虫の報せをだいじに

漠然とした不安。何か良くないことが起きそうな予感。
こうした場合には、たいがいそのように事が成っていってしまうもの。そして感が当たったとか思いがち。
ここまでは誰にでもある虫の報せというものだ。
問題はそこからの対応にある。
動物なら、その予感されることから遠ざかる方法しか採ることはできない。そしてその方法でのみ、自らを助けている。
だが、人間の場合は思考能力があり、それが予感を封じてしまう弱点となったりもするわけだが、それ以上の積極的対応を採ることのできる可能性にこそ、人間の真価があるものと思われる。(自信がなければ逃避行動でいい)
それは、予感の漠然とした中味を分析して、ありうるパターンのすべてを模倣(シミュレーション)してしまうというやり方だ。こうすることで、漠然とした不安を具体的に浮き上がらせるだけでなく、予期しなかった隙や油断の箇所を見つけ出し、先手を打って、その不安の隙間を埋めてしまうことができるのである。
こうしてその人は、しだいに抱いた不安の予感が消え去っていくのを感じるだろう。真に予感の原点に辿り着いたなら、加えて対策が取れた暁には、不安が全く消えることになる。
それでまだなお不安が残るときにこそ、この恐怖には敵わぬものとしての撤退行動を採るという手順へと進むわけだ。
つまり、動物よりは、いっそう進化した行動を取れるのが人間というわけである。(自信がなければ逃避行動)
他の予知情報をあさるように読んで、不安に駆られるというのは、いただけたものではない。それは単に洗脳状態になっているだけ。虫の報せなどではない。
他の情報は、あくまでも参考程度のものでしかなく、ぴたっときた場合にのみ、内的なものが共感を返してくるだろう。それが虫の報せとなる場合がある。シンクロしたと思えるような感動を伴うこともある。
そして上述したような、先手先手の隙間解消法を実行することだ。
どこにも抜かりのない態勢を常に心がけておくことが、これからのサバイバルには欠かせないものとなるだろう。
ただし、態勢にがんじがらめになってもよくない。どうしてもというときには、百計あっても逃げる計に如かず、が原則であることは言うまでもない。ためらわず動物になるべき時はなる。そして感をフルに働かすこともだいじというわけだ。


しかし、私の感はダメカンなんだなあ。相場には向いていないというのか。それとも足を引っ張るタイプのカンというのか。
こういう場合もあるということ。これ裏情報。

「虫の報せをだいじに」への5件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ついさっき、阿呆なことになっしまいました。
    何の予感もなく、ちょっと近所の人に挨拶をして駐車場のコンクリに足を下ろしたとたんに、覆っていたコケにコケにされちゃいました。
    肘で支えたために、肘の痺れと多少の擦り傷。たぶんこれは、ひびくらいははいってるんでしょう。
    私の感は、予感させなかったことによって、足を引っ張ったわけじゃないとでも言っているのかな。怖い奴やなあ。
    まあ、2,3時間もすればくっつくでしょう。

  2. SECRET: 0
    PASS: 63e320be8470ee4ef84391486a3ce83d
    感(勘)というものは誠に便利でかつ厄介なもので、知に働けば鈍るようでございます。^^
    インドネシアで30万人以上の犠牲者を出した大津波。人間以外の動物(ペット以外)のそれはほとんど見当たらなかったそうです。常に自然の状態に身を置く動物は事前の微妙な地磁気や電磁波等の変化を察知して避難するようです。
    古来、人間にもそういった能力は多かったそうです。
    本来、人間もそうなのでしょう。
    将来、どうなるんでしょうか?^^
    進化した宇宙人はUFOを操りながらも一方、文明に毒されずに本来あるべきそういった感覚ももしかしたらバランスをとりつつ合わせ持っているのでしょうか? もしそうだとしたら、常に宇宙や森羅万象に対し畏敬の念を払う高度な精神性も持っていることになりますね。
    あるいは、ただただアカシック・レコードから引っ張り出しているのでしょうか?
    とりあえず、ジェイソンさんは来襲せず一安心。
    お師匠さま。
    感は感でも「隔世の感」というものがございます。
    隔世とは、時代の隔たり。
    しかし、私が言うのは、師匠の頭脳は進化し過ぎて「次元の隔たり」を感じざるを得ないのです。 (^^V

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Rokujizou仙様
    >感(勘)というものは誠に便利でかつ厄介なもので、知に働けば鈍る
    まさにその通りです。知といっても、ほんの挨拶程度の知しか発揮していないのですが、すぐにカンや注意力は飛び去ってしまいましたよ。なんと身のこなしの軽いやつ。まるで天狗のなんとか坊みたいでした。
    ご指摘のように、宇宙人であればまた違ったカンを持っているものかとは思いますが、地球の磁場とは関係なく、動物とはまた次元が違うカンかと思いますね。
    しかし、宇宙にきらめく葉を茂らせる森林のざわめきを聴き、流れる星雲に思いをいたす生活を送っているとすれば、Rokujizou仙様の境涯に達しているかと思われます。
    >師匠の頭脳は進化し過ぎて「次元の隔たり」を感じざるを得ない
    進化ねえ・・私のカンは、まるでインケツ坊に支配されているような感じですねんけど・・次元の隔たり
    そうか。私はすでに宇宙人なのかも知れませんね。妙にナットクです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。来年の今頃はもしかすると、インドネシアに出張かも?地震来ませんように・・・。もう、祈るしかないかも。去年はフランス、ドイツ、スイスだったが、帰国した次の日に暴動が起きおった。難は逃れたが次はどうだろうかな?毎回、何かの力を感じる位、難を逃れてるが今度はちょっと自信ない。飛行機事故も2度逃れた。でも、そろそろ、運も無くなってきたのではと思うのだが・・・。出来れば行きたくないな。やな予感がするから。う~。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやな予感がする場合は、まずその予感の出所を探り、元を解消することでしょうね。それで予感が消えれば、それが原因だったことになります。しかし、それでもなおというなら、百計逃げるに・・というわけかと思うのですが、宮仕えとならば、どうしたらいいものでしょうね。
    厄神さんは近くにありますか?
    厄神さんは災厄にはスパルタンです。
    あるいは由緒ある神社をお参りいたしましょう。
    変な予感が取れたら、OKサインでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。