今度はカラスか

秋田県で89羽のカラスが眠るようにして死んでいるのが見つかったと、今朝に続き先ほどもニュースがでた。
鳥の大量死。
カラスの場合は、胃液に毒物が混じっていたとされている。
もしかすると、水から毒を摂取したかも知れないと。
そういうわけで、周辺の水質調査がなされているらしい。
さて、すずめの姿を最近まったく見なくなった。
田舎にいてもそう感じる。
日中に一度でも目撃したことのある人は申し出てほしい。
UFOの目撃を云々する前に、皆さんの周囲に飛び交っていた愛らしい者たちが目撃できるかどうか試してみてほしい。
もしUFOのほうがたくさん目撃できるようになったら、そのときは世も終わりであるだろう。
うれしいような、悲しいような。


もしかしたら、鳥たちは集団自決を図っているのかも・・。
人間がいっせいに謎の大量死をしたなら、カルト的集団自殺によるものかなどと、死んだ者を愚弄する方向で騒がれる。
いっぽう、おかしな思想などないと考えられる鳥類が自殺したなら、いったいどうした異変かと騒がれる。
が、彼らに思想がないと誰が言い切れる?
先の未来が人間よりはるかに敏感に予感できるゆえに、自分たちの意志で・・。といったことはないだろうか。
あるいは人間に異変を知らせようと・・。
北海道、東北地方の人は特に注意されたい。

「今度はカラスか」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: b55a503f8e9d13bab4e6e46646c76491
    すずめとカラスですね。
    すずめは、東京都心部の日比谷公園近くで、ちょうど1年前頃見ました。
    まさかこんなところにいると思わなかったので、少し感動しました。
    カラスは、都会のはスレた悪そうなのが多かったので、嫌いでした。船橋西武の屋上にいたカラスは、好奇心あるようで、個性的と感じました。
    でもここ数年ハッと気付いたのは、ツバメですね。
    昔はいろんな学科の教科書にも載っていて、日本を代表する鳥ではなかったですか。
    つばめをここ何十年か見てなかったですが、ついこの一年どこかで見たような気がします。
    つばめもすずめも、(もともとはカラスも)まさに人間の友だちのような気がします。
    動物の集団自殺は思想とは思いませんが、本能と言われていますね。レミングの行進とか・・・。
    一斉に大地震の起きる場所からいなくなるのは、やはり本能による予知と危険な場所からの脱出ですね。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    すずめもツバメも数を減らしていますね。
    めっきり少なくなりました。
    カラスも少ないです。
    ちょうどいま、M総合研究所さんのところにリンクを貼らせていただいたのですが、そこに地球温暖化に関するビデオが載せられています。(トップ記事です)
    それを見ますと、温暖化のせいで、様々な鳥が北部へ大移動しているようなことが報告されていました。
    しかし、いっぽうでは種の絶滅が加速されているとも。明日は人類かといったことですね。しかし人類には国境があって、越境を許可しないようなことにもなれば、たいへんかと思います。
    少し超常的な話をしますけど、すずめやカラスは、死者の魂がこの世に留まるときに意識の目を宿す場になります。そうやって、パートナーといっしょに旅立てるのを待っていたりするのでしょう。それで人間の行動に似ているところがあります。すずめは平和な国民だったのでしょう。
    カラスは少し個性的。上空から人の行動をよく見ていて、生前を思い返しながら模倣します。
    その観点からすると、彼らの集団死というのは、いただけたものではないですね。
    レミングは自殺に周期性がありますが、不周期な動物、しかも壁に遮られない鳥がそうなったとならミステリーでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です