妖怪戦争の行方

「世界の歴史は、門音一族と鬼面一族の政権交代劇の歴史だよ」
とその昔、サゴジョウから教わったことがある。
その時は、何のことやらさっぱり分からなかった。
門音(かどね)とは合成して「闇」。何かをたえず企んでいて、世相を闇に導くことを生業としている。
鬼面(おにづら)はその名の通り、力強く怖い風貌の心優しい「鬼」である。今は誰にも知られなくなった黄金時代とは、彼らが政権を担っていたころのこと。
当然今の時代は、黎明期から今に至るまで門音族によって支配されているといった具合で、人間という短命の存在からすれば、とてつもなく長い政権に見えるが、全体からすればそれほどのものではない。
政権交代の時には、およそ激動があり、現状維持にしがみつきたい葦のように弱い人間にとっては、たいそう恐ろしいことに違いない。
しかし、その惨状を見て、もうこの先はないと思うのは早計。必ず時は巡ることになっている。
門音と鬼面。実はどちらも妖怪だ。門音は、人類を家畜として飼育し、その生き血を吸い、心を支配する。鬼面は、人類を他の生き物と同等に育成しつつ、知能に見合った教育をする。
そうした意味で、人間感情的に善と悪に別けることができるだろう。
世界が、俗にサタンに支配されていると言われる意味は、門音の政権下にあるということだ。
妖怪であるから、形而上の界(異界)とこの世を行き来し、あるいは人間に取り憑き、目的を果そうとする。
霊能者のように、幽冥の境を見聞できる者は、ときおり彼らのよすがを覗くことがある。分かっていて覗くならよいが、分からずに立ち至ったならば、彼らのおぞましい生態を目の当たりにするだろう。特に門音の都市などはゾンビの溜まり場。生贄の人間たちが凄惨な肉片になって転がっていたりする。それを見て、地獄に来てしまったと語り継ぐわけだ。
このような者たちをどうしてのさばらせておくのか。神は何をしているのか。
そう思うのも無理はない。神とは、人間がこしらえた理想の属性保持者であって、同様に人間がこしらえた恐怖の属性保持者がゾンビ・サタンであり、どちらも人間の要求に応えて存在しているのである。
サタンの跳梁跋扈に力を与えてきたのは、あなたがたではないが、過去の人間であるに違いないのだ。また、神も過去の人間が作り上げた存在であり、今の混沌の時代は、過去の人間の作ったシナリオによって動かされているという具合なのである。
それに対して、認可を与えてきたのが、後発の人間たちであり、現代人といえどもそうなのかも知れない。
呪縛を解く機会はいくらもあったというのに、それをしてこなかったのは如何なることか。結果、今からその結果を査収せねばならないというわけである。
鬼面族は、過去の先住民の理想から作られた存在だ。この力は、門音の妨害によって削がれてきたが、わずかながらの萌芽をもとに伸び上がろうとしている。応援する者は、それなりの恩恵を受けるだろう。
むろん門音はさらに政権を維持しようとやっきだ。それゆえ、門音を応援する者のほうが多かろう。
だが、移動平均線からあまりにも乖離して積み上がっているのだから、トレンド転換は間もなしと予感できるだろう。未来のトレンドは、鬼面を支持することになる。

「妖怪戦争の行方」への8件のフィードバック

  1. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「妖怪」と言われて怒る人もいるだろうが、私は違う。とてもチャーミングで愛すべき「妖怪」も、島根県境港にいる。そう、私が生まれ育った所!今回悪霊をやっつけるため、いじめられっ子と一緒に戦う「妖怪戦争」見応えありだ!!

  2. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    超常現象と言えば、私もそれを体験したひとり。私は開運グッズを集めるのが趣味で、風水による開運掛け軸や守護霊用のゴールドカードその他諸々購入して、お財布の中にも(家族にも)自分の名前を刻んだゴールドカードを絶えず入れていた。ところで、中国では「福」を逆さに飾る習慣があること皆さんご存じかしら?何でも逆さまの「福」の字は「倒」(逆)と「到」の中国語の発音が同じで「福を招く」の意に転じるらしい。我が家も「福」の縁起物(飾り)を逆にして、ずっと飾っていたが、事情により元に戻した。確かに不思議な魔力があった!
    しかし、最後は余りの不気味さに、掛け軸以外は全て処分した!!

  3. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    境港市は、島根県ではなく、鳥取県でした。ごめんなさい!
    妖怪検定って、どんなものかしら?

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >1,2,3さん
    よくぞ妖怪のふるさとからお越しなされました。
    お見受けしますに、あなたも・・でございますな。
    なに、私も・・でして、いちおう形だけは人間に似せようとがんばってきたのでござる。
    しかし、我々のわくわくする世界が人間はあまり理解できんらしく、逆に彼らは見たこともないものに価値を置いてドキドキしとるようです。
    私などから見れば、まるで人間は幽霊と格闘する生き物のように思えてなりません。
    この記事がお目に留まったのは嬉しい限り。この記事は、妖怪の世界でも仮説の部類でありましょうが、彼らの立場を表わすには分かりよいのではないかと思っとります。
    妖怪検定ですか? どうやら人間世界でやっているようですが、彼らは異界との境界線にすらやってこれんというのに、なんでなんで。
    むしろ幽霊とたわぶれている彼らのほうがはるかに妖怪のように思えますよ。
    私なら、彼ら全員に合格印を差し上げますけど。(^^;

  5. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    奥人様
     ぎゃーーっ!て言いそうな、エネルギーですわー。どうか眠れる鬼達をたたき起こしてくださいませ。いつも悪く言われて隅に遠慮していた面々に渇を!!!出番だぞーーって 出来れば、ついでに私も・・・・・・(__;)

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョ万次郎さん
    もちろん参加うれしいですよ。でも、お申し出はさることながら、
    あなたはいいタイプの・・ですから(^^;;あんまり先鋒をお勧めするというのは。
    あたま数が揃ってるぞと威圧するのも戦法ですし、二軍というのは呑めんでしょうかねえ[絵文字:v-275]
    いやいや、他意はなく、うー、あなたにはもっと生き延びて、あちらの世界を見聞してきていただきたいと思っとるのです。

  7. SECRET: 0
    PASS: 8f7220b7cbc1ecdf00cf648285cf2413
    [絵文字:v-275]奥人様
     そろそろ奥から出てくださってありがとうございます。今からは打ち上げ花火で行きましょうか!どどーんと!ドドーン!!![絵文字:v-19]
    良いも悪いもないわけで、1軍も2軍もどうでもいいのでしょう。余計な遠慮が意味ない時代になってきています。
    乾杯ーーー!!

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マッチョマンさん
    さよう、一軍二軍無関係です。
    開戦に際しては進軍ラッパ[絵文字:v-82]より、打ち上げ花火の威勢のよさもまた格別なものですね。
    さらにいけば、先制V2ロケット[絵文字:v-19]というのも機先を制するに効果大かと思います。
    ああ、ゾンビの街の夜空の焼夷[絵文字:v-42]に焦げる様が目に浮かびまする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です