Sony製ビデオカメラはUFOと好相性

UFOが撮れやすいDVCは、Sony製である。他社製に比べて、立体感を伴った写り方をすることも利点だ。
武良氏はやや型が古いものの、その優秀性ゆえに、撮影時のメインに据えている。
また、SonyTRV-950は、何でもないように見えるビデオデーターの中からUFO映像を抽出することができる優れものだ。
それは、キャプチャー時における二段シャッター機能である。一段目でキャプチャーすべきところで止めておき、その時点で映像のブレが生じているケースであれば、二段目を押せばたいがい、時間のハザマに存在するUFOが撮れるというもの。
ビデオデーターは、1/30秒・コマのフレームばかりでなく、1/60,1/120,・・・といったフレームの情報も漏らさず入っている。
それを任意の誤差で抽出がかけられるのが上の方法なのであるとして、坂本氏は極微の刹那に潜むUFOを取り出すことに成功している。
20050121_036s.jpg

また、極微の刹那には、実像を結ぶ前のUFOが捉えられているという。それが実像になったときには飛行機になったりして、地上から見上げる人の目をくらましているというのだ。
よって、飛行機のふりをして飛んでいるUFOがけっこうたくさんいるので、注意してほしいとは坂本氏の話。
坂本氏によれば、六甲山には地底世界と地上を繋ぐ亜空間トンネルが存在しているという。それは六甲山の地下数百キロに存在する幅70Kmの空洞にある様々な種類の宇宙人でなる地下基地であり、それは地上を結ぶ航路であって、UFOの出入りに使われているという。
このため、六甲山上空には思いもよらないUFOが、飛行機などにカモフラージュして飛んでいるとのこと。
彼の写す飛行機のような物体には、実際のものとかけ離れた形をするものが往々にしてあるが、カモフラージュ前のゲテモノ的なUFOなのだという。
そうして撮られたものの中に、神話想像上のシャチ(マカラ)映像があったことは驚異であった。
20041205141746s.jpg

その他、できものだらけの飛行機も。
こんなもので空を飛べるはずがない。UFOならばこそである。
DSC00117.jpg

「Sony製ビデオカメラはUFOと好相性」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    上の写真はベリノイズ
    下のはブロックノイズ
    エンコ時にムリしてる

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    UFOがウツルんで爆上げに
    ウワサになれば動きますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です