新神話の素材・・・御伽草子は素材の宝庫

抜粋
----------
我々人の身体は器であり、場である。霊魂の宿る器であり、霊魂の集う場なのだ。身体を主体的に支配するのは自らの魂。その器として身体がある。だが、身体は様々な神霊の集う場でもある。それは何も巫女だけに限らない。巫女は訓練してそうなったこともあり、神霊の訪問を受け易くなっているだけである。
その人の思いに従って、相応しい神霊がかかる。そして神霊は、この場を借りなくては会えないような神霊と出会うために、人をして奇遇な縁を用意して出会わせるのである。◎◎◎や○○○○○のように、一人で複数の神霊の集う場となることもある。様々な神話におけるペアーとなる神々が、一つのペアーの身体にひしめくように集まり、合コンさながらの盛況になることもある。雛形に素質があればあるほど賑やかなものとなり、また人が新たに資質を獲得して、不思議なことが続々展開するようにもなるのである。
人は神霊にかかられたときから、神の神話を演ずる者となる。古来よりシャーマンが至ろうとした境地はこれであり、そのときシャーマンは人並みはずれた神々しさを見せるのである。神の容れ物となるとき、人はおのずと清められる。人にとっても神にとっても利他となっている。
人は神の依頼、神懸りを受けて、地上で神話の雛形の舞いを舞う。逆に、神は人の作った神話に則って神界で神話の舞いを舞う。地上の歴史はさながら、神霊と人霊の意図のおりなす綾の如くなり。
----------
神話のテクスト例
天橋立の成相観音、久世戸文殊の縁起はこればかりではない。
御伽草子の「梵天国」において、両神が対置されるに至った神話が描かれ、天橋立の本地ともされている。
それによると-
-----------
五条の右大臣高藤の子は、観音析願の授かり子玉若君を大変可愛がり二歳の時四位の侍従の位を得て、丹後但馬の国を与えられた。小さい時から笛を上手に吹いて居られたが十三歳で父母を亡くし孝行な子であっだので、一週間笛を吹いて供養していた。その笛の音を聞いた梵天国の王(仏教の主護神)が、「吾が姫を嫁に差上げよう」と云い、美しく心の優しい姫君を妻に迎え人れられた。此の話を聞かれた天皇が羨まれて「おまえの妻を内裏に参らせよ」それが出来ねば……と無理難題を申出されたが二人のカで総て叶えられた。最後の難題「梵天国王直々の御判が欲しい」との事。中納言は父君に当る梵王国に行き食事を与えられだ時、側で人でも鬼でもない飢えた骸骨の様なものが食事を求めた。慈悲深い中納言は哀れに思い御飯を与えた。すると一粒千人力と云う米を食べて鎖を切り大空へ飛んて行った。これが羅刹国のはくもん王(悪鬼)てあった。はくもん王は邪恋していた中納言の妻を奪い羅刹国へ帰った。中納言は御判を頂いて帰ったが、妻の居ない家や世の無常を感じお髭を切り家出して願を掛け妻を助けられる様析った。中納言は単身羅刹国へ入り、はくもん王の宮殿に密かに潜入し、妻と再会。警備の手薄になった隙を見て、御車に乗って二人して逃げ出す。それを知ったはくもん王は、はるかに走力において勝る御車で追いかけ、まさに追いつこうとするとき、梵天国から差し向けられた孔雀と迦陵頻伽が、はくもん王の御車を蹴飛ばし、奈落の底に突き落とした。中納言はこうして、妻を救い出し都へ帰ったが、都の生活を嫌い丹後へ下られ、妻は成相の観音様となり、中納言は久世戸の文珠となられた。そして一切の生活をお救いなされたとか。成相観音は美人観音、美人になれる観音様として名高い。
-----------
梵天国の王とは梵天王であり、その姫には弁財天の意趣が馨る。そして文殊は、梵天王の縁戚として列せられたことが分かるだろう。
また、愛する妻を救うために夫が冥界遊行する話は、御伽草子「毘沙門の本地」にも見られる。
それによると-
-----------
天竺瞿婁国の千載王が九十歳、妃が六十歳の時、申し子をして天大玉姫を得た。姫が生まれると王は二十歳、妃は十七~八歳ほどに若返った。乳母も五十歳から十七~八歳ほどになり、その他、民百姓にいたるまで、姫を拝んだ人は皆若返った。
天大玉姫は、強要されて、摩耶国へ嫁ぐこととなるが、道中で維縵国の金色太子と出会い契りを結ぶ。太子は摩耶国の大王を討ちに出かけ、姫は瞿婁国へ戻る。「三年待て」と太子は姫に言い置く。しかし、約束の時が過ぎても太子は帰らず、姫は悲しみのうちに他界する。
金色太子は肉身のまま天界・地獄界を旅し、大梵王宮に転生した亡妻天大玉姫と再会する。太子は現世の人、姫は冥界の人ゆえ、そのままでは添い遂げることができないので、大梵王のはからいで、二人は福徳山に毘沙門天王・吉祥天女となって顕れ、永遠の契りを結んだ。
-----------
ここでも梵天は、毘沙門天と吉祥天の仲をとりもち、神縁の深さが築かれている。
また、前記同様に、添い遂げるべき男女神のなれそめに始まる神話が、御伽草子「浦の嶋子」(浦島太郎)の異界遊行である。話の中身は衆知のことゆえ詳しくしないが、その締めくくりは、蓬莱島の鶴(浦嶋)と亀(乙姫)となり、仲睦まじく暮らす夫婦の範とされたことである。そしてこの蓬莱島もまた梵天の主宰する万国永世中立の場であった。
一介の漁師・浦の嶋子は人の身で神となった古代の英雄であり、庶民の憧れであった。
この物語の原型はかなり旧いものであるらしく、古事記のホホデミノミコト(山幸)の綿津見の宮遊行の話に投影され、神武東征を道案内するヤマトスクネがその英雄伝説に倣おうとしたほか、陰陽師の安倍晴明も類伝を伝えて英雄ぶりを披露している。
古代から庶民に語り継がれた神々の物語は、神話として集合無意識を動かすものとなり、歴史的英雄は物語の主人公になりきることで、集合無意識を操ろうとしていたことが窺えるだろう。

