不食の話、ふたたび

またM総合研究所さんのところから話のネタを拝借と相成った。
実は以前にも「不食」の話題を、超古代的ココロを土台にして一席ぶったのだったが、
M総合研究所さんのところでは、人間誰しも有する「松果体」との連携による、未解明な
人間固有の能力について語っている点で、太陽礼拝をひとつの方法として揚げられている。
私は”岩窟に落ちた子供が、空腹を癒すために、たまたま同じ窟にいた亀がときおり口を
虚空に向けてぱくぱくやっていたので、同じことをして何ヶ月も生き続けることができた”
という話を聞き知っていたため、太陽射さぬ中でも「不食」は可能で、科学的な解釈として、
体内にみごとな生命循環のサイクルを築いた結果ではないかと考えてきたしだい。
つまり、腸内に光合成をも可能にするような細菌群が常在し、宿主である人体と絶妙の
コンビネーションによって互いが互いを生かしていくシステムが完備していて、およそ
生命体にとっての純粋理想状態が実現しているというふうに考えたわけである。
それは地球という生命体の中における生態系の絶妙のバランスにおいても言えることで、
地球と人体は、マクロコスモスとミクロコスモスの照応関係が成り立つとすれば、
何も不思議なことではないはずではないのか。
地球のバランスの維持を困難ならしめたのは、ひとえに人類の登場によってであり、
地球と同じ病気にかかって苦しんでいるのも人類という相似像が見て取れるように
思うのである。
つまり、どちらも天然からの乖離によって、不幸な状態になっているということ。
天然から乖離させたのは、果たしてどこかの神話に言うように、人間の過失だったのか。
そこが疑問だったのである。
世の中には多くのUFO研究家がいる。だが、えてして間違いに陥りがちなのは、
我々よりもはるかに進んだ乗り物を見せられて、直ちに善いものが来たと思い、
ついていってしまうことであるように思う。
ホピもそうだ。UFOをマサウウの再来と捉えてしまったりする。いやきっと
マサウウはUFOに乗って現れるのだろう。しかし、それが人類のためになる神かどうか。
地球にとって問題ない神なのかどうか、全く以て神話や伝承に頼るしかないというのも
不可解かつ心もとない話である。
そこは、地球に最初からいて、人類の興亡を幾度となく見てきた地祇の談話が欲しいところ。
「おい、妖怪よ。ちょっとこの辺のこと、コメントしてえな」
「なんの妖怪」
「いや、だから、いつもさばさばした解答をよこすやないの。それを一発ぶってほしいの」
「どこが怪異の」
「違う。痒いんじゃないよ。見てなかったの」
「分かってるよ。でもいま、たまちゃんの看病してるんだ。後回し」
というわけで、面倒なことは後回しとなったしだい。
しかし、私は思うに、「松果体」という、超能力の源泉とも言えそうな器官の存在によって、
人間が未知の能力を発揮し、その中に「不食」の実現も含みつつ、より高度な
超人への道を進む可能性はきっとあるだろう。
体内の生態系のバランスは崩れていても、そういう実現の方法もあろうかと思うのだ。
同様のことが地球においても相似的に起き得るなら、地球も再び理想状態に還る
のではないだろうか。
UFOと同じ節理が地球に備わっているのは、このためか。
病んだ地球を超能力的節理で蘇らせよう。
「そんなもん、邪道じゃ」
「こらこら」

小妖怪大きく怒る

M総合研究所さんのブログサイトは超常情報の宝庫だ。
網羅する分野は多岐にわたり、毎日のようにこれでもかこれでもかとアップされていて、読み進むだけで、世の中の諸問題が裏側から読め、また自己啓発に必要なエッセンスを得ることができるだろう。
その中から、ここ近日中にアップされた中に、北野大僧正の宇宙人遭遇記事の紹介があった。ご存知かと思うが、北野氏は1975年のUFOブームの走りとも言える頃にコンタクトのあった方だ。
リンク先の次のページから、憑き動かれるようにこみ上げてきた思いを今回、記事にしてみた。
https://www016.upp.so-net.ne.jp/kaedegawa/mihara.htm
そう。憑き動かされる、とは、憑きモノに動かされるということである。よって、短絡的かつ情動的であることに注意して読まれたい。
北野僧正の話は、M氏から折々聞き及んでいたのだが、宇宙人が何を語っていたのか、つまびらかには知らなかった。詳しい資料を見たわけでなく、ほんの聞きかじりだったこともある。
