今度もマカラか?

坂本氏によれば、十文字山上空に、妙なワッカが出て、そこから得体の知れない飛行機状の謎の飛行体が出没して、それが終わるとワッカは消滅するという。
16日、十文字山から出現した飛行機状に見えてその実、スケルトンのようなUFOが飛んでいき、数分後には見たことのない、ぞっとするような飛行体が飛んできて、十文字山に消えたという。
その様子をビデオカメラが捉えていた。
スケルトン飛行機のほうは、尻尾が魚の尾びれタイプのマカラかも知れず、その数分後の謎の飛行体は、尾が渦を巻くタイプのマカラか、あるいは人頭鳥身のカリョウビンといったところか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です