“新神話の素材・・・御伽草子は素材の宝庫” の続きを読む

全戸緑化計画

近い将来、全人口が自給自足に陥り、飢饉に瀕するようなことが起きてくるに違いない。
そこで過去の名君に学んで欲しい。
上杉鷹山公は、藩内の領民のすべての家々に、食べられる実のつく木々による垣根を作らせた。少し敷地があれば、菜園も作らせたであろう。
当時の民は、蓄えするほどの余裕もなく、もしその年が不作であれば、たちまち飢饉に瀕した。そのようなときのためにと、代用食物の生産に力を入れさせたのだ。
それを現代に当てはめるなら、もっとアイデアは広がる。
ビルというビル、あるいは一戸建てという一戸建ての屋根、壁、小さい公園の敷地に、なるべく食用植物を這わせながら育てる工夫をする。
これによって、建物内部の温暖化が防がれ、省エネが促進される。
蔓性食用植物なら、かぼちゃやきゅうりが筆頭だ。
蔓性でなくとも、プラスチック成型した縦長型の水耕栽培装置を並べれば、建物を食用植物で覆うこともできる。
これからの産業は、なるべくなら工業であるべきではない。それは時代の流れに逆行となるだろう。
第一次産業かそのサポート産業への展開が必要になる。その方向を向いたリフォーム産業もいい。食料自給率を高めるのに、いつまでも沈滞した政府など頼るべきではない。先行きに目覚めた各自が取るべき避難行動として、まず自分の家、家族を自衛的に守ること。そして、余禄で地域を、国を守るという方向かと思う。
地域で一人始めたら、いいなと見ればみんなやり始める。ノウハウを出し惜しみするなかれ。そうして、いざというときに備えることがだいじなのだ。
20年ほど前は、まだ健康だった。その頃、意識して夢をコントロールして行きついた先の世界のことを話そう。
そこでは家がビルのような四角形だった。ところが、すべて植物もしくは土壌で覆われているのだ。屋根に人がいたので尋ねてみようとして驚いた。その人は私であって、画家のようなベレー帽をかぶって、植物を屋根に植えているのだ。
そこで、質問を変えた。「あなたはいつ頃からここにいるのですか」と。
するとその人物は、「ずいぶん前からここにいます」と笑顔で答えた。
そこで目が覚めた。
この人は、私なのか?もしそうなら、過去の?あるいは未来の?
空は夕方でもないのに、濃い群青色。小川に沿って赤い花が咲き、小川には月のような光がきらきら反射していた。
いったいどこの世界だったのだろう。
あのような平和そうなところ・・・未来であってほしい。