それを今回、具体的な資料として目に触れさせていただいたしだいだ。
私自身の発見した点は、このときの宇宙人が長いガウンのようなものをまとっていたことと、地球人に似ていたという点である。
私が夢の中で、過去に体験したことを追体験した(と思われる)二名の宇宙人も、まるでマジシャンのようないでたちの欧州人であり、黒っぽいガウンにスーツ、帽子というスタイルだった。
もしかすると、私も同種の宇宙人と会談したのかも知れない。以後、宿命付けられたようにして、UFOや超常系趣味に走り、集う仲間もそれ系の人ばかりであったことも奇妙すぎる。
だが、私には別系統から「窮鳥懐に入る」といった事態が訪れた。そこから地祇とのお付き合いが始まったのである。
地祇とは、ドメスティックに地球に生まれ、地球を唯一の居場所として、数多くの生命とその種族を保護してきた神々のことである。龍蛇水神系が専らであり、地球そのものも一個の生命体としての意識ある神が宿っていて地祇である。
私には同胞となるような地祇的妖怪が憑いた。私のこの両の目と思考を通して、彼も外界を見て判断している。そして、私が発する疑問には、即答するような格好で反応してくれ、しかもそれが帰納的に論理的に繋がっていく、発見の連続という奇妙さを醸してきた。知らぬはずの宇宙の外などのこともひとりでに理解できることとなった。それが妖怪の認知力の範囲であるとするなら、どれほどのものが憑いているのかと訝るばかりだ。
さて、今回の北野僧正の資料。これを見ていると、妖怪からびんびんと反応と答えをよこしてきた。申し訳ないが、まったく好意的なものではない。
問題は北野氏の遭遇話のほうではなく、彼が書き取った意味不明のメッセージの訳者の解答のほうで、そのようにメッセージした宇宙人に対して怒っているのである。
この場合、訳者が翻訳間違いしているといった話では毛頭ない。このような解答が出ていても、数十年間訂正されることなく放置されているなら、北野氏とコンタクトした宇宙人もそれでよしと認めているのだろう。ならば、宇宙人本人のメッセージと言っても良い。
それはジュセリーノをはじめ様々な預言者をして、人類あてに警告しているすべてについて、大同小異的に言えることなのだが、次の簡単な寓話の意味と照らして考えてみてほしい。
ある幼児が、とことこと家族の群れから離れて歩き出し、いままさに高い溝から転落する寸前になっているとき、家族が気付いて、その子に「そっちに行っちゃ、だめ」と叫んでいるだけだとするなら、いかにも家族としての役を果しているように見えても、幼児の転落死に対して、無努力無責任のそしりは免れないのではないのか。
もし家族なら、幼児がはまり込む前に、走って助けに行き、寸前のところででも抱え上げてやるのが本当だろう。(ここで幼児に喩えたのは、地球文明と人類のことである。先の見境もなく思いつくままに行動し、あちこちで頭をぶつけて怪我ばかりしている知恵遅れの子供のようなものだ。それも育ち上がる過程の学習というなら、高溝から転落しないような安全策が講じられて然るべきだろう)
金星人は金星を撤退したとか書かれていた。それも、地球が単なる星であるのみなら、破壊されたとしても宇宙に与える影響は少ないと言いつつ、その舌の根の乾かぬ先に、もし地球が磁場を抱えていたなら、それも大きなものであった場合は、影響は多大だから、圏外に逃げなくてはならないと言う。何という無責任かつ日和見主義な宇宙人か。
かつて火星と木星の間にあった惑星は、今の地球と同じような経緯を経て、破壊され砕け散ったのではないのか。そのときには、宇宙人たちは手を差し伸べるふりをして、見捨てて逃げていたのではないのか。事情が事情だったなどと、後から何とでも講釈は付けられる。
そして言うに事欠き、「宇宙文明の一員になることを望む。宇宙の家族として共にやっていこう」。
聞こえはいいが、家族として扱う用意もなしに、どうして迎え入れられるのだ? 妖怪から言わせてもらうなら、できの悪い子供には失敗して死んでもらってもいいという腹ではないのか? 生命保険でもかけてありはしないだろうな。地球人類には、幼児虐待が流行っているが、それに準じるほどの放置行為であろう。そして、磁場がもし大きかったら、被害がこちらまで及ぶから、早く自分たちで何とかせよという、まるで大国さながらの発言だ。善意の顔をして幾多の国々を陥れたIMFという悪党もいるだろう。それとどう変わりがある?
