの。
    相場の神呼び出したら、スミスの顔しとったもので、九字切る手刀でぶった切ったら、よおけに増えてしもたもんで、諦めたわよ。
    S師匠に、分身の術使う相手の対処の仕方、聞かなあかんわ。

  14. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    AYAさん、マッチョマンさん
    とり乱して申し訳ないです。
    平たく言えば、これが私の正体かも。
    突然の関西弁は、如何でしたでしょうか。
    また感想なり添削なりいただけたら、幸いに存じます。m(__)m

  15. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    今日は長崎の原爆記念の日です。
     私は広島の育ちでして、母からきのこ雲の話を聞きました。母は呉にいたらしく、被害は受けなかったのですが、数千年に1度の目撃をしました。それを聞いたときは大きな爆弾ぐらいしか思わなかったのですが、中学の時の遠足での原爆資料館の衝撃は脳裏に焼きついています。
     なぜ、なぜ人に対してこのような暴力をするのですか。過去にどんなひどい目にあったというのでしょうか。薄々わかっていながらあなたはなぜ暗いところに行きたいのでしょうか?威力がそんなにうれしいの?ざまあみろがそんなに快感なのでしょうか?そんな獰猛なあなたを見る人間の悲しさを考えることも出来ないのですか。
     あなたのお母さんはどう感じているか、胸に手をあてて考えてほしい。空十字を切らないで下さい。キリストをこれ以上利用しないで下さい。これで終わりにします。

  16. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    No.12のフレーズはジョークなんです。
    もしそれがあなたの心を悲しませているなら、このとおりです。m(__)m
    九字を切る技は芦屋道満の秘技。
    しかし、獰猛さは否めません。
    折しも原爆投下にちなむ8月。全国が喪に服しているようなときに、とんでもない話をしてしまいました。
    今までの記事も、おそらく自分だけの考え方であり、人の賛同を得られるものではなかったはずです。
    よく耐えて読んでくださったと、感謝しております。
    ありがとう。
    またよければ立ち寄ってください。

  17. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    森人様
     全く世話がやけるほど純粋な方であります。全く違います。
     我々が食するものにはバランスをとるための、塩は、必要でしょうね。私はそのつもりですし、最後の見栄と権威をあえて行おうとしている、幕閉めの役目を負った女性、どこか遠くのお国の為政者たちへの戒めのつもりでした。核兵器は絶対赦せない・・。原子や素粒子は我々の先輩の身をもった意思と考えています。
     有り難い時空に感謝しかありません。
    これほどひょうきんな賢者に出会ったことはかつてありません。(^^)

  18. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやはや、そうでしたか。
    何という早とちりなことでしょう。
    だいたい、いつもこんなふうです。
    核兵器はぜったい許せません。
    あの大国は悪魔です。
    核関連の開発もぜったい問題。
    幕締めの役目を負った女性??
    これはいったい、はて。

  19. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    訂正です。(^^;;
    >あの大国は ⇒ あの大国の為政者は
    またも早とちりというわけでした。
    ご勘弁を。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。