禽獣には禽獣にとっての名医あり

この記事、あまり人気がない。いや、たぶんみなさん意識を遷移されたのかもしれない。消息確認のための黄色いハンカチやから、もしまだ生きているなら、合図してよ。
ご存知、たまちゃんと接触するようになって、いきなりいただいてしまったのが彼女のきつい皮膚病だった。
ほっぺに接触されたところが痒くなり、赤いマークが次第に茶変、そこから痒みは広がっていくような次第だった。(マグマの熱によるものかと思ったが、実は人類の出した有毒物質によるものだったとは)
さらには股間にも飛んで痒いのなんのって。(むかし病態の世相を自らの身に映した惟摩居士という人もいたとか。しかし痒いのは我慢ならんで)
そこでB.J先生に尋ねたら、これはたまちゃんの病気がうつったというわけで、何と処置してくれたのが、これからたまちゃんに施そうという手術の縮小版だったんだなこれが。
こうやって殺菌すればいいんだ、と熱湯の入った瓶を患部に押し付けた。(フィクションに付き良い子は信用しないでね)
ぎゃあーーっ。
何箇所かに飛んでひどい痒みを発していた病巣に、こんなことするんだから、終わったあとはさすがに痛んだが、このほうがよほど我慢できると、むしろ快感となった。
皮膚下1Cmまで結節を作ろうとしていたものも、普通の皮膚の厚みに変化し、皮膚表面は火傷で赤変していたが、治癒に向かっていると想像できた。
ところがだ。これで病菌は死滅したりはしていなかった。
それはもう、何度失敗しても懲りない拝金主義者のような菌だったから、すぐに体制を立て直してくるわけだ。
何度繰り返したことか。
ところがついに、病菌のほうが暴発を起こした。問題のなかったところに、勢いよく攻め込んできたんだ。耳全部が腫れだし、たいへんなことになりそうだった。
そこでついに、B.J先生一辺倒をやめて、毒舌でこき下ろすが、言うこと聞いていれば治ると噂のある医者へと向かった。年は90近くという。そんな年までできるのか?
初対面して、ふといきなり感じたのは、この先生、チャボの化身だということだ。
何となく親しみに変わり、むちゃくちゃこき下ろされつつも、顔の茶変したマークから、先生のリクエストに応えて、あそこの穴まで見せたよ。
すると老チャボ先生、「こんなことなるまで、よう放っといたな。わしの手で治せるかなあ。治せる自信全然ないわ」と大声で言い放つ。あのお、待合室には若い女性がいたんだが。聞こえてるよなあ。
しかし、噂ではそう脅しておいて、みごと治す名医とのこと。
「ここまで水脹れができてんのは、初めてや。何でこんなひどいことになるんやろ」と仰るので、熱湯殺菌をかけた経緯を話すと、「阿呆なことしてからに。治せるもんもよけい治せんようになるわ。火傷でずるずるやないか」との激しくもまた頼りがいのある叱責をいただく。
「一週間飲み薬飲んで、軟膏つけとき。痒みがなおっても、痒み止めがはいっとるだけやで、治ったと思わんと、薄うてええから引き伸ばして一日何回でも塗りな。しかし、治らんかったって、知らんからな。こんな患者見たん初めてや」と、まあここの患者なら誰しも通過したであろう、同様の洗礼を投げかけられて、帰ったわけだった。(同様?こんな変人おらへんわ)
さて、どうだったか。
ひとたび薬を飲み、塗っただけで、あっという間に痒みは引き、翌日には耳の腫れも結節も解消し、まるで魔法使いに治療してもらったかのようだった。市販薬の数々は何やったんや。あんなもん、よう売っとるわ。
来いと言われていた一週間後、喜び勇んで先生にお礼を言うと、椅子に腰掛ける前に、「軟膏がなくなったらまたおいで」と、わずか20秒ほどで診察終了と相成ったのであった。
軟膏はけっこうたくさんあって、半年以上持つかなというとき、今度はどうやら疥癬にかかったらしく、ぶつぶつができて痒くなった。
また先生のところに行こうかとしたとき、痒みだけでも軟膏でとったれと塗ったところが、またもぶつぶつからして治ってしまったのだ。
きっとこれは皮膚病の万能薬かも。
つらつら思うに、ほとんどの場合、まともに治せぬ薮医者ばかりのところ、トリ系だと思うような先生にかかると、みごと治してくれる。
決して評判がいいという先生でなくとも、的確に処方してくれるというのは、やはり相性の問題が大きいようだ。
ピロリを根絶してくれた以前の医師は、けだかい志の雷鳥だった。
思えば大過去に皮はがれ赤剥けの兎に、蒲の穂で治せと教えたオホナムチも龍蛇。
禽獣には禽獣相手の名医あり。
私はたまちゃんをB.J医師のもとから転院させて、老チャボ先生の、といっても人間次元ではスケールが違い対応がとれないので、老チャボ先生のハイラーキー、グランドパ老チャボ先生に頼むことにした。
きっと、身体への負担の軽い軟膏と飲み薬で治療してくれるのではないかな。とにかく人間が延長したようなのは、いくら評判が良くてもだめだと分かった。
こういうわけで、せっかくの数十箇所への温熱治療の予定は、取りやめになちった次第。
ドクトル・グランドパ老チャボ医院に連れて行ったので、ま、よろしく願いたい。
このドクトルもかなりの毒舌らしい。
たまちゃん、がまんしいよ。
勤勉すぎて無理した者ほど、きついこと言われるからな。