もうひとつ重要な事実を言っておこう。地球人類がこのように精神薄弱状態にあるのは、ひとえに宇宙人の干渉のせいである。その宇宙人(インベーダー(寄生虫))が、君たちと同族かどうかは問うまいが、およそ事態を放置し無責任さを露わにする性質と軌を一にしていると断言したい。高見の見物をしながらの「おためごかし」はいくらでも言えるのだ。
そのように家族的であるかのごとく装い、その裏で地球に対して何を企てているのかさっぱり分からないところには気色の悪さしか残らない。もしインベーダーと同族ならば、地球の破壊であろうことは容易に想像がつく。
だが、今回の地球はわけが違うぞ。君たちの予想として見込まれたとおり、非常に大きな磁場を抱えている。それは太陽系や銀河系といった小さい範囲にとどまらず、この宇宙全体に及ぶほどのものだ。宇宙にあと何百億年の寿命が見込まれていようとも、地球破壊後100年すら持たないと約束しておいてやろう。
日和見主義者たちとインベーダーの逃げ場はどこにもない。地球の破壊を予測し、シミュレーションして、安全圏を見計らっているような者たちを、この磁場が許そうはずがない。
インベーダーと同族でないなら、今直ちに協力せよ。それだけの科学力を持つならば、まず地球に巣食う寄生虫どもを駆除せよ。そして、真の家族であることをアピールせよ。そのとき初めて、君たちを信頼してやろう。
その方法はこうだ。
まず、三日間連続で、UFOの大編隊を世界各国の上空に巡回させ、地球人の誰もの目に触れるようにせよ。(これは後日、実際に世界の空に出現していることが分かった。世界各地で幾多のビデオに収められ、Youtubeなどで配信されている
その最後の日に、世界各国の言葉で大音声を発し、誰の耳にも聞こえるように、「戦争および地球環境破壊を目的とする一切の行為を禁止する。守れない者の生存は保証しない」と警告せよ。
軍が攻撃してきたなら、手加減なしに反撃して壊滅させること。軍の背後にある宇宙人とは、それから交渉に入るなり戦闘に入るなりするように。
宇宙戦争も辞さない態度で臨むようにせよ。
これらの要求は、まだ実現していないようだ。しかし、要求が各国政府に直接行っているのかも知れず、政府はいつもどおり、大衆に知らしめないでいるだけかも知れない
地球に巣食う寄生虫は、どこかの宇宙人とその配下の地球人で成っている。拮抗する科学力の間で戦争をしたとて、どちらもが多大な被害を出す。それで手を出さず、寄生虫のいいように地球を蹂躙させてきたのが君たちなら、知っていて知らん振りした日和見主義者でしかない。地球人が寄生虫に対して太刀打ち無理と分かっていて、地球を破壊する原因を、地球人類の行為の結果になすりつけることに懸命になっている責任転嫁の無責任な者たちでしかない。
よしんば、君たちが、目下地球を侵略している宇宙人とまったく別物で、この有様を由々しい事態と捉えている、いわゆる「良い宇宙人」なら、寄生虫と同等の力を持つであろう君たちがそれに対抗せずして何とする。地球人には宇宙人と対抗するだけの力がない。赤子の手をひねるという言葉さながらだ。
親から教えられたように動き、目もあやな物に心奪われ夢中になってしまい、なかなか抜け出せないでいる。宇宙人の息のかかった、破壊者的為政者たったひとりを駆逐することもできない大衆はまさに衆愚であり幼児である。
