バモイドオキに見る世の監視者の正体

酒鬼薔薇少年が綴ったこのアナグラムはバイオモドキ。すなわち生命モドキ、生命体のように見えてそうではない存在ということになる。
彼がどこかの類書から引いた可能性はあるが、その残忍な手口は異界からのものでしかなく、このアナグラムもバモイドオキの象徴画も、異界にある真犯人の自己誇示ゼスチャーとみられるわけである。
かつてある霊能者から重大なメッセージを得ていた。
彼は夢見の中で、この世界の裏側を覗いてきたという。
そこは機械的な暗いばかりのテクノポリスで、そこに我々の世界を監視する者たちがいた。
彼らはみな一様に疲れきった表情をしており、何よりも彼らには「魂」がないのだという。
このため、永続性ある「魂」を持つ者に対して非常な妬みと恨みを抱くようになり、彼らの科学力で裏側からコントロールするようになったという。
彼らは「魂」ある者を一定のルールの元に置き、様々な惨劇を演じさせて実験しているという。
まさに映画マトリックスを髣髴とさせる。
映画にはマトリックス設計者なる者が出てきた。物語の作者は「神」を意図したに違いなく、最後には救世主との和解という経過に落ち着かせたが、果たしてこの「神」が何物かによっては、和解という方法が最善とは限らない。
バモイドオキの絵は仏の頭部から枝分かれする触手の伸びる姿として描かれた。触手の先には、ハートや血の滴りがある。これは人の魂や心や努力、犠牲、労働など人々が精魂傾けてきた幾多の行為を指すだろう。
バモイドオキはこれらを掌握捕捉しながら、昼と夜の空間(つまり世界)を支配しているという構図を、世の中に知らしめる目的で酒鬼薔薇少年を使役したのではないかと思われる。
バモイドオキは神というには誤弊がある。ただし、この世を支配している。
そして過去の歴史から未来まで、すべて掌握している。彼のプログラムに従って、我々は動かされているに過ぎない。みな抗えないがため、彼のことを神と呼んで敵意のないことを示すにしくはなしを決め込んでいる。
だが、真相を知ろうとする者に対しては、その者にしか分からない方法で挑発を仕掛けてくる。
私は、大江山の酒呑童子が、遠敷でお水送りお水取りのさらに古儀である古代祭祀の重要な役割を担っていた家の末裔であり、仏教全盛となった時代にあっては蟄居していたに違いないと仮説していたが、なんと真南北であるお水送り-お水取りのラインの距離が86Kmであるときに、首を討たれ惨殺された酒呑童子の大江山-タンク山が真南北で86Kmなものだから、おったまげた記憶がある。
バモイドオキは、私以外の誰も分からぬ方法で、監視していることを示そうとしたと思えた。あまり深入りするなといった警告だったのだろう。しかし、私は自然に究明してしまう性向があり、これが生きている目的であると思っているから、そうはいかない。
バモイドオキは、そのような存在をある一面喜んでいるような節もある。その存在を理解できる者がいるということは、淋しがり屋の彼にとっては重宝なのであろう。だから、それ以外の秘密も次々と打ち明けてくれたりする。私はこんなやつの宣伝塔になどなりたくもないが、性向がどうしようもなくそそのかす。
霊能者はこうも言った。
彼らは四角錐のピラミッド型に眼がついた姿をした監視員を亜空間に置いて、人々の世界を常時監視しているという。
その監視の目は、やはり魂のない者の淋しさゆえに見張る性質を持つため、ある経験的アイデアとして、監視の目を捕まえてきて二つ向かい合わせにしてしまえば、お互いの目を見詰め合ったまま動かなくなるという。
弱点もそれなりにある機械人間というのが彼らの本姿なのだろうか。
どこか他の星で高度に発達した文明が、知性を持った機械によって占領されてしまい、生み出されるロボットがこの地球にも触手を伸ばしてきたのかも知れない。まさにSFだが、物質文明が高度化すれば、生命全般を脅かすことにもなりかねないのは、我々の文明とて変わりはない。

「バモイドオキに見る世の監視者の正体」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    四角錘に眼とはフリーメーソンのことでしょうか

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「神の眼」を気取っていますが、実際は魂のない存在。いわば機械でありロボットのようなものです。
    それを崇拝してシンボル化した人間の組織がメーソンなんでしょう。下請け的にバイオモドキの指令に従う。
    彼らは時空を制圧していますから、未来を知ることも制御することもできます。弱小人類の敵うところではありません。賢い人は長いものには巻かれる態度で臨みます。
    それをいいことにしたい放題。しかし、自らの最後のことまで預言している淋しい滑稽な奴でもあります。魂があれば、そんな矛盾したことはしません。要はしたい放題して消え去るつもりでいるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。