あの日カメラの前に出てきたのは、結局なに??

別のメンバーが、あの三角UFOを撮ったビデオテープを送ってきた。
私のデーターを裏打ちしてくれるデーターと位置づけていたのであったが、
あにはからんや、思うような理想形になることはなかなかない。
あのきれいな三角形のふたコマは、たぶん私宛のメッセージであった。
UFO。どこからやってきたか、ユーモアがあり、そして喜ばせてくれる
友達みたいなやつ。
私は、自分のチンキなカメラに、よくぞ写ってくれたと心から感謝の気持ち
でいた。
だが、別のカメラがほぼ同じ方角を撮っていたのだ。
UFOは、果たしてそこまで読んでいたのか。
いいや、きっと知らなかったに違いない。
UFOはあのあと、羽根を出し、尻尾を出して、哀れにも狐狸の類で
あったことを如実に示して消えたのである。
化けきるにはパワーが要るよな。
私は努力賞をあげたくなった。
だが、よく見た。このUFOの標準形は、ブーメラン型なのだ。
三角とブーメランの間をコマごとに渡り歩いている。
こんな飛び方は、空気抵抗を考慮すれば出来るものではない。
UFOだからできるのだ。