君たちの真の誠意ある行動が見られぬ限り、将来に渡って地球と同じ運命を今後どこにいても目撃することになるだけだ。地球にこれから起きることは、いずれ数万年数十万年先に、他の惑星でも起きること。この時点で諸悪の根源と立ち向かわず、卑怯にも逃げ出すなら、それは幾度も幾度も繰り返されるばかりか、宇宙の広範囲に病変は広がっていくだけだ。生半可な平和主義を掲げるにはまだ早すぎる。明日は君の惑星かも知れないのだぞ。
今君たちにできることはただひとつ。邪な宇宙人とその手になる者すべてを、地球から排除すること。会談という方法から入っても良い。それが駄目なら、戦争も厭わぬ態度で臨むこと。そして、この宇宙の外へ放逐してしまうことだ。
それとも、地球の抱え込んだ強大な磁場によって、宇宙を根元から爆破しても良いのだ。そうすれば、君たちが高見の見物と洒落込む、どこの惑星にでも起き得るつまらぬ歴史も、今後一切見なくて済む。
地球の破壊と宇宙の破壊を同時に見るか、それとも地球の破壊を回避して寄生虫の手から地球と宇宙を取り戻すか、二者択一が迫られていると思え、というのが妖怪の談話である。
確かに地球には地下に空洞があり、そこに寄生虫は根拠し、いつでも破壊できるように、クラッキング装置を仕掛けている。もし宇宙戦争になり、寄生虫が劣勢になれば、爆破して去るつもりでいる。それゆえ、君たちには手が出せないと言うかもしれない。それで穏便にして様子を見ていると言うかもしれない。それで今回助かったとしよう。次はどうなる。そのまた次と。寄生虫は自爆装置をいつの日か作動させ、地球を破壊して次の宿主を探しに出る計画でいることぐらい分からないのか。
ここは地祇も天神の設けた規則を破り、総力戦に臨む必要がある。地祇がそうなのだから、天神も協力し合わねばならない。総力を以て、寄生虫勢力を撃ち破り、地球を守る努力をしないなら、宇宙の存続の理由もないと判断される。
妖怪はこんなこと申しておるのだが、如何なものか。
私からすると、どう見ても妖怪はたま(地球)ちゃんに首っ丈って感じが否めない。
何とかしたってくれんかな。
このとおり宇宙人さん、たのむよ。m(__)m 
この記事は一般向けフィクション、宇宙人様向けノンフィクションです。
ほい、そこのMIBの旦那。ちゃんとこのメッセージ、自国に持ち帰って検討してみてね。

長野県安曇野のUFO

今日はOUCの会合に誘われていたのだが、行けなくなってしまった。
昨日の夕方にM総合研究所さんのところにその旨コメントした。するとそのとたんにトップ記事に飛んでしまった。そこで見たのは、大スポ一面に取り上げられた長野県安曇野の民家の上空に出現したUFO(円盤型)の写真だった。
夜空とはいえ、淡く発光して輪郭を現している。これが長時間滞空するようなことにもなれば、日本はUFOに見放されているとした偏見を改めねばならなくなる。
いや、ちょっと待てよ。
ははーん。
日本にも、宇宙人が成りすまして普通人のようにして暮らしているケースがある。ときおり納屋に隠してあるUFOを乗り回さないと、いざというときに役に立たないと考える者もいたりするものだ。今回はそのようなことではなかろうか。
ん? 母船から放たれた? それはほんとか?
地球温暖化に反応? それはまことか。
ところで、隣のステテコ爺さんが、前日あたりからいつになく張り切っていたりしなかったか?
