昨日(6/13)に摩耶山であった話

5月25日に続いて、またも摩耶山で臨時で任意の撮影会が行われた。
11時頃よりはじめて、撮影も終了という午後2時頃、坂本氏持参のキーボードに組み込まれた「主よ人の望みの喜びを」を自動演奏させたところ、突然坂本夫妻が頭上に三つの部位で白銀色に輝くUFOを発見。
それに呼応して、回していたビデオカメラをハンドで上空に向けるのに、悪戦苦闘となった。
UFOは滞空しているといったほうがいいほど非常にゆっくりしたスピードで、約5分間みんなの頭上に姿をみせた。みなが目撃という大成果となった。
果たせるかな、撮影物はどうかというと、手ぶれの中、かろうじてファインダーに捉えられた格好となった。
坂本夫人にもこの日Hi8ビデオカメラが用意され、球体UFOの大きいのが撮影されているという。
それらをまたサイトアップする予定である。

山口氏も摩耶山上空の十字架UFOを撮っている

そういえば、この6月5日に、新進気鋭のメンバー・山口氏も自宅屋上から摩耶山上空にビデオカメラを構えて、十字架状に光って次の瞬間球体に変わって消えていくUFOを撮影している。
6/13にはキリスト教歌の演奏と共にUFOが現れ、その前に山口氏が十字架UFOを撮るとは!?
この奇妙なシンクロは、キリストに関係したものなのだろうか。