絶望の器

神々の陰謀かそれとも人工の陰謀か。いろんな情報が収集されてくると、未来のあまりの見込みのなさに、もうどうにでも料理しなさいと、俎板の上で胡坐をかくような按配に気持ちのほうもなるわけだが、するととてもコンディションのいい心境ともなるものである。
チベット仏教では何でも、「絶望の器」にならなくては、解脱は望めないという。
今朝は水虫の治療に町の医院に行ってきたのだが、そこに置いてあったネイチャー雑誌・・名前を忘れた・・のあるページに、ハリケーン・カトリーヌですべてをなくして、辺りに救助員たちが行き交っていても、ひとり絶望の器となって三昧に浸る人物の写真が載っていた。
このときようやく、彼は本源に立ち返る方向性を見つけ出したのではないか。
天人阿修羅餓鬼畜生のうちで、人だけが解脱の可能性を宿すとされるのも、こうした理由からだろう。神は境遇のよさに甘んじており、マーヤの中からは抜け出し難いゆえに、神ですらも人として修行することを望んで生まれてくるという。
修行になにも瞑想や呪文など必要があるわけではない。
生きたことと、生きたことの結果の思い込みの観念が、最後はことごとく崩れていくことを以て、修行の達成とすべきではないのか。
その千載一遇のチャンスを、人として送ることのできる栄誉。勿体ないことだと思う。
仏教への勝手な解釈をしている可能性があるにつき、読者の良識ある判断でお考えください。

「絶望の器」への9件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 63e320be8470ee4ef84391486a3ce83d
    師匠、おはようございます。
    不詳の弟子が教えを請いにやって参りましたぁ~!^^
    なんとまぁ、毎回毎回 禅問答なる記事を拝見致し弟子のワタクシはおそれ多くてなかなかコメント出来ずにおりました。
    「絶望の器」ですか・・・。
    アタシはいつも「砂をかむ器」状態です。v
    >神ですらも人として修行することを望んで生まれてくるという。
    全知全能と呼ばれる神ですら、常に進化を求めてるわけですね。
    ある新興宗教では、この宇宙全体をアミタ。
    そして、その宇宙意識をアマラと呼ぶそうです。
    ところで、師匠ゆかりの地。
    一種独特の風情を漂わせる船宿連なる伊根町での母上の御体験。「送り狼」「幽霊船」と並び「鵺・ヌエ」の話、興味深く拝読させて頂きました。
    これは力作ですね。
    いつも一切の手抜きのない記事、感服しております。
    師匠は、パラレルワールドにおけるもう一つの世界ではきっと、著名な作家だと思います。(^^v

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    奥人様
    おはようございます。
    地震の予知サイトでは、数値が下がることなく
    推移しており、今日・明日・明後日と要警戒です。
    だけど何故か精神的に落ち着いております。
    きっと今日の奥人様の記事を読んだせいですよ。
    とても落ち着きます。
    昨日、朝まで生テレビを見ておりまして
    とても眠いです。
    どこの政党が政権をとっても
    課題山積で
    例えば、年金の問題なら記録の問題が
    取り沙汰されているが
    財源とか仕組みの問題が全然棚上げになっていて
    それが今回の選挙で争点にもなっていなければ
    各党もこの難問への解決策を持てていない。
    明日の開票後の政界は
    大混乱が予想されます。
    人間の課題意識が
    より近い未来の問題にしか向いていない
    すなわち刹那的傾向が益々強く
    動物的にまで陥っているのだろうか
    仏教的世界観
    全く100%あたっていると思います
    ただ六道輪廻に描かれた世界は
    ある種の比喩的な表現が成されているのであって
    真実の世界を模式図化した世界なのではないかと
    思っております。
    現代社会に見られるような
    科学技術が膨張し、進化する方向の見出し
    ずらい社会への指針を示したり
    あるいは、求心性を持つには
    やや教えが古くなりつつあるように思います。
    我々の世代は、
    何万年に1回か
    少なくとも何千年に1回かの
    大変革期であり
    何が起こるのかを
    科学はおろか、既成宗教も
    ニューエイジも
    100%断言できず
    人は何を信じて良いかわからない状態に
    なっているように思います。
    こうなるともう
    自分の直感によるしかないと
    霊的能力を持っている人は
    それによるでしょう
    あるいはこの素晴らしいサイトのように
    情報を持ち合って
    ああでもない こうでもないと
    精査して対応するしかないのかなと
    思っております。
    何とか共に危機を乗り越え
    新しい時代を迎えたいですね。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Rokujizouさん
    果たして「解脱」を進化と言うべきかどうか・・。
    むしろ進化の階梯をも捨て去ることではないかと思っているのですがね。
    大正時代に分岐していたと思われる未来の見込みのいいパラレルワールドには、おそらく私は出てきていないでしょうね。(^^;;
    いい時代を選んで来たような気が、つい昨日辺りからするようになりました。
    それまでは、なんちゅうところに来てしもうたかと嘆いたのでありますが。
    母の魂に、男やめて女になれと注文したのは私だったかも?
    もしかして、せっかくの思いを遂げさせないようにしてしまったのではないかと、可哀相な気持ちがいたします。
    物語、読んでくれてありがとうございます。(^^;;; 汗いっこ余分にサービス!!

