100禁 死に赴かんとする人に贈る三種のガイダンス+Option

突然、何の脈絡もなくこのような話題が出てくるのも、超常的な嗜好かと思うのだが、如何か。
というのも、かねてから創作作品の紹介をしておきたかったときに、いきなり先の未来の展望もなくしたような話題を扱うようになり、ならばいっそ死んだつもりになるのも逆転の発想でよかろうかと思ったしだいだ。思いっきり暖かい死後の世界をご紹介したくなったというわけである。
最初の話は、お年より向け、信心深い仏教徒向けのガイダンスになるかも知れない物語だ。
不思議体験豊富な祖母により、幼い頃に教えられたあの世に行ったときの話で、多少は祖母の夢体験も入っている。
祖母から聞いたときには、その筋書きの構成の見事さとビジュアルなリアルさが私の心を魅了したものだった。
その幾分かでも、物語に篭めることができたかどうかは知れない。
たつえおばあさん(奪衣婆異聞記)
次の話は精神世界に興味する人向けの童話だ。
多少のガイダンスを果せるものとなるなら幸いだ。
私は若い頃、夢でUFOを見ることが多かった。そのときに決まって出てくるのが白球型UFOだった。
夜空の星の間をすいすいみずすましのように泳いでいるのだった。
私は彼らを友達であると思っていた。
というのも、現実のUFO観測会で、友達になってくれるかというテレパシーを彼らに向けて発した2,3秒後に、視野のど真ん中で姿を捉えてしまったのだから。
それ以来、私のUFOへの思いは友好的なものとなり、夢の中にまで出てくるようになったのだ。
夢の中に出てくるのは決まって白球型UFO。まるで星の精のようだから、「星の子」と呼んだ。
そのときに作った童話がこれだ。
星の子
やがてそれが本当に存在することを、UFO撮影をするようになって確信することとなる。
あの夢に何度も出てきた白球型UFOがいくらも撮影された。
それを私は「星の子UFO」と命名した。
夢のときの動きほどダイナミックな円舞は描かなかったが、それでも軌道は円舞の如きものだった。
いちばん最近には、2005年11月のGの嵐のロケ時に現れた二十機ほどの球体UFO。
ZAQのひよこのようにシャイで、見つかったと知ると、そそくさと山陰に隠れてしまった。
たまたまテレビカメラがうまく撮影していて放映された。その正体はやはりあの星の子だった。
以来、撮影をやめて今に至る。
ちなみに、よく似た表現の「星の王子さま」は、つい最近になってネット上でタダ読みさせてもらったところ。いや、感動ものだった。たちまちサン・テグジュベリの信奉者となってしまった。
次の話は学究肌の人向けのガイダンスたりうる随想だ。
人の意識の根底に潜在する、意識の辿る原型的手続きを明らかにしたもので、もしかするとここから一歩踏み込んだ世の真実をも読み取ってもらえるかも知れない。
死の科学
話はチベットの死者の書を叩き台にしているが、基礎的な概念は、ユニークな時空モデル概念で与えている。
それから約二十年の後に、同じ発想による映画「マトリックス」が登場して、我が発想に間違いのなかったことを確信した。
決して映画ほど陰謀的でなくとも、類似的なイメージングを通して、世の裏の真実が理解できるかも知れない。
超宇宙の仕組みを考えるためのモデル概念
(コンピューターモデルでサイ情報系を観測する意識の仕組みをシミュレートするため、
UFOの動作原理、夢、催眠、死後の意識存続などの未知の問題に幅広く応用できる)
そしてもうひとつオプションとして掲げるのは、拙時空論を基にした即興的仏教説話である。

“100禁 死に赴かんとする人に贈る三種のガイダンス+Option” の続きを読む