真相は意外と身近にあったりする。

現実時間の加速と一炊の夢の対比

うつらうつらしていた夕刻のこと。
テレビでミヤネヤという報道系の番組をやっていたのだが、
ミヤネ氏の話し言葉が、あまりにも早口だった。
彼独特の早口なのだと思おうとしたが、それにしてはおかしい。
他のゲストたちの話し言葉も同様に早いのだ。
ちょうど、テープを早回ししたような。
ニ倍速で聞き取り訓練するというような教材があったが、
ちょうどそのような感じだ。
テレビ局で事前収録して、それを時間の都合で早回し?
そんなはずはない。ニュース報道系でカレントなはず。
しかし、よく聞き取れずに意味の理解がついていかないほどとなった。
間にはいるCMもなぜかテンポが速くて意味が掴みづらい。
ゲゲッ。これは”老い”の証拠か?
時の流れについていけなくなっている。
神経回路の通りが鈍ったせいなのか。
いや、それともほんとうに時間の経過が早まったのか。
噂では、フォトンベルトの中に入ると、膨大な光子の流れによって
時間経過が加速されるとか。
他日、彼らの早口は確かにあるものの、聞き取れないほどではなくなった。
だが、あの日のミヤネヤはどこかおかしかった。
随時発生型の痴呆症?
そう思ってしまえば、負けだ。
拙時空論を持ち出すなら、
プログラムを精査し実行する観測機能にズレが生じ、意識のテンポに
時空が合わなくなるようなことがあったのかも知れない。
それはプログラム時空を証左する驚きの体験となったように思えた。
(いやいや、そんな特別なことではなく、老いのせいだよ)
こらこら、そんなことはない。
時間経過が前にも増してスピードアップしているのだ。
2,3ヶ月前のことのように思っていたものが、もう一年以上経過していた??
そのようなことが目白押しになっている昨今である。
(老人になっちゃったね)
こらこら、違う。
ところがだ。
たった一時間半に見た夢の中の経験時間の長いこと。
一時間半とは、眠りのサイクルのひとつの標準的な単位とされる。
その中でさらに夢見の時間は限られるはずなのに、”一炊の夢”の
故事を彷彿とさせるほど、長い経験時間を感じたことがしばしばある。
それはなぜだ?
拙プログラム時空論からすると、
夢も現実と変わらない原理で生成されるプログラムの観測結果であり、
観測のために投入される時間軸が異なるから経験の密度も関係なく、
意識の経験からすると、まったく価値が同等のものであることにもなる。
ただ、記憶の授受が現実との間でうまくいかず、夢の経験は荒唐無稽の
範疇に封印されてしまいがち。
だが、ほんとうなら、それも意識にとっては有効かつ有意義な時間
であるに違いないのだ。
夢を見させない断眠実験をすると、やがて白日夢や幻覚を見るようになり、
いずれ精神的に破綻するというのも、現実と同等の意味があるからであり、
そのことを統一的に説明する「意識の本質」を語る概念が、あくまでも
事態を客観視したがる既存の科学を超えたところから出てこなくては
一歩も心の領域に科学的に踏み込むことなどできはしないように思われる。
ひとつ拙時空概念を検討願いたいものだ。

異界のB.J先生、オペの手の内

B.J先生は、異界では知られた人道的無免許医である。
だが、腕はそんじょそこらの権威だけで保たせている藪医とは違い、ほぼ100%近い成功を収めていると推測されている。ただ、問題は非常な高額報酬を要求することだ。しかし、それは外面的なものであり、彼の心を揺さぶるようなことには無料どころか命に代えてでもやってくれるという噂である。
見ての通り、たまちゃんは質素な暮らし。夫の妖怪もとんと金には恵まれぬ。しかし、たまちゃんの身体にはたくさんの命が宿っている。そんなわけで、先生の心が少しくらい揺れていないだろうか。などと妖怪は不謹慎にも思うのであった。
B.J先生は、確かに高額請求見積もりを妖怪に提示しているようだ。妖怪は、一生掛けて何とかしますとは言っているものの、果たして何万年懸かるやらの天文学的数字らしい。
しかし、B.J先生は、妖怪の申し出を了承し、人道的にたまちゃんを救うこととなったのだ。というのも、先生にもピノコという小さい奥さんがいて、どうやら似た者同士という思いになったもようである。
B.J先生は言う。
「この子には麻酔が使えない。あなたが傍にいて励ましてもらわなくてはならない。そこの部屋に服があるから看護婦に言って着せてもらいなさい」
「麻酔が使えないのですか?それでは痛いのでは?」
「麻酔を効かせると、彼女は働きを停止してしまい、彼女に宿っているたくさんの命が奪われてしまう。だからできない。彼女もそのことを了承している。早くオペ服に着替えてくるよう」
「分かりました」
妖怪は、たまちゃんとおなかの子供だけでも助かればいいと思っていたのだが、先生が承知しないのだろうと思った。
「では、オペの方針を手短に説明しておく。患者の要望により、皮膚の上に広がった病変のうちで悪性のものを焼き、まだしも良性のものを残すことにする。悪性のものはすでにマークしてある。それを用意してある器具を使い高温で順次焼いていく。今日のオペはそこまでで終了だ」
「広範囲の潰瘍はどうするのかね」と皮膚科の権威。
「全身の潰瘍の治療は、入院中に通常の治療方法を採る。ある程度の体力回復後に、皮膚下深部の悪性腫については抗がん剤治療と放射線治療を行う予定だ」
浸潤性の癌のこと。正常組織との区別を付け難い。他の医者はみな匙を投げている。そこは他ならぬB.J先生のすること。居並ぶ医師たちは任せて周囲で見守ることとなったのだ。
ベッドに小さく横たわるたまちゃんは、修道服を取ると、痩せて猫背でちんちくりん。頭は円形脱毛症になって見る影もないような地球の精だ。修道服でなんとか見れるようにしていたのだろう。そうだから手荒いオペになるというわけではない。妖精だから、人間の手術のようなことは行わないだけのこと。
高温で焼く器具というのを見ると、オロナミンCほどの瓶が15本、大鍋でぐつぐつ煮沸されている。
先生が、まず「一本目を」と言う。看護婦によって鍋からタオルで巻き取られた一本が先生に手渡される。先生は、たまちゃんの胸のところに3つあるマークのうちの一つの上にチリ紙を二枚重ねして置くと、うっすらと浮き出たマークに合わせるように、剥き出しの瓶の底をゆっくりと押し当てた。
「クーッ」
ふだん小声のたまちゃんが、のけぞって大きく唸った。
妖怪はまるでたまちゃんになりきっているかのように、目を皿のようにしている。
「ご主人。いつもしているようにしてさしあげて」とB.J先生。
「はっ、はい」
「たまちゃん・・・」と彼女の小さな身体を抱き締めた。
たまちゃんは大粒の涙を流しながら耐えた。短い脚に痙攣が走る。妖怪は泣きながら、一心に脚、手、身体全体を優しくさすった。たまちゃんは涙をベッドに滴らせながら、顔をほころばせた。
「たまちゃん・・・」
「よし、次に移る。二本目を」
こうして、胸の三箇所、背中の六箇所、首、脚、手と、すべてのマークの上で高温治療が施された。これを七日間同じ箇所に施術し、皮膚の癌組織を全滅させるという。
体力を消耗しきったたまちゃんが四人部屋に運ばれた。妖怪はつきっきりで看病である。施術箇所は火傷して赤くなっていた。
「大丈夫か?たまちゃん」
たまちゃんは薄目を開けて穏やかに妖怪を見つめ、やがて眠りに就いた。
<麻酔を使えばいいのに・・麻酔を使えばいいのに・・
ぼくは君だけが助かればいいんだ。命は後でいくらでも生み出せるじゃないか。あと六回もこんな目に遭うのか?>
妖怪はたまちゃんの背負ってしまった重荷を思い遣って涙した。