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    pさん
    数値が下がっていない・・それで八月初旬から、みなさん警戒されているわけですね。
    pさんの考えに大いに共感!!
    >情報を持ち合って
    ああでもない こうでもないと
    精査して対応するしかないのかなと
    人生みな異なり、得たものもそれぞれ異なると思います。
    自分に合ったものを自分で消化して、生かすことかも知れませんね。
    優秀なみなさんの意見の発露の場として、ここが機能できることを、とても嬉しく思っております。
    どしどし持ち寄ってください。
    遅ればせながらも対応してまいりますので。

  5. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    奥人さま、友人の皆様
     それではお言葉に甘えて特異な経験を言ってみます。(リモートビューイング的ですが)
     ある朝、目が覚めて、まどろみながらも意識ははっきりしている状態になりました。その時、黒い背景ですが、目の前に、ちょうどグリッド、方眼紙のような、それでいて線が見えず、交点のみ、白くマーキングされているような画面が目の前に出ました。
     右上の方に確かに銀河系のような星雲がやや小さく見えました。私は、星雲だ、確かに!ええなんで?と思った瞬間に、ある森の中にいました。右前方20m?程度先に、何か近代的な、それでいて、緑に囲まれているような、家?研究施設?のような建物が認識されました。足元(足は見えないが)地面に、倒れた木のようなものが見えました。
     このとき自分は全く違った世界にいるのを察知?し、ちょっと怖くなり帰ろう・・と思ったとたん、時空を後戻りして地球に戻ってきました。後戻りという表現の理由ですが、前を向いていながら、後ろ側に超光速で移動しているようなリアルな感触がありました。自分の顔に当たる何かの波動・よくある車窓からの風のような、ほんの2-3秒の体験です。途中で一瞬「木星」が前方向に見えて遠ざかり、その後自分の寝床に感覚が戻ってきました。
     夢と言えば夢と言えますが、以前より夢を記憶出来るようになった自分としては、意識旅行?のような感じがします。
    以上です。(?・)

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    >以前より夢を記憶出来るようになった
    これは夢見という、自発的な制御を伴ってする夢には欠かせない要点でしょうね。
    自分に気のパワーが蓄えられていないと、夢を見ても色あせて暗くて記憶しないものになるようです。
    あなたにはパワーがあるのでしょう。意図して夢の制御にかかれば早いし、夢自体がもっと鮮明になってくると思います。
    夢見の身体というものがあるようで、それを使えば霊体と同様、意図するところに意識を飛ばすこともできるようです。
    あなたが宇宙を旅したことは紛れもないでしょう。すでに霊体としての行動がそこまで及んでいるのではないかと思います。
    夢の森の中の白亜の建物には、もしかすると、あなたを夢見ている本体が居るかも知れません。
    夢コンしたときは怖がらずに、いちど面会してこられては如何ですか。還れなくなるかもね・・怖い地球とはそのままおさらばとか・・(^^;;
    それでは困るから、今回は本能的に怖くなったのでしょうね。
    以上は私流の仮説です。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も、森の中の白亜の建物のビジョンをたまに見るんです。どこか懐かしくて。
    きっとそれは、どこかで分岐し去った"存続する世界"というパラレルワールドではなかったかと思うようにしていました。
    しかし、自分を夢見ている本体が居るのかもしれないというのは、ふと思いついたようにして初めて書きました。意外とそうかも。
    森の奥の人とは、そこから名付けているのです。

  8. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    奥人様
     いやーっ。ほんとにありがとございます。こんな知見をいただけるとは・・!。有り難いことです。
     なるほど、こちらばかりが主体でない・・ような色々な自分・・??
     ご指摘どおり、確かに視界は薄暗く、光の反射を全て感受できてはいないが、そこに間違いなく、何かの自然・人工物が存在しているのを感じている。これは、肉眼で見えにくいものを、別の感覚で’間違いなく’感じている・そんな知覚でしょうか。
     この感覚は複数の体験で、最近少しわかってきました。見えにくいのに、ちゃんと記憶している・・。そんな感覚です。
     でも本体は何処かにいる・・?とは感じません。今は、ここにいるのは確かです。今現在は、今の私が好きです。(・^)
     人間本来銀河なんて一っ跳び・・なんていうような意味なく自信に満ちた20年程まえの日本社会のノリは、ひょっとして宇宙的なのかも?・・と思ったりします。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ご自身の身に起きたことですから、意味については熟考されていると思います。
    私のしたのは自己流の仮説、そぐわないと感じられた場合は、あなたが本当でしょうね。
    ここにこられているみなさんも、単なる夢からいっそう踏み込んだ夢見をされているように思います。
    いろんな考えを拝聴したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です