星間戦争の代理の場

神々の戯れによるか、それとも別の理由によるか、その昔、白い星の元にある種族と、赤い星の元にある種族が、星間戦争を繰り広げた。
戦いは一進一退。勝負の決着はつかぬままに、休戦となった。
その間幾多の溝を埋めるための交渉が行われたものの埋まることはなく、対立軸を残したまま、どちらも高度文明であったため、共倒れを避けるべく、戦闘能力を減殺させた互角の勢力を代理に立て、その間で雌雄を決することにした。
つまり、代理戦争のゲーム空間が別に定められた結果、その場の一つが地球となったのである。
日本では白と赤の旗印を立てて戦う源平の戦い。
今においても、資本主義社会と共産主義社会の基盤色として採用されてきた。そして、星間戦争の戦士たちが地球上に転生し、ただシンボルの下に戦いを繰り広げてきたのである。
色はイデオロギーを表すわけではない。戦いの表象としての色であり、その旗の下に記憶を宿した戦死の魂たちは自然に集まり、命を賭してきたのだった。
だが、上位で解決できない何かが、逆に下位に見つかるという予測があり、必ずしも戦いのためにのみやってきている魂ばかりではないということ。
地球文明の最終局面に当たり、その何かが見つかるに違いないという予測しかないのだが、それがフィードバックされて星間戦争に終止符が打たれる可能性があるということで、この方面からの期待も大いに懸かっているわけである。
その他様々な懸案解決の場として、この地球が集約的に用いられている感があり、関連ある星々からの来訪もしくは偵察がなされているというのも頷けるものと思う。