UFOの総合商社か

カイト型 鳥型
20050428_014s.jpg

薄円盤型
20050126_000s.jpg

単独発光体型
20050331_001s.jpg

連珠型 信号機型 ペアー型
20050427_005s.jpg

以上は一例である。
これ以外に分類のあいまいなものまで含めて、
おびただしい数のデーターが上がってきている。
坂本廣志・丹精込めて春~初夏のUFOを撮る
さながらUFOの総合商社である。
また整理がたいへんだ。

Sony製品使用時特有のUFO現象?

ストリーミング映像にしたのでご覧下さい。↓
コマ送りキャプチャー時のUFO現象
下がコマ送り静止画状態でズームしてみたときに、ぶれている(坂本氏の表現では「回転」しているという)シーン
b1s.jpg

それを「キャプチャー」したときがこうなる 
通称 バーコード型UFOと呼んでいる
b2s.jpg

同じやり方で、静止画状態である部分がぶるぶるしているときにキャプチャーすると、こんな画像も得られるとのこと
通称 キュービック型UFO
20050121_035s.jpg

同上拡大
20050121_036s.jpg

以上の画像出現の条件  Sony製テープを使用  TRV-950を撮影ならびに再生に使用。
友の会による検証
原因を再現性の有無の観点などから追跡中である。
5/24 坂本氏の自宅に窺い、TRV-950により再現ができたのは、バーコード型のみで、キュービック型はかつて現象の出たシーンを試してみたにも関わらず、現象が出なかった。
同日時間切れで、調査を終了。
Panasonic MX5000ではこのような現象は起こらない。キャプチャー画像も問題なし。
Sony製ビデオカメラ全般に特有の現象ではないかという報告が、別の会員Y氏から上がっている。
彼はSony製の最新3機種を調べ、すべてに同現象が見られたとしている。
坂本氏の説明
説明では、
カメラメーカー各社は日本の映像技術の粋を集めた共通のプリント基板を、どのカメラにも一応は使っており、ただ用途や価格に応じて、回路を断続制限するなりして機能にバリエーションを持たせている。
それを今回、坂本氏の撮る対象が非常に特化しているため、販売店経由で坂本氏のクレームの持ち上がったこの機械を、修理技術者のMr.Xが気を利かせて機能の制限を取り払い、通常をはるかに凌ぐ機能を付加してくれている。
そしてMr.Xの説明では、UFOは実際にフレーム間のごく微細な刹那の間に無数に存在しているという。
ビデオのフレームはほぼ1/30ですが、さらにその反転された裏側としての1/60,1/90,1/120・・・といったフレームが映像の中には正確に隠れており、それを発掘することによってUFOが立ち現れてくるというのだ。
確かに、PCソフトを使えば編集の際に、より微妙なコマ送りが可能で、そのときに物体が二つに分離するという現象が捉えられる。(DVD-MovieAlbum)
坂本氏によれば、コマ送り時静止画に「ぶれ」や「回転」している現象がみられるのは、つまりもう一次元深いところが検出されているわけで、さらに「キャプチャー」ボタンによってその「ぶれ」なり「回転」なりしている一コマが抽出固定されて得られるとの理論。
それだけSony社製ビデオカメラは、全般的に高機能でありマニアックといえ、Panasonicは事前に補正がかかるようにしているだけとのことで、この制限さえとればマニアックなものになるとのこと。
UFOなのか、ノイズなのか・・・・・もしかするとビデオ技術には軍事機密的なノウハウが絡んでいるかも知れず、メーカーさんとしても、本当のことを伝えにくい立場かと思われる。
そのようなキワモノを極めてきている坂本氏はじめ我々の努力・・・
ドン・キホーテ的であるなあとお考えめさるもまたハナというものかも知れない。
もし、何ともない初歩的な問題なら、早い目にその旨お教えいただきたい。
Sonyさんに問い合わせたい事柄
この現象は、理論的に説明つくことなのかどうか。
とすれば、その正体は何か。

“Sony製品使用時特有のUFO現象?” の続きを読む

坂本氏が撮影したUFO内部の写真

IMAGE021s.jpg

5月8日、坂本氏が宇宙人に拉致された際にUFO内部を撮影したとされるビデオカメラによるフォトショット写真である。
青色を基調とした内部空間。
シャッター1/10000のため非常に暗く分かり辛い。
意味不明ではあるが直角を基調とした構造物らしきものが連続している。
IMAGE022s.jpg

IMAGE024s.jpg

坂本氏との連絡  
イオンド大学 03-5307-3061(丹羽)

“坂本氏が撮影したUFO内部の写真” の続きを読む

なぜ坂本氏は拉致されるのか??

坂本氏がなぜ宇宙人の来訪をよく受けるのか。
それは彼の口から驚くべき発言として返ってきた。
何と彼は、白日の元に脚部の地肌を晒しておけないのである。
地肌を太陽光に晒すと、しだいに蜥蜴のような肌に変化してしまうというのだ。
というのも、彼の血には宇宙人の血が1/3入っているとか。
血小板の1/3に、地球上の生物にはない成分が含まれているそうだ。
その因子は日本人の幾分かの人に混じっているのだが、
彼の場合は純度が高いのである。
だから、縁戚といった意味合いで宇宙人はやってきているらしい。
では、宇宙人は爬虫類なのか・・。
私はそんなふうな物語を1997年に作ったことがある。
夢見体験を織り交ぜてパロディー化して作ったのだが、
坂本氏の体験談が追認して、びっくりすることがよくある。
ネット環境のない彼が見て、真似しているはずはない。
その中に、蜥蜴族の住むサテュロス星があって、主人公(私)
との交流を描いているのだが、ストーリーの終わりで、共に
地球環境の改善のために宇宙文明が一致協力しようということ
でまとまる。
では、坂本氏は、サテュロス星から送り込まれた間者なのか?
もしかすると、あれは夢物語などではなく、本当にあったことなの
だろうかと思えてくるから不思議である。
以下、物語。
天上人の宴(1)・・はげ山の祝賀会
天上人の宴(2)・・船魂の怪奇
天上人の宴(3)・・原人の大腿骨の怪
天上人の宴(4)・・変幻虻蚊の怪(前編)
天上人の宴(5)・・変幻虻蚊の怪(後編)
天上人の宴(6)・・殺露栖星の怪談
天上人の宴(7)・・爺絶倒星の奇談
天上人の宴(8)・・中陰の怪奇
天上人の宴(9)・・魔弾なる記憶
おまけ・・爺絶倒星見聞録
天上人の宴(10)・・倪夢の終焉

 
グレーはかつて(坂本氏の少年期の頃)とても危険な種族であったらしい。
だが、今回出会ったグレーは、まったくおとなしく、彼の治療に
率先して当たるなど、博愛の精神に富んでいたという。
物語では、19XX年に宇宙連邦の説得を受けて優しくなったと
しているので、その話はほんとうのことであったのかも知れない。(XX=90)
夢の記憶といえども・・
あと頑迷にも残っているのは、地球政府という鼻持ちならぬ奴。
この陰謀をどうやって阻止するか・・。
坂本氏との連絡  
イオンド大学 03-5307-3061(丹羽)

“なぜ坂本氏は拉致されるのか??” の続きを読む