最高の男っぷり

道満の技で台風4号を呼び出してみたら、実に紳士だった。
もちろんいでたちはノンネクタイ、俵屋宗達の風神みたいだが、前回の地祇と違って、ちっとも恨みがましくない。
本土北上は困る旨話せば、なんと素直に応じてくれることか。
前の時は恫喝しなければならなかったが、それどころか敬語でのやりとりになってしまった。
ホントに大丈夫かなと思って見ていれば、あの赤い同心円がかかってるというのに、ほとんど無風で雨もない。今のほうがよほど吹いているくらいだ。
青空が覗いたときに東を見れば、裸の堂々とした背中を見せながら、ずしずし歩いているじゃないか。
思わず、感謝の手を合わせたよ。
男だよ、男。彼は男の地祇の中の男だ。
家庭菜園、助かった。(^^;;

「最高の男っぷり」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >・・・・・
    いくらなんでも未来を変更したりはできません。
    昔は、誰でもが神さんと対話していたわけでしょう。
    それができなくなって、久しいだけだと思うのです。
    台風はもろに我が家に被害をもたらしますから、
    ご利益信仰のようではなしに、ただ避けて欲しいと要求しただけ。
    昨晩も中国の山岳民族に、雨乞いすれば必ず降ると言う種族のことが放送されてました。やはり、山の神を呼び出し対話しているのです。
    昔あって、すたれた行いというものはあまりにも多いですね。
    なお、たまたまうまくいっただけということもありますから、あまり信じ込まないでください。
    (2度目ですけど、たった2度、されど2度です(^^;;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です