講釈・・・プログラム時空論の応用的解釈

プログラム時空論を語るに当たって、いくつかの局面を例に引いて説明していこうと思う。
● よく寄せられた質問に、「どこかにアカシックレコードの存在する図書館のようなところがあるのか」というものがあった。
そう。あると考えたい。かつては、霊水闇淵の表を覆えりに形容されるようなホログラムの状態として存在し、プログラムの多次元データーベースとして任意の検索に供されていたと想像する。
それが新しい時代には、テーマパークとしての具体化がいっそう進み、かつての試行錯誤的様相を呈していた地球の歴史が精選されて博物化され、ちょうど図書館の最新読書システムのように、任意の人物や生き物の”なまの歴史”を選び取ってきて、意識体験AVR装置にかけて、一炊の夢の如く、その歴史を実体験するといった教育システムが出来上がっているのではないだろうか。(新神話にはそう設定した)
たとえば、私・奥人の人生にもしも向こうで著名な意義があったなら、私の人生のプログラムは、けっこう利用客のリピート需要が多いかもしれない。そして私の実体はもしかすると、「何だ、この人生、思ったほど大したことないな」などと思いながら、この男の日々を体験している利用客かも知れない。
その図書システムを利用する者には、ちゃんとしたガイドがつき、彼の体験過程でトラブルが発生しないように、計らわれているという具合になるだろう。
おおかたの人に守護霊がついているというのも、すでに新しい時代からエントリーして来ている可能性を示唆するものではないだろうか。
しかし、実際に夢の中で図書館のようなところが出てきたというケースがあったとしよう。それはもろに上記の意味になるかも知れないが、いっぽうこういうことも理解する必要がある。
すなわち、原型的なホログラム的データーベースも、観測者の認識までの過程に、予備知識による修辞がかかり、そのものずばりでなく、自分の理解できる形に捉え直してしまうということがあるというわけだ。つまり、予備知識によって歪曲された観測結果を得てしまいがちになるということ。現実においてさえひねくれて見てしまうのに、夢においてはなおさら言わんやというわけである。
● 臨終時の原型的手続きは、ある要素において誰しもおよそ共通するという。すなわち、死の直後にお花畑のようなのびのびとした空間に出る。そして、水域を見る。それを向こうまで超えて渡ろうとする、といった手続きである。
その場合においても、誰もが同じ種類の花畑に出るわけではない。くつろぎがその本人にとって得られる花や全体的光景として眼前に観測されるというわけである。
水域も小さい川や池であったり、あるいは大洋である場合もある。水が象徴的に下界での穢れの浄化を示す手続きとして設けられていると考えられるが、本人はそれを理解の便宜になる修辞を加えて見ることとなる。
● 催眠術にかかった被験者は、ニシキヘビを手渡した術者の「さあ、いまタオルを渡しました。それで顔の汗をぬぐってください」の言葉に、ニシキヘビを完全にタオルに見てしまうようなことが起こる。
もしこのとき、AとBふたりの被験者がいたとして、Aにどんなタオルか質問したなら、Aは「どこそこの会社のマーク入りの白です」と答え、Bは「水色一色のタオルです」と答えながら、顔にニシキヘビをなすりつけていることだろう。
これが修辞の原理であり、彼ら被験者はそのとき、しっかりとプログラムのデーターベースから、該当するプログラムを引っ張ってきて、予備知識で修辞(演算)しながら実行観測しているのである。
後で気が付かされて、場内の爆笑を誘ったとしても、彼にとっては、置き換えられた経験が本物の実体験となっている。
このように、プログラム時空論に従えば、実体験のように思えるものも、意外と単なる幻影に類したものであることが理解できるであろう。