富士を望む本栖湖畔で デジカメに撮られたUFO

ここに掲げるのは、デジカメにより撮影されたUFO写真二枚のうちの一枚で、掲載の都合で縮小している。
元の画像情報--
画像情報,2272 x 1704 ドット 24 ビット
説明,OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メーカー,”OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD”
機種,C4040Z
横解像度,72.0
縦解像度,72.0
解像度単位,dpi
作成ソフト,v552-77
日時,2004/10/29 9:39:19
露出時間(秒),1/400
F値,9.00
露出プログラム,プログラムAE
ISO感度,100
Exifバージョン,0210
撮影日時,2004/10/29 9:39:19
デジタル化日時,2004/10/29 9:39:19
露出補正量(EV),0
最小F値,1.8
測光方式,分割測光
光源,自動
フラッシュ,使用せず
焦点距離(mm),9.20
撮影モード,ノーマル
画質モード,標準(SQ)
マクロモード,オフ
デジタルズーム比率,1.0
--
撮影者・音泉氏コメント--
富士に向かってる物体場所は本栖湖
10月中頃本栖湖に富士山を撮りに行きましたが自宅に帰りパソコン見て見ますと二枚の写真に変な物体が
拡大してみました一枚は砲弾型胴体?はピンク噴射している炎《しろ色》その周りは薄赤色
後一枚はこれも拡大円盤型
自分自身とまどっています
--
20041203174442.jpg

20041203174639.jpg


-管理者コメント-
ひとつの手がかりとしては、湖面に空の発光体の反射が見られないこと。このことから、この発光体が実体として存在しているなら、撮影者からそう遠くない位置にあると推測される。
推測されることとしては、
ひとつ--
太陽光が鋭角でレンズに入射したときの光の屈折のいたずら?
レンズ二枚が関わって、二つに分裂して写った。
--
ふたつ--
比較的近距離で起きたUFO現象。
--
みなさんはどうお